スーザン・ヘイワード: 総合

人:俳優 関連作品数ランク15,001位(全体数27,018中) / 関連作品数2 / 偏差値46.60)15,000位 <= =>15,002位

読み仮名(平仮名)すーざんへいわーど
英語名Susan Hayward
生年月日1917/06/30
没年月日1975/03/14
出生国アメリカ合衆国
出身地ニューヨーク州ニューヨーク市
性別
職業俳優
経歴/説明祖父母はスウェーデンからの移民。父はトラックの運転手。1917年(1918年または1919年説もある)にニューヨーク市ブルックリンに生まれる。

1937年、商業高校を卒業後に女優を夢見てモデルを経て、ハリウッドに移る。この時期、『風と共に去りぬ』のオーディションも受け最終選考まで残っているが、役を得ることは出来なかった。しかし徐々に映画に出演しはじめ、1939年には『ボー・ジェスト』でゲイリー・クーパーの相手役にキャスティングされ、実質的なデビューを果たす。その後は、映画会社を渡り歩き、多くのB級映画に出演したが、いずれも男優の添え物扱いという不遇な時期を過ごす。だがその後は順調にキャリアを重ね、人気女優となった。赤毛の髪の毛がトレードマークで、美しさはハリウッド一と言われた。1952年にはハリウッドの外人記者協会が「世界で最も愛すべきスター」の女優部門に彼女を選んでいる。

1947年の『スマッシュ・アップ』で初めてアカデミー賞にノミネート。その後、『愚かなり我が心』、『我が心に歌えば』、『明日泣く』 でもノミネートされたが受賞にまでは至らなかった。 1955年の『明日泣く』でカンヌ国際映画祭 女優賞を受賞。1958年に『私は死にたくない』で実在した女囚を演じアカデミー主演女優賞を受賞し女優として認められた。受賞時のインタビューでは歓喜のあまり「私はこのまま死んでしまいたい」と言った。

私生活では1944年にジェス・バーガーと結婚。双子を出産するが、1953年に離婚。1955年には睡眠薬自殺をはかったが命は取り留めている。1957年に弁護士のEaton Chalkleyと再婚するが、1966年に彼は病死した。

1971年に脳腫瘍の兆候が現れ入院する。その際複数の癌の病変も発見されたが、彼女は手術を拒否して投薬等での治療を続けた。しかし1974年には症状が悪化し、7月に脳腫瘍の手術を受けた。その後も容体は好転せず、1975年3月にカリフォルニア州で死去した。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2019/10/09
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本普通47.3613306

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11954/10/19海外映画悪の花園普通(0.00)0.0047.363リア・フラー
21951/03/06海外映画奥様は魔女(1942年版)   0エステル・マスターソン



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ