ジャン=ピエール・ゴラン: 総合

人:監督 関連作品数ランク2,678位(全体数2,994中) / 関連作品数1 / 偏差値44.27)2,677位 <= =>2,679位

読み仮名(平仮名)じゃんぴえーるごらん
英語名Jean-Pierre Gorin
生年月日1943/04/17
出生国フランス
出身地パリ
性別
職業監督 脚本 編集
経歴/説明フランスおよびアメリカの映画作家、アメリカの大学教授で、ヌーヴェルヴァーグの巨星ジャン=リュック・ゴダールとの仕事も有名。

医師を父に持ち、左翼的ユダヤ家庭で育つ。1960年にソルボンヌ大学に入学する。専攻は哲学。ルイ・アルチュセール、ジャック・ラカン、ミシェル・フーコーのゼミをとる。1965年 - 1968年、夕刊紙『ル・モンド』の編集者となり、そこでたくさんの記事を書き、政治的かつ美学的な討論を行い、五月革命へと突入して行く。

1967年、24歳のときに13歳年長のゴダールと出逢う。『男性・女性』(1966年)にみられるようにゴダールは若い世代に興味を持っており、新左翼でありシネフィルでもあったゴランはうってつけであった。ゴランは、『中国女』(1967年)や『たのしい知識』(1968年)で自らの経験からアドヴァイスをし、ゴダールはそれを作品に反映させた。

1968年、ゴランとゴダールはジガ・ヴェルトフ集団という共同体を設立し、『東風』(1970年)、『万事快調』(1972年)、『ジェーンへの手紙』(1972年)といった明らかに政治的な作品のシリーズをともに製作した。初期においては、「集団」の名のうえのゴダールの仕事であったが、1969年、ゴランはゴダールとともにイタリアに出向き、フランスを10年追放されたばかりの活動家ダニエル・コーン=バンディやブラジルの映画作家グラウベル・ローシャ、マカロニウェスタンのスターであり有名なイタリア共産党員ジャン・マリア・ヴォロンテといった名だたる左翼たちと西部劇を撮った。それが『東風』であった。

1972年、『ジェーンへの手紙』の完成をもって同集団を解散、ゴランは『L'Ailleurs immédiat』というタイトルの映画を撮影したが、完成間近で主演女優がドラッグトラブルで逮捕され、プロデューサーたちがフィルムを処分してしまった。完成し、世に問われていれば、ベルナルド・ベルトルッチ監督の『ラストタンゴ・イン・パリ』(1972年)、ジャン・ユスターシュ監督の『ママと娼婦』(1973年)に比すべき作品になっただろうと言われる。

1973年にゴランはフランスを離れ、映画批評家で画家のマニー・ファーバー(Manny Farber)に促され、カリフォルニア大学サンディエゴ校で教鞭を執ることに応じた。1975年以来、同大学の視覚芸術学科に留まり続け、そこで彼は今日に至るまで、映画史と映画批評のコースで教えている。

映画製作も続けており、もっとも著名なのはエッセイ的映画「南カリフォルニア三部作」、つまり、『ポトとカベンゴ Poto and Cabengo 』(1978年)、『ルーティン・プレジャーズ Routine Pleasures 』(1986年)、『マイ・クレイジー・ライフ My Crasy Life』(1991年)、そしてビデオ作品『ピーターへの手紙 Letter to Peter』(1992年)である。三部作以前に、ハリウッドに出向き、フランシス・フォード・コッポラフィリップ・K・ディック作品の映画化をサポートしてもらおうとしたが、うまくいかなかった。また、本人曰く、ソロ二作目『ルーティン・プレジャーズ』はハワード・ホークス監督の『コンドル』(1939年)のリメイクだという。

2001年3月16日 - 20日、ゴランは来日し、広島県三原市佐木島で映像ワークショップを行った。安藤尋を助監督に、長島有里枝を撮影監督に、ゴダールの『軽蔑』をリメイクするという作業を行い、浅田彰磯崎新らとのセミナーが開かれた。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/01/29
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11974/04/11海外映画ジェーンへの手紙   0ナレーション



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード: [安全なパスーワードを生成したい場合: パスワードランダム生成サービス]
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声