トニー・ロー・ビアンコ: 総合

人:俳優 関連作品数ランク11,967位(全体数38,787中) / 関連作品数3 / 偏差値48.12)11,966位 <= =>11,968位

読み仮名(平仮名)とにーろーびあんこ
英語名Tony Lo Bianco
生年月日1936/10/19
出生国アメリカ合衆国
出身地ニューヨーク州ニューヨーク
性別
職業俳優 監督 プロデューサー
経歴/説明タクシー運転手の息子に生まれる。イタリア系。

オフ・ブロードウェイ・ショー『Yanks-3, Detroit-0, Top of the Seventh』では失われゆく野球界のイコンを演じ、オビー賞、市外演劇批評家協会賞を受賞、また、アーサー・ミラーの『橋からの眺め』ではトニー賞のノミネーションとなり[3]、一人芝居『市長!』では批評家から絶大な賛辞を受けた。この一人芝居は、歴代ニューヨーク市長の中で名市長の誉れ高いフィオレロ・ラガーディアの人生をもとにしたもので、ロビアンコは後にこれを教育テレビでドラマ化し、エミー賞を受賞した。

映画俳優としてのロビアンコは、カルト映画のクラシックとして名高い『ハネムーン・キラーズ』(1969)で一躍評価された。冷血のプレイボーイが、がっしりした体格の看護婦とペアになり、裕福で孤独な女性をカモに詐取したあげくに殺害するという役どころだった。その後出演した映画『フレンチ・コネクション』(1971)、『重犯罪特捜班/ザ・セブン・アップス』(1973)、『愛の断層』(1978)、『希望の街』(1991)、『ニクソン』(1995)、『陪審員』(1996)などでは年を経るごとにさらに重厚で磨きの掛かった演技を見せ、多面的な役柄をこなす名優としての評価を得た。

テレビ界でのロビアンコは、トレンド現象となるようなシリーズにこそ恵まれなかったものの、名ボクサー、ロッキー・マルシアノを描いたテレビ映画シリーズ『伝説のボクサー ロッキー・マルシアーノ』(1979)、『ベラ・マフィア』(1997)などでは高視聴率を稼ぎ出した。監督としては、テレビ番組『ポリス・ストーリー』(1973)、映画『仮面のレジデンス』を製作した。

映画製作や出演の傍ら、功労賞を受けたSons of Italy Foundation (SIF) ではスポークスマンとして、また、Lupus Foundation、糖尿病や貧血症などの医学財団、ニューヨーク市警察コロンビア・アソシエーションなどなど、数多くの団体のチャリティー活動も行なっている。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2016/12/18
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本良い52.22284,178

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11996/05/18海外映画陪審員   0 
21985/04/27海外映画シティヒート普通(0.00)0.0047.681レオン・コル
31972/02/12海外映画フレンチ・コネクションとても良い(1.57)10.9956.767サルバトーレ・ボカ



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ