ペア・ノアゴー: 総合

人:音楽(歌系以外) 関連作品数ランク1,971位(全体数2,191中) / 関連作品数1 / 偏差値45.60)1,970位 <= =>1,972位

読み仮名(平仮名)ぺあのあごー
英語名Per Noagor
生年月日1932/07/13
出生国デンマーク
出身地ゲントフテ
性別
職業音楽(歌系以外) 文筆家
経歴/説明デンマーク音楽アカデミーで音楽を学び、ヴァン・ホルンボーやナディア・ブーランジェに師事。ノアゴーは最初、北欧の音楽様式、特にシベリウスやニールセン、ホルンボーなどの影響を受けていた。その後1960年代になって、セリエル音楽を発展させた独自の作曲手法「無限セリー」を開発した。この手法は自身の交響曲第2番や第3番、『黄金の幕への航海』(Voyage into the Golden Screen) など、主に1960年代から70年代の作品に用いられた。

後年になって、ノアゴーはスイスのアウトサイダーアーティストであるアドルフ・ヴェルフリ (en) の作品に関心を持ち、大きな影響を受けた。ヴェルフリの作品に影響を受けた作品としては、交響曲第4番や『パパラギ』(ギター独奏曲)などが挙げられる。

ノアゴーは主要なジャンル全てについて楽曲を制作している。歌劇6曲、バレエ2曲、交響曲7曲を筆頭に、管弦楽曲、協奏曲、合唱曲、歌曲、多数の器楽曲、弦楽四重奏曲10曲などを作曲している。またギター独奏曲も多く作曲しており、そのほとんどはデンマークのギタリスト、エーリング・モルドルップ(en)のために作曲された。

ノアゴーの楽曲で最も有名なものの一つは、パーカッションの独奏曲である『易経』(I Ching、1982年)である。この曲は、デンマークのパーカッショニストであるゲルト・モーテンセンのために作曲された。また映画音楽も手がけており、『バベットの晩餐会』(1987年)などの音楽を担当している。

ノアゴーはまた文筆家としても活動し、主に音楽についての文章を書いている。その文章では、音楽の技術的な面から書かれたものだけでなく、哲学的な視点から音楽について書かれたものもある。

ノアゴーの音楽の特徴として、セリエル音楽をもとに自ら開発した無限セリー (デンマーク語:Uendelighedsr〓kken)という作曲様式があげられる。その作曲方法は、そこで用いられる音がフラクタルに比べて果てしなく自己相似性を持つ、という特徴をもつ。数学的には、無限セリーは整数列であり、もっとも単純な最初の数音は、 0, 1, -1, 2, 1, 0, -2, 3, …といった数列になる。

ノアゴーはメロディにおける無限セリーを1959年に発見し、1960年代の自身の作品にその方法を多く取り入れている。しかし、1968年の『黄金の幕への航海』(Voyage into the Golden Screen) や、交響曲第2番(1970年)までは、楽曲全体の構成には無限セリーを取り入れていなかった. また1970年代初頭には、和音における無限セリーとリズムにおける無限セリーを開発し、交響曲第3番(1972-75年)で初めて、メロディにおける無限セリーを含めた3つの無限セリーが全て用いられた。

レーベル/
シャンドス

BISレコード

ミラン・レコーズ

Dacapo Records
Finlandia Records
Danacord Records
Dacapo SACD
CDKlassisk
Grand Piano
Glad Records

ペア・ノアゴー/作品/
Symphony No. 3
Flos ut rosa floruit
Seadrift
Wie ein Kind: I. Wiigen-Lied
Symphony no. 2
Libro Per Nobuko: I. La melodia segreta: I. Prologo
Libro Per Nobuko: II. Bofast
Violin Concerto no. 1 "Helle Nacht": IV. Poco allegro
Luna: III. Allegretto - Allegro - Lento - Andante - Lento
Entwicklungen: No. 1. Kindheit
Libro Per Nobuko: I. La melodia segreta: IV. Giocante
String Quartet No. 8
Fugitive Summer: I. Soft Voiced
Sonate breve, sonata for solo cello no. 3 "What - is the word!": II. Imposante
Violin Concerto no. 2 "Borderlines": I. Moderato
Luna: IV. Andante - Lento - Andante
Schlafen gehen, Schmerz und Not
Toccata for klaver: Toccata (Part I)
Out of This World - Parting
Symphony no. 1, op. 13 "Sinfonia austera": III. Allegro impetuoso
Fugitive Summer: III. Playful
Metamorfosi
Observations - from an Infinite Rapport: II. Moderato fluente
Luna: II. Lento
Luna: I. Lento
Achilles and the Tortoise
Symphony no. 6 "At the End of the Day": III. Allegro energico
Konstellationer, op. 22: I. Konstellationer. Allegro con spirito
Violin Concerto no. 2 "Borderlines": III. Andanti semplice
String Quartet No. 7
Pastorale
Plutonian Ode: II. Aria
Symphony no. 4: II. Chinese Witch's Lake
Observations - from an Infinite Rapport: IV. Moderato robusto
Observations - from an Infinite Rapport: III. Allegro rustico
Violin Concerto no. 1 "Helle Nacht": I. Allegro moderato
String Quartet no. 21, op. 197 "Quartetto Sereno": I. Adagio
String Quartet no. 21, op. 197 "Quartetto Sereno": II. Allegro
Violin Concerto no. 1 "Helle Nacht": II. Adagio
Plutonian Ode: I. Recitation
Three Love Songs: No. 3. Opfer (fragment)
Fons laetitiae
Symphony no. 6 "At the End of the Day": II. Lentissimo
String Quartet No. 10
Konstellationer, op. 22: II. Kontraster. Andante affettuoso
Fugitive Summer: II. Listening
Toccata for klaver: Toccata (Part II)
Symphony no. 5
Symphony no. 1, op. 13 "Sinfonia austera": I. Tempo moderato
Day and Night: No. 2. Silversweet Sound
Libro Per Nobuko: I. La melodia segreta: V. Epilogo
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2016/11/17
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本とても良い50.54120

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11989/02/18海外映画バベットの晩餐会とても良い(2.00)4.0050.542音楽



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード: [安全なパスーワードを生成したい場合: パスワードランダム生成サービス]
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ