合津直枝: 総合

人:プロデューサー 関連作品数ランク1,107位(全体数6,549中) / 関連作品数4 / 偏差値52.29)1,106位 <= =>1,108位

読み仮名(平仮名)あいづなおえ
英語名Aidsu Naoe
生年月日1953
出生国日本
出身都道府県長野県
出身地大町市
性別
職業監督 脚本 プロデューサー
経歴/説明長野県松本深志高等学校を経て早稲田大学第一文学部心理学科を卒業後、テレビマンユニオンに参加。音楽番組、ドキュメンタリー番組などの制作を経て、テレビドラマのプロデュースに携わる。

1994年放送のテレビドラマ『真昼の月 続・病院で死ぬということ』は放送文化基金賞奨励賞、ATP賞優秀賞、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。ドラマ番組では以降も単発・連続もののプロデュースを主に行うが、2013年のNHK連続ドラマ『書店員ミチルの身の上話』では、プロデュース・演出・脚本の三役を務めた。

映画作品では、初プロデュースの『幻の光』(1995年 監督:是枝裕和)がヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞、国内外で高い評価を受け、藤本賞(第15回)、日本女性放送者懇談会賞(現・放送ウーマン賞)に選ばれる。また、初めて自身で監督と脚本を担当した江國香織原作の映画『落下する夕方』(1998年)は、ベルリン国際映画祭招待作品となり、日本インディペンデント映画祭で優秀新人監督賞(現・新藤兼人賞 銀賞)を受賞した。

ドキュメンタリー作品には、映画監督・大島渚の映画『御法度』の撮影現場に単独で密着取材した『1999・大島渚・映画と生きる』(1999年 NHK BS2)がある。同作はヴェネチア国際映画祭にて招待上映された。

このほか、周防正行のビデオ作品『大災難』(1990年)や、明石家さんま主演の『秘密の二人』(1991年)、大竹しのぶ主演の『奇跡の人』(1993年)といった舞台作品などのプロデュースも手掛けている。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2014/10/14
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本普通47.55480

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
12013/01/08ドラマ書店員ミチルの身の上話とても悪い(-2.00)-6.0044.303脚本
21998/11/17日本映画落下する夕方普通(0.33)0.9949.243製作 / 監督・脚本
31997/05/03日本映画MISTY悪い(-1.00)-1.0047.421プロデューサー
41995/12/09日本映画幻の光良い(1.00)1.0049.251企画・プロデューサー



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ