モンテ・ヘルマン: 総合

人:プロデューサー 関連作品数ランク1,205位(全体数4,634中) / 関連作品数3 / 偏差値49.68)1,204位 <= =>1,206位

読み仮名(平仮名)もんてへるまん
英語名Monte Hellman
生年月日1932/07/12
出生国アメリカ合衆国
出身地ニューヨーク州ニューヨーク
性別
職業俳優 監督 プロデューサー
経歴/説明1952年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の演劇科を卒業。53年、カリフォルニア、グリーンヴィルの小さな劇団にはいり、最初は俳優として、ついで自ら演出を手がけるようになる。

1956年、劇団員のひとりの紹介で、ユナイテッド・アーティスツにゆき、3ヶ月間、編集の仕事を経験する。

1957年、サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」を演出。ポッツオがテキサスのカウボーイ、ラッキーがインディアンという斬新なアイデアが評判を呼んだ。この芝居を見たロジャー・コーマンに認められ、コーマンのもとで映画を学ぶ。コーマン、ハーヴェイ・ハートフィル・カールソンサム・ペキンパーなどの編集を手伝う。

1959年、コーマンの弟ジーンのプロデュースで処女作『魔の谷』を撮る。ヘルマンはこの処女作を撮り上げたあとも、『古城の亡霊』(1963)のロケ班の監督を務めたり、『ワイルド・エンジェル』(1966)の編集を担当するなどして、コーマン作品に協力しつづけた。

1960年、二つの重要な出会い。カミュの『異邦人』を読んだ数瞬間後、ヘルマンはコーマン製作の『The Wild Ride』の撮影で、ジャック・ニコルソンと出会う。「アルベール・カミュはいわば一つの世界観であり、わたし自身の物事の見方を、突然わたしに説明してくれた」。ニコルソンとは、フィリピンを舞台にした戦争映画『バックドア・トゥ・ヘル/情報攻防戦』やアジアを舞台にしたアドヴェンチャー映画『Flight to Fury』(1964)など、その後全部で5作品を一緒に作ることになる。ロサンゼルスの劇場で、「カッコーの巣の上で」に出演していたあるウォーレン・アーツに注目する。

そして1967年、ニコルソンとヘルマンは西部劇を企画し、資金援助を頼んだコーマンの提案で、二本の西部劇を同時に撮ることになる。『銃撃』と『旋風の中に馬を進めろ』である。どちらもジャック・ニコルソンが主演をつとめている。この二作はともにユタの砂漠で撮られた。その茫漠とした空間描写や観念的な物語から、この二つの西部劇をベケットと比較する人もいるが、余分なものをそぎ落とした物語の簡潔さは、むしろバッド・ベティカーランドルフ・スコット主演で撮った円熟期のウェスタンを思い出させる。同時期に撮られたジョージ・ロイ・ヒルの『明日に向って撃て』と比べれば、ヘルマン作品が不幸にして時代を先取りしすぎており、の知的すぎる西部劇は、まともに公開されることはなかったが、一部で高い評価を得た。

68年、作家ルドルフ・ワーリッツァーと出会い、後に『断絶』として撮られることになる脚本を書く(ワーリッツァーはのちにペキンパーの『ビリー・ザ・キッド/21歳の生涯』、アレックス・コックスの『ウォーカー』、ベルトルッチの『リトル・ブッダ』などの脚本を書くことになる)。

1971年、ユニバーサルに呼ばれ、異色のロード・ムーヴィー『断絶』を撮る。主演はウォーレン・オーツと、二人のミュージシャン、ジェイムズ・テイラー、デニス・ウィルソン(ビーチボーイズ)。俳優たちはシナリオを事前に手渡されず、ほとんど即興のかたちで撮影は行われた。『イージー・ライダー』などのロード・ムーヴィーものが華やかなりし頃であったが、名前のない登場人物たちがかみ合わない会話をつづけ、なんのクライマックスもなしに終わるこのけだるい作品は、観客に理解されず、映画は興行的惨敗におわる。このことはヘルマンの映画がいわゆる「アメリカン・ニューシネマ」なるものとは似て非なるものであることを、皮肉にも証明していたと言っていい。「これがわたしにとってのハリウッドの黄金時代の始まりであり、終わりでもあった」

続く1974年、ヘルマンは再びウォーレン・オーツを使って、鶏闘を主題にした映画『コックファイター』を監督する(製作はロジャー・コーマン)。これもさしたるプロットのない一種のロード・ムーヴィーである。この時期、マイケル・カレラスの『シャッター』(『暗殺指令シャター』)をノン・クレジットで監督してもいる。75年には、ペキンパーの『キラー・エリート』の編集を担当。

1978年、ウォーレン・オーツ主演(ペキンパーも出演している)で、一種の西部劇のパロディ(ヘルマンいうところの「パエリヤ・ウエスタン」)、『China 9, Liberty 37』をスペインで撮り上げたあと、1988年に『イグアナ/愛と野望の果て』を撮るまで、長いブランクが続く。しかしその間も、ノン・クレジットで他人の作品を中途で任されたり、『ロボ・コップ』の第二班の監督を引き受けたりしながら、常に映画の現場と関わり続けた。そして89年、コーマン時代を思わせるB級作品『ヘルブレイン/血塗られた頭脳』を撮ったあと、いまに至るまでヘルマンは自作を発表していない。しかし、タランティーノの『レザボア・ドッグス』(1991)のクレジットに製作総指揮として名を連ねるなど、ヘルマンの映画への関わりは決して断たれたわけではない(『レザボア・ドッグス』は、最初、タランティーノが敬愛するヘルマンに監督してもらうつもりでシナリオを持ち込んだものだという。ヴィンセント・ギャロも、最初は『バファロー66』をモンテ・ヘルマンに監督してもらうつもりだったが、プロデューサーがヘルマンの名前では金は出せないといったため、自らメガホンを取ることになったと聞く)。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2015/01/05
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本良い58.073338,780

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11993/04/24海外映画レザボア・ドッグスとても良い(1.62)21.0664.2713製作総指揮
21971/07/07海外映画断絶普通(0.00)0.0047.321監督 / 編集
31965/12/25海外映画荒野の用心棒良い(1.00)19.0062.6119アメリカTV放送版アバンタイトル演出



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード: [安全なパスーワードを生成したい場合: パスワードランダム生成サービス]
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ