ミルトン・バール: 総合

人:俳優 関連作品数ランク20,710位(全体数22,834中) / 関連作品数1 / 偏差値45.42)20,709位 <= =>20,711位

読み仮名(平仮名)みるとんばーる
英語名Milton Berle
生年月日1908/07/12
没年月日2002/03/27
出生国アメリカ合衆国
出身地ニューヨーク州 ニューヨーク
性別
職業声優 俳優 プロデューサー
経歴/説明5歳のころにアマチュアの才能コンテストに出場し優勝。それをきっかけにいくつかのサイレント映画に子役として出演し、チャールズ・チャップリンシャーリー・テンプルシーザー・ロメロなどの名だたる俳優たちとの共演を果たしながらキャリアをスタートさせた。1920年の12歳のころに、ミュージカルコメディの舞台『Florodora』でブロードウェイデビュー。後にヴォードヴィリアンとしての才能も開花させ、スタンダップ・コメディアンとしての活動も開始して人気を博した。その後も舞台や映画などへの出演で活躍する傍ら、ラジオの分野にも進出して1930年代からはレギュラー番組も持った。

1950年代にアメリカ国内の家庭にテレビが進出し始めると、バール自身も自身の持ち前の芸であるヴォードヴィルを武器にテレビ界へ進出したちまちお茶の間でも人気を博すようになっていく。後にはそのテレビでの活躍から「ミスター・テレビジョン」という異名も持ち、1950年にプライムタイム・エミー賞を受賞している[2]。1960年に入ると、テレビや映画における俳優としてのキャリアも順調に重ねたほか、『おかしなおかしなおかしな世界』などのコメディ映画への出演で役者としての地位も確実なものにした。また、役者以外にも本人役でウディ・アレン監督の『ブロードウェイのダニー・ローズ』へ出演したり、ティム・バートン監督の『ピーウィーの大冒険』などへのカメオ出演もしている。

これまで4度の結婚歴があり、最初の結婚は1941年で、相手は女優として活動していたJoyce Mathewsだった。1947年に二人は離婚するが、後に復縁し1949年に再婚。それぞれの結婚で一人ずつ子供をもうけた。しかし1950年に離婚し、1953年に同じく女優のRuth Berleと再婚するが1989年に再び離婚。最後の妻とは1991年に再婚し、バーク自身が他界するまで夫婦関係が続いた。

2001年に自身の体で大腸癌が見つかるも、本人は手術を拒否したと報道された。それから一年たたないうちの2002年3月27日に、その癌のためにロサンゼルスで死去。93歳だった。

アルバム: ...A Dedication: Songs My Mother Loved、 Songs My Mother Loved
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2016/07/20
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本普通47.33110

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11963/12/28海外映画おかしなおかしなおかしな世界普通(0.00)0.0047.331ラッセル・フィンチ



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード: [安全なパスーワードを生成したい場合: パスワードランダム生成サービス]
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ