トレヴェニアン: 総合

人:文筆家 関連作品数ランク1,529位(全体数1,979中) / 関連作品数1 / 偏差値45.44)1,528位 <= =>1,530位

読み仮名(平仮名)とれべにあん
英語名Trevanian
生年月日1931/06/12
没年月日2005/12/14
出生国アメリカ合衆国
出身地ニューヨーク州ニューヨークグランベリー
性別
職業文筆家
経歴/説明覆面作家として、複数のペンネームで活躍した。また本名で映画学に関する著書も出版している。学生時代は演劇を志していた。 1972年に発表した『アイガー・サンクション』で初めてトレヴェニアンを名乗る。同作がクリント・イーストウッド監督・主演で映画化された際は脚本に参加し、ロッド・ウィテカー名義でクレジットされている。映画の出来には不満で、のちに『シブミ』の脚注で「気の抜けた映画化」と評している。

翌1973年に続編の『ルー・サンクション』を発表後、トレヴェニアンという筆名を捨てて、モントリオールを舞台とした五部作からなる小説を別名義で発表しようとするが、元の出版社から契約違反として訴えられて敗訴し、『夢果つる街』を同じ名義で発表。このため、トレヴェニアンは1作ごとに作風を変えると評されるようになる。1979年に『シブミ』を発表、ベストセラーとなる。1983年『バスク、真夏の死』を発表後、長い沈黙に入り、死亡説が流れたこともある。1998年に15年ぶりの新作『ワイオミングの惨劇』を発表。2001年に唯一の短篇集"Hot Night in the City"を発表。2006年の『パールストリートのクレイジー女たち』が遺作となった。

生前は正体を明かさず、インタビューも電話取材が数件ある程度である。しかしながら、その正体はかなり早い段階で特定されており、80年代には一部の作家辞典にも本名が記載されていた。1998年に「ニューズウィーク」で受けたインタビュー記事には妻の描いた肖像画が写真の代わりに掲載された。

ノミネート: エドガー賞 長編賞
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2016/10/26
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本良い49.01132,517

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11975/11/01海外映画アイガー・サンクション良い(0.67)2.0149.013原作



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ