天龍源一郎: 総合


読み仮名(平仮名)てんりゅうげんいちろう
英語名Tenryu Genichiro
生年月日1950/02/02
出生国日本
出身都道府県福井県
出身地勝山市
性別
公式・本人掲載サイト天龍源一郎オフィシャルブログ「天龍源一郎の人生腹いっぱい」Powered by Ameba
公式・本人掲載サイト天龍源一郎オフィシャルサイト
経歴/説明本名は嶋田源一郎。「天龍」という名前は、大相撲時代の四股名の「天竜関」から。

力士として大相撲出羽海部屋で前頭筆頭まで昇ったものの、相撲部屋のトラブルから廃業し、ジャイアント馬場にスカウトされて全日本プロレスに入門。大相撲の四股名をそのままリングネームとして使用し、アマリロのファンク道場(ドリー・ファンク・Jrテリー・ファンク)での武者修業時代にアメリカでテッド・デビアス戦でデビュー。

そして全日本プロレスのジャイアント馬場、ジャンボ鶴田と並ぶ看板レスラーとなっていき、新日本プロレスの総帥であるアントニオ猪木も意識して、猪木オリジナル技の延髄蹴りを用いたり、大相撲時代の力を活かした逆水平チョップと、テリー・ゴディ戦で受けたパワーボムを自身の持ち技として昇華していき、更に1980年代中期の長州力率いるジャパンプロレスとの抗争も通じて、相手レスラーのお株を奪う技も積極的に採り入れるなど、そのファイトスタイルの柔軟性を打ち出していく。故ジャンボ鶴田とのタッグコンビでは「鶴龍砲」、故阿修羅原とのタッグでは「龍原砲」とも呼ばれ、人気をさらった。特に後者とタッグを組んだ時は、ジャパンプロレスとの長州力の影響もあって、全日本は激動期を迎え、「天龍革命(レボリューション)」とも呼ばれた。

1989年の世界最強タッグリーグでは、スタン・ハンセンとのタッグで、ラッシャー木村とタッグを組んだジャイアント馬場から、日本人として始めてピンフォールを奪う。その後、平成多団体マット時代を迎えた時、SWSへ移籍するが、2年足らずでSWSは解散し、新団体WARを旗揚げ。その時、新日本プロレスと交流戦も行い、1994年正月にはアントニオ猪木と対戦し、猪木からピンフォールを奪い、「日本人で唯一、馬場、猪木からフォールを奪った男」の称号を手にする。同年には全日本時代の弟分だった大仁田厚相手とも戦い、タッグ戦で敗北したものの、その後の電流爆破マッチではリベンジを果たし、大仁田を引退に追い込んでいる。

平成中期には高田延彦や闘魂三銃士(武藤敬司橋本真也蝶野正洋)とも対決し、ジャイアント馬場死去後の2000年代には、古巣である全日本プロレスにも参戦、様々なマット界を渡り歩き、多くの選手との対戦や、団体若手には天龍と戦う事で、大きなチャンスを得られるという具合にまでなり、その長い格闘技人生と、懐深いファイトスタイルから「ミスター・プロレス」の称号を得るに至った。

2015年11月11日のオカダカズチカ戦を最後に、約半世紀にわたる格闘技人生にピリオドを打った。

必殺技はパワーボム、延髄蹴り、逆水平チョップ、サッカーボールキック、顔面蹴り、グーパンチ、WARスペシャルなど多彩。相手選手の技を試合中に掟破りに使用するスタイルも人気を集めた。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2019/07/07
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本普通47.88260

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
12017/07/12アニメカイトアンサ普通(0.00)0.0047.425テンテン
22015/02/28日本映画幕が上がる普通(0.00)0.0048.341ユッコのお父さん
31989漫画プロレス大勝負(ビッグ・マッチ)   0 


2019/07/13 by ジョニーナンマイダー (私書を送る) [プロバイダー: 6108 ホスト:6284 ブラウザー: 7953] [編集・削除 / 削除提案]

あっしもファンですよ。最近は女子プロしか見ませんが。

いい所…そうねー。もう、語りつくされていますが、やはり思い切って受けて、思いっきり攻める。

プロレスの基本中の基本ですが、そんなレスラーなら誰でもやってる事をやって、これだけファンからも同業のレスラーからも愛され、認められてるのは、その基本をいかにけた外れに実践したか、という事でしょう。

それと、武骨、頑固一徹、みたいなイメージがあって、それもこの人の一面ですが、半面、凄い粋なサービス精神もあると思います。
対武藤戦での雪崩式フランケンシュタイナーは度肝を抜かされました。


2019/07/07 by 634 (私書を送る) [プロバイダー: 10414 ホスト:10582 ブラウザー: 8277] [編集・削除 / 削除提案]

その活躍とキャリアは枚挙に暇が無いですが、力強いファイトスタイルと、地味ながらも、他の派手なレスラーには出せない強烈な凄みを持っていました。

こういうレスラーは多分、天龍が最後だったのだろう・・・・・・と思うと、諸事情あるとはいえ、引退はやはり寂しかったです。


ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ