リチャード・クワイン: 総合

人:監督 関連作品数ランク2,756位(全体数3,464中) / 関連作品数1 / 偏差値44.49)2,755位 <= =>2,757位

読み仮名(平仮名)りちゃーどくわいん
英語名Richard Quine
生年月日1920/11/12
没年月日1989/06/10
出生国アメリカ合衆国
出身地ミシガン州 デトロイト
性別
職業俳優 監督 脚本 プロデューサー 歌手
経歴/説明1920年(大正9年)11月12日、アメリカ合衆国・ミシガン州のデトロイトに生まれた。

1933年(昭和8年)、12歳のときに、マーヴィン・ルロイ監督の映画『世界は還る』に子役として出演、これがスクリーンデビューとなった。1935年(昭和10年)までにユニバーサル映画やモノグラム・ピクチャーズの少年向け映画等に、10本近く出演した。

1939年(昭和14年)、青年となったクワインは、ジェローム・カーンとオスカー・ハマースタインのミュージカル『五月にしては暑すぎる』の初演に出演、ブロードウェイでのデビューを果たす。1940年(昭和15年)には、ジョゼフ・フィールズとジェローム・チョドロフの舞台演劇『マイ・シスター・アイリーン』の初演に役を得る。それとともに、バスビー・バークレイ監督等のミュージカル映画でスクリーンにも復帰した。

1943年(昭和18年)、前年にS・シルヴァン・サイモン監督の『ティッシュ』で共演した1歳下の女優スーザン・ピータースと結婚した。第二次世界大戦中は、アメリカ沿岸警備隊に従軍した。1945年(昭和20年)1月1日、狩猟中の事故でスーザンが負傷し、1946年(昭和21年)、ティモシー・リチャード・クワインを養子にしたが、1948年(昭和23年)9月に離婚した。同年、ウィリアム・アッシャーと共同監督作をプロデュースし、演出に意欲を抱く。1950年(昭和25年)の出演作を最後に俳優を廃業し、監督に専念する。ミュージカル映画、コメディ映画を多く手がけた。1952年(昭和27年)10月23日、別れた妻スーザンが死去している。

1955年(昭和30年)、35歳になり、かつて自らが舞台でも映画でも出演した『マイ・シスター・アイリーン』を監督する。同作はフランスでも公開され、当時映画批評家であり、短篇映画を撮っていたジャン=リュック・ゴダールが『カイエ・デュ・シネマ』誌上に発表した1956年のベストテンで、同作を10位に推した。

カーク・ダグラスとキム・ノヴァクが主演した『逢う時はいつも他人』を発表した翌年の1961年(昭和36年)、全米製作者組合ローレル賞最高監督賞にノミネートされたが賞は逃した。同作品に主演したノヴァクとは婚約関係になるが、後に解消。1965年(昭和40年)、歌手のフラン・ジェフリーズと再婚した。

50歳代を迎える1970年代には、ピーター・フォーク主演の『刑事コロンボ』等のテレビ映画を手がける。1979年(昭和54年)、ピーター・セラーズ主演のコメディ『ゼンダ城の虜』が、監督としてクレジットされた最後の映画作品となる。翌1980年(昭和55年)に公開されたセラーズ主演、ピアーズ・ハガード監督のコメディ映画『天才悪魔フー・マンチュー』を部分的に演出するが、クレジットはされなかった。

1989年(平成元年)6月10日、カリフォルニア州ロサンゼルスで拳銃自殺により死去した。満68歳没。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/02/16
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本良い48.9912257

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11964/05/30海外映画パリで一緒に良い(1.00)2.0048.992監督 / 製作



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ