ジョージ・シーガル: 総合

人:俳優 関連作品数ランク7,715位(全体数25,244中) / 関連作品数4 / 偏差値48.21)7,714位 <= =>7,716位

読み仮名(平仮名)じょーじしーがる
英語名George Segal
生年月日1934/02/13
出生国アメリカ合衆国
出身地ニューヨーク州 グレート・ネック
性別
職業俳優
経歴/説明ニューヨーク市ロング・アイランド、グレートネックに東欧から移民したユダヤ系の家庭に生まれた。グレートネック高校から、フィラデルフィア近くのハヴァフォード大学に進み[1]、学生時代からジャズ・バンドを結成して活躍。さらにコロンビア大学に移り、1955年に卒業してからはアメリカ陸軍に兵役を務める。兵役を解かれてからは舞台俳優を目指してニューヨークへ出て、オフ・ブロードウェイの劇場サークル・イン・ザ・スクエアで、管理人、ソフトドリンク売り、案内人、切符係などさまざまな仕事をこなしながら、チャンスを伺う。また同劇場の控えの俳優をしながら、ナイト・クラブに歌手として出演。1956年にダウンタウン劇場でやっと本格的な舞台デビューを果たす。その後、ブロードウェイに進出、さらにニューヨーク・シェイクスピア・フェスティヴァルで『アントニーとクレオパトラ』に出演して、次第に認められる。

テレビに端役として出演後は、1962年の『若き医師たち』で映画デビュー。以降、シリアス・ドラマ、コメディー、サスペンス、アクション大作とジャンルを問わず活躍、演じる役柄も幅広く、新しい二枚目スターとして人気を得た。1966年の『バージニア・ウルフなんかこわくない』でアカデミー助演男優賞にノミネート、1973年には『ウィークエンド・ラブ』でゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞する。たくさんの話題作に出演したが、その器用さゆえにこれぞといった代表作とはならず、大スターとまでにはいかなかった。

私生活では、1956年に脚本家のマリアン・ソボルと結婚し、二女を儲ける。また独学で覚えたバンジョーは玄人の域で、ロケ先まで持っていって、共演者に喜ばれ、レコードまで出した。

アルバム: Leave It To Jane
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/06/28
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本良い48.384125,237

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11990/04/28海外映画ベイビー・トーク普通(0.00)0.0047.377出演
21977/07/16海外映画ジェット・ローラー・コースター悪い(-1.00)-1.0046.551ハリー検査官
31970/03/21海外映画レマゲン鉄橋とても良い(2.00)4.0050.612ハートマン中尉
41967/03/11海外映画バージニア・ウルフなんかこわくない良い(1.00)2.0048.992俳優



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ