ピーター・セテラ: 総合

人:音楽(歌系以外) 関連作品数ランク1,941位(全体数2,503中) / 関連作品数1 / 偏差値45.78)1,940位 <= =>1,942位

読み仮名(平仮名)ぴーたーせてら
英語名PETER CETERA
生年月日1944/09/13
出生国アメリカ合衆国
出身地イリノイ州 シカゴ
性別
職業プロデューサー 音楽(歌系以外) 歌手
経歴/説明ポーランド系移民の両親のもとに生まれる(ポーランド語による名前はピョートル・ツェテラPiotr Ceteraとなる)。敬虔なカトリック教徒としての教育を受け、幼少より教会で合唱、ポーランド人会でアコーディオンとギターを習った。

1967年、シカゴの前身となるバンド、ザ・ビッグ・シングにヴォーカリスト兼ベーシストとして加入。 1969年にバンドはシカゴとしてデビュー。ピーターは「長い夜(25 Or 6 To 4)」などのヒット曲のリード・ヴォーカルを務める。なおビリー・ジョエルの楽曲「マイ・ライフ」では、同じくシカゴに所属するドニー・デイカスとともにバックコーラスとして参加している。

シカゴ在籍中の1981年には初のソロアルバムを発表するが、当時はシカゴの低迷期でもあり、さほど話題にもならなかった。ところが翌1982年、レコード会社を移籍したシカゴはプロデューサーとしてデヴィッド・フォスターを迎え、キーボードのロバート・ラムに代わってセテラがそれまでより積極的に作詞作曲に参加。アルバム『シカゴ16』を大ヒットさせる。現在もバラード曲のスタンダードとして親しまれている「素直になれなくて(Hard To Say I'm Sorry)」は全米1位を記録した。

1984年のアルバム『シカゴ17』も引き続き全米700万枚の大ヒットを記録し、シカゴは復活を通り越して過去最大の成功を収めた。

1985年、ソロアーティストとして成功する自信を深めシカゴを脱退。リード・ヴォーカルであったセテラはシカゴがそれまで行っていた頻繁なコンサートツアーは体力的な負担が大きすぎると感じていた上、「売れっ子」となったゆえの激務により家族と過ごす時間がほとんど取れなくなったことに悩んでおり、フィル・コリンズとジェネシスとの関係のように、ソロ活動とバンド活動とを分け、より個人の自由時間を欲しいと訴えたが、他のメンバーから拒否されたための脱退決断だったようである。脱退の真相については、セテラがバンド活動とソロ活動を同時に行なわない確約を含んだ契約書面への署名を迫られ、それをセテラが拒否したためであることをはっきりと本人が話している。

同年に、映画「ベスト・キッド2(THE KARATE KID PART II)」の主題歌「Glory Of Love」、翌1986年にはエイミー・グラントとのデュエット曲「The Next Time I Fall」がそれぞれ全米1位の大ヒットを記録。両曲を収録した、アルバム『SOLITUDE/SOLITAIRE』もベストセラーとなった。

1987年、「STAY WITH ME(邦題:ステイ・ウィズ・ミー song for KA・GU・YA・姫)」が日本映画「竹取物語」の主題歌となり、日本でも一躍有名となった。1988年には「One Good Woman」が全米4位に、1989年にはシェールとのデュエット曲、「After All(Love Theme From Chances Are)」も全米6位にランクインする。

なお、ピーター脱退後のシカゴは、彼によく似た声質のジェイソン・シェフを新しいヴォーカリストに迎えたことから、その影響の大きさがうかがい知れた。ピーターは現在でもシカゴのことについては語りたがらず、自身のベストアルバムでもシカゴ時代の曲は再録バージョンを収録している。また、彼は以前からシカゴのブラス・ロック的アプローチを嫌い、ソロ転向の機会をうかがっていたといい、本人曰く「加入した翌日からやめたくなった」らしい。

2009年12月13日、15日、17日の3日間、東京駅前のコットン・クラブでシカゴ脱退後初めての日本公演を行った。2010年10月にはデイヴィッド・フォスター&フレンズの一員として再来日し、「素直になれなくて」など共作したシカゴの曲を数曲演奏した他、フジテレビの「情報プレゼンター とくダネ! 」にも生出演し、デイヴィッド・フォスターのピアノ伴奏で「素直になれなくて」を歌唱している。2012年1月には東京・名古屋公演が行われた。2012年11月12日にはDavid Foster & Friendsの一員として東京国際フォーラムで公演を行い、「素直になれなくて」や「Glory Of Love」など自身のヒット曲を歌唱した。

2013年9月8日、日本武道館でマイケル・ボルトンと深見東州のトリプルバンドで、「深見東州と世界の友人コンサートツアー 日本武道館」に参加。「素直になれなくて」、「Glory Of Love」など11曲のヒット曲を歌唱。アンコールでは、マイケル・ボルトン、深見東州と3人でイマジンを熱唱し、世界平和へのメッセージを発信した。


The Next Time I Fall
Solitude/Solitaire  1986年

Forever Tonight
One Clear Voice  1995年

Still Getting Over You
One Clear Voice  1995年

You're the Inspiration
The Best of Peter Cetera: Live  2004年

Glory of Love
Solitude/Solitaire  1986年

Hard to Say I'm Sorry
The Best of Peter Cetera: Live  2004年

One Good Woman
One More Story  1988年

Restless Heart
World Falling Down  1992年

If You Leave Me Now
The Best of Peter Cetera: Live  2004年

No Explanation
Pretty Woman  1990年

Hold Me 'til the Mornin' Comes
2013年

Even a Fool Can See
World Falling Down  1992年

Baby What a Big Surprise
The Best of Peter Cetera: Live  2004年

She Doesn't Need Me Anymore
1997年

Do You Love Me That Much
1997年

Hard to Say I'm Sorry / You're the Inspiration / Glory of Love
Hit Man: David Foster & Friends  2008年

Livin' in the Limelight
Peter Cetera  1981年

The End of Camelot
One Clear Voice  1995年

Only Love Knows Why
Solitude/Solitaire  1986年

You Never Listen to Me
One More Story  1988年

Apple of Your Daddy's Eye
One Clear Voice  1995年

Feels Like Heaven
World Falling Down  1992年

I Wasn't the One
I Stand Alone  1987年

Have You Ever Been in Love
World Falling Down  1992年

Happy Man
One Clear Voice  1995年

Wake Up to Love
Solitude/Solitaire  1986年

The Last Place God Made
World Falling Down  1992年

Daddy's Girl
Solitude/Solitaire  1986年

Wanna Be There
One Clear Voice  1995年

And I Think of You
One Clear Voice  1995年

Big Mistake
Solitude/Solitaire  1986年

Man in Me
World Falling Down  1992年
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/05/19
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本普通48.18140

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11986/10/18海外映画ベスト・キッド2普通(0.25)1.0048.184作詞作曲



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ