風見慎吾: 総合

人:俳優 関連作品数ランク17,075位(全体数27,182中) / 関連作品数1 / 偏差値45.72)17,074位 <= =>17,076位

読み仮名(平仮名)かざみしんご
英語名SHINGO KAZAMI
生年月日1962/10/10
出生国日本
出身都道府県広島県
出身地広島市西区己斐
性別
血液型A
職業俳優 歌手
経歴/説明地元の町工場を経営する父の影響でエンジニアを目指し、広島学院中学校・高等学校に進学。周囲からは地元広島大学を勧められたが、芸能デビューのために東京の成蹊大学に進学する。

1982年、『欽ちゃんの週刊欽曜日』オーディションに合格してデビュー欽ちゃんファミリーの若きメンバーとして存在感を放つ。その傍らで劇男一世風靡が分裂する前の劇男零心会のメンバーとして活躍していた。

1983年には『僕笑っちゃいます』でレコードデビューを果たし第16回日本有線大賞最優秀新人賞、第16回日本レコードセールス大賞新人賞(男性部門)をそれぞれ受賞した。4曲目の『涙のtake a chance』(1984年)は、自らニューヨークに出向き猛特訓でブレイクダンスを修得。振り付けに取り入れ話題を呼ぶ。

ナインティナインの岡村隆史やガレッジセールもリスペクトする存在と語ったことがある。またこれ以前の歌のダンスは、あくまで歌の振り付けであったが、この曲はダンスに歌が付いている、といえる程大胆にダンスを取り入れており、ここまでの楽曲はこれ以前になく、このため今日隆盛を極めるダンスミュージックの先駆者、としての評価もある。あまりのダンスの激しさに生歌は不可能でたいてい口パクだったが、当時の演奏事情から、止むを得ず生歌にすると息も絶え絶えで歌が聞き取れない事があった。

因みに『涙のtake a chance』の次はタップダンスを、と師匠格の萩本欽一に促されるも、本人が固辞し5曲目は更に激しいダンス(ヌンチャクを使用した、本人曰く「バトルダンス」)の『Beat On Panic』となり、タップダンスは封印される。

1987年、映画に2本主演。『泣き虫チャチャ』は自身の6曲目『泣き虫チャチャの物語』がテーマ曲。『あいつに恋して』はデビューしたての森高千里をヒロインに迎えている。

(Wikipediaより引用)
作成者 [編集履歴]宇宙刑事ジャンギャバン
最終変更者/日時 ダイゼンガ- / 2008/04/09
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本良い50.53130

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11985/04/10ドラマスタア誕生良い(1.00)3.0050.533山口義人



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ