ノーマン・タウログ: 総合

人:監督 関連作品数ランク2,530位(全体数4,808中) / 関連作品数3 / 偏差値46.26)2,529位 <= =>2,531位

読み仮名(平仮名)のーまんたうろぐ
英語名Norman Taurog
生年月日1899/02/23
没年月日1981/04/07
出生国アメリカ合衆国
出身地イリノイ州シカゴ
性別
職業監督 脚本
経歴/説明舞台の子役出身で、14歳の時トマス・インスの映画スタジオに加わり、1919年短編コメディを監督し始める。1960年代終わりまで40年間ハリウッドで最も忙しい監督の一人になる。

1931年の『スキピイ』は第4回アカデミー賞で作品賞、男優賞、監督賞、脚本賞の4部門にノミネートされたが、最終的な受賞は監督賞のみであったが、喜劇監督としてのタウログの地位はこの時確立された。32歳260日での監督賞獲得は、2017年(第89回)にデミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』)が32歳38日で獲得するまで86年間破られることがなかった。また、子役出身で子供の演出がうまく『スキピイ』に主演したジャッキー・クーパー(タウログの甥っ子)は当時まだ10歳の少年にもかかわらず、ライオネル・バリモアリチャード・ディックスフレドリック・マーチアドルフ・マンジューら当時の名優たちと男優賞を争うことになった。

彼は、コメディ映画の監督として有名であったが、時々真面目な映画で成功することがあり、代表作は『少年の町』(1938年)でアカデミー作品賞でノミネートされた。さらに、彼は古典文学の中で最も元気が良くて成功した映画化でデヴィッド・O・セルズニックが1938年に制作した『トム・ソーヤ』やMGMの戦前の最後のミュージカルのショーケースである『踊るニュウ・ヨーク』 (1940)も手がけた。

タウログは、またエルヴィス・プレスリー(と彼のマネージャーのトム・パーカー)に気に入られ1960年から1968年まで9本の彼の正式なロックンロール映画を撮りあげた。これらは、プレスリーの映画では最も多い本数である。それに加えて彼はジェリー・ルイスディーン・マーティンの『底抜け』シリーズなども撮った。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/06/10
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本とても良い48.93220

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11967/04/05海外映画ダブル・トラブル (1967年)   0監督
21941/04/11海外映画感激の町良い(1.00)1.0048.521監督
31939/10海外映画少年の町とても良い(2.00)2.0049.341監督



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ