ジョーン・コリンズ: 総合

人:俳優 関連作品数ランク15,648位(全体数34,109中) / 関連作品数2 / 偏差値47.06)15,647位 <= =>15,649位

読み仮名(平仮名)じょーんこりんず
英語名Joan Collins
生年月日1933/05/23
出生国イギリス
出身地ロンドン
性別
職業俳優 プロデューサー 歌手 文筆家
経歴/説明本名はジョーン・ヘンリエッタ・コリンズ(Joan Henrietta Collins)。

55年の「ピラミッド」で衝撃的にハリウッド・デビューしたイギリスのグラマラス女優。離婚と結婚を繰り返し、一時は忘れられた存在のなったが78年のソフト・ポルノ「ザ・スタッド」あたりから再び注目され始め、82年のTVシリーズ「ダイナスティ」では全米で“コリンズ旋風"が巻き起こるなどして復活。以降もレブロンのCMや50過ぎにもかかわらず、『プレイボーイ』誌の表紙を飾るなど、話題を振りまいた。ウォーレン・ベイティとの関係は有名な話。

書籍

Love and Desire and Hate
1980年

Misfortune's Daughters
2001年

The St. Tropez Lonely Hearts Club: A Novel
2015年

The World According to Joan
1960年

The Joan Collins beauty book
1980年

My Friends' Secrets
1999年

Star Quality
2001年

Passion for Life
2013年

Joan's Way
2002年

Too Damn Famous
1995年

My Secrets
1994年

Prime Time
1988年

Second Act
1996年

Motivating Readers in the Middle Grades
2008年

Wind in the Willows
2008年

Past Imperfect: An Autobiography
1978年

The Railway Children
2014年

Katy: A Fight for Life
1982年

Memories from Mother
1998年

Amor, Pasion y Odio
1992年

Intime Memoiren
1984年

Pasado Imperfecto

Three Complete Books
1994年

Prime Time: Joan Collins
1990年

Desire & Hate
1992年

Saga: roman
1989年

Too Damn Famous 10 X Pack
1996年

The Lost World
1989年

Peter Pan and Other Stories
1985年

His Holiness, Pope John Paul II
1982年

Infamous
2009年

The Snow Queen
1983年

Too timēma tēs doxas

Agapē, pothos & misos

Perfect Ten
1999年

Untitled 3
2000年

Infamous: Library Editon
2009年

Little Women and Other Stories
1992年

A Tale of Two Cities and Other Stories
1992年
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/04/18
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11995海外映画アニー2   0 
21978/03/13海外映画大いなる眠り   0 



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ