デイヴィッド・ミッチェル: 総合

人:文筆家 関連作品数ランク1,017位(全体数1,917中) / 関連作品数2 / 偏差値46.21)1,016位 <= =>1,018位

読み仮名(平仮名)でいびっどみっちぇる
英語名David Mitchell
生年月日1969/01/12
出生国イギリス
出身地サウスポート
性別
職業文筆家
経歴/説明ケント大学に通い、イギリス文学やアメリカ文学を学び、比較文学で修士号を取得した。

1年間イタリアのシチリアで暮らし、その後日本の広島市に移った。そこで彼は英語講師として8年間暮らし、その後沖縄県やモンゴルでも生活した。その経験が作家デビュー作『Ghostwritten』で生かされている。『ナンバー9ドリーム』は2001年のブッカー賞の最終候補作に残ったが、受賞を逃した。2004年の『クラウド・アトラス』もブッカー賞の最終候補作に残ったが受賞には至らなかった。本作はミッチェルの代表作として見なされており、2012年には映画化もされている。

ミッチェルは吃音症を抱えており、2006年に発表された半自伝的小説"Black Swan Green"には、その体験が生かされている。本書は、吃音症を抱える13歳の少年Jason Taylorが田舎で暮らす1年間の生活を描いた作品である。

ヤコブ・デ・ゾートの千の秋 The Thousand Autumns of Jacob de Zoetは、鎖国時代の長崎出島を舞台にした小説。18世紀末オランダ東インド会社の解散を背景に、オランダ人青年ヤコブ・デ・ゾートの活躍を描く。

ミッチェルはウラジーミル・ナボコフ、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、イタロ・カルヴィーノ、ミハイル・ブルガーコフ、リチャード・ライト、ミュリエル・スパーク、ジョン・バンヴィル、ドン・デリーロ、アーシュラ・K・ル=グウィン、村上春樹、ポール・オースターから影響を受けたと語っている。日本滞在が長かったためか、日本を舞台にした作品が多い。

ミッチェルは日本人の妻と二人の子供と共にアイルランドのコーク州で暮らしている。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2016/01/28
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本普通48.16273,043

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
12013/03/15海外映画クラウド アトラス普通(0.33)0.9948.163原作
22007/07/28海外映画オープン・ウォーター2普通(0.25)1.0048.174 



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード: [安全なパスーワードを生成したい場合: パスワードランダム生成サービス]
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ