Michael McDonald: 総合


読み仮名(平仮名)まいける まくどなるど
英語名Michael McDonald
生年月日1952/02/12
出生国アメリカ合衆国
性別
職業歌手
公式・本人掲載サイトhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89_(%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3)
公式・本人掲載サイトhttp://michaelmcdonald.com/
経歴/説明マイケル・マクドナルド(Michael McDonald、1952年2月12日 - )はアメリカのミュージシャン、シンガーソングライター。ドゥービー・ブラザーズの元メンバー。ブルー・アイド・ソウルと称されるタイプのボーカリストの一人であり、ハスキーで深みのある非常に個性的な歌声を持つ。
ミズーリ州セントルイス生まれ。高校の頃からバンド活動を始める。ブルーというバンドにいたころにRCAレコードに見出され、1970年にロサンゼルスに移住、セッションミュージシャンとして活動を始める。1974年にスティーリー・ダンにツアーメンバーとして参加、『うそつきケイティ』でもバックボーカルを務めた。

1975年、ジェフ・バクスターの誘いを受け、病気のために一時的にバンドを離れたトム・ジョンストンの代役としてドゥービー・ブラザーズに加入、ツアーを行う。マクドナルドの加入により、ドゥービーはそれまでのファンキーなギターロックからソウルフルで都会的なAORに音楽性を転換する。1978年の『ミニット・バイ・ミニット』、ケニー・ロギンスと共作した「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」は全米1位を記録、グラミー賞の最優秀アルバム、最優秀楽曲を受賞し、マクドナルドの名声を高めた。

ドゥービー・ブラザーズが活動を停止した1982年にソロアルバム『思慕(ワン・ウェイ・ハート)』を発表、「アイ・キープ・フォーゲッティン」のヒットを生む。1983年に発表されたジェームス・イングラムとのデュエット曲「ヤー・モ・ビー・ゼア」は、グラミー賞最優秀R&Bパフォーマンス賞を受賞し、ソロ転向後としては初のグラミー受賞を果たした[1]。1986年にはパティ・ラベルとのデュエット曲「オン・マイ・オウン」を大ヒットさせる。個性的ながらソウルフルかつ甘い歌声から、この当時は「女性歌手が最もデュエットしたい男性歌手」といわれる存在であった。

1990年代以降もAOR界では大御所として人気を博し、1995年にはドゥービー・ブラザーズの再結成ツアーにも参加した。2000年代にはモータウンヒットのカバー集を出すなど、安定した活動を続けている。
作成者 [編集履歴]amankila
最終変更者/日時 amankila / 2016/04/20
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)

条件を満たすデータは存在しませんでした。



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード: [安全なパスーワードを生成したい場合: パスワードランダム生成サービス]
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ