スミ・ジョー: 総合

人:歌手 関連作品数ランク1,960位(全体数1,963中) / 関連作品数1 / 偏差値45.33)1,959位 <= =>1,961位

読み仮名(平仮名)すみじょー
英語名Sumi Jo
生年月日1962/11/22
出生国韓国
出身地ソウル特別市
性別
職業俳優 音楽(歌系以外) 歌手
経歴/説明ハングル名はチョ・スミ(韓: 、漢: ?秀美、英: Jo Sumi)。

多くの韓国ドラマの挿入歌を歌っている。クォン・サンウのファンである。ミュージカル俳優KAIの芸名を考えた[1]。

仙和芸術中・高等学校、ソウル大学校卒業。サンタ・チェチーリア国立アカデミアで鍵盤楽器と声楽を学ぶ。

ソウルで『フィガロの結婚』のスザンナ役でオペラ・デビューした。

1988年、リヨン歌劇場でジェローム・サヴァリー演出、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮によるロッシーニ『オリー伯爵』のアデール伯爵夫人を演じた後、CD録音。

その後、ヘルベルト・フォン・カラヤンに注目され、『仮面舞踏会』のオスカル役を歌って聞かせたところ、オーディションに参加することができた。カラヤンは彼女の声を「神からの贈り物」と評した。翌1989年、急死したカラヤンに代わってゲオルク・ショルティの指揮で行われたザルツブルク音楽祭での公演(ジョン・シュレシンジャー演出)で、同音楽祭にデビューした。翌1990年の再演はTV生中継で日本を含む世界各国で放映され、一躍その名を知らしめた(その後DVD化)。

その後は世界の主要な歌劇場において、夜の女王(『魔笛』、ウィーン国立歌劇場日本公演でも急な代役で演じ、初来日)やルチア(『ランメルモールのルチア』)、ツェルビネッタ(『ナクソス島のアリアドネ』)などのコロラトゥーラ・ソプラノの役を積極的にこなす。1994年、ロマン・ポランスキー演出による『ホフマン物語』のオランピアでパリ・オペラ座にデビューし、これが縁でポランスキー監督の映画『ナインスゲート』の音楽でヴォカリーズも担当した。1995年は南仏のエクサン・プロヴァンス音楽祭でマルセル・マレシャル演出『オリー伯爵』を演じ、フランスではTV生中継される。その後も、リチャード・ボニング、ズービン・メータ、ロリン・マゼールなどの主要な指揮者や、アルフレード・クラウスなどの名歌手と共演を重ねてきた。録音数も多く、現在では古楽器オーケストラとも録音を制作している。

アルバム
Baroque Journey
2006年
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2018/02/22
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本とても良い49.34110

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
12016/04/16海外映画グランドフィナーレとても良い(2.00)2.0049.341 



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ