シェリル・ラッド: 総合

人:俳優 関連作品数ランク12,519位(全体数26,074中) / 関連作品数2 / 偏差値46.53)12,518位 <= =>12,520位

読み仮名(平仮名)しぇりるらっど
英語名Cheryl Ladd
生年月日1951/07/12
出生国アメリカ合衆国
出身地サウスダコタ州ヒューロン
性別
職業俳優 歌手
経歴/説明1976年 - 1981年にアメリカABCで放送されたテレビドラマ『チャーリーズ・エンジェル』でシーズン2から起用され、クリス・マンロー役を演じたことで知られる。

シェーンなどで知られるアラン・ラッドの息子、デイビッド・ラッドは元夫で、2人の間に生まれたジョーダン・ラッドも女優である。1979年に離婚後もLadd姓を名乗る。

父はシカゴ・ノースウェスタン鉄道の機関士で、4人兄弟の次女。姉、メリー・アン、弟、ブライアン、セス。7歳の時にダンスを習い始め、スターを夢見た。母親だけがたった一人、彼女の芸能界入りを応援した。以後、ダンスと歌を熱心に勉強し、ハイスクール時代には、夏休みにプロのバンドに参加して全米ツアーをした。卒業と同時にツアーに積極的に参加、ハリウッドでバンドと別れ、演劇学校に入学した。

初めての仕事はアニメーション『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』のメロディ・バレンタイン(日本版ではミミイ)役の歌唱担当。その後、CMや雑誌のモデルを経て、テレビ界からも出演依頼が来るようになった。

1976年からABCで放送が開始され人気番組となっていた『チャーリーズ・エンジェル』シーズン2へのレギュラー出演を、ファラ・フォーセット・メジャースが拒否したため、ファラの妹役のオーディションを受け合格しレギュラーに加入、最終のシーズン5まで出演した。

身長163cmと欧米人女性としては小柄ながら抜群のプロポーションと健康的な笑顔で日本でも人気となり、CMにも起用されている。

1998年のTV映画『チャット・ルーム/インターネット美少女誘拐事件』では、ジョーダン・ラッドと親子で共演している。

1981年レコードプロデューサーのブライアン・ラッセルと再婚 アルバム: The Best of Cheryl Ladd
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/01/06
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本とても良い48.47230

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11981/06/07特撮/人形劇マペット・ショー最高(3.00)3.0047.111 
21977/10/16ドラマ地上最強の美女たち!チャーリーズエンジェル良い(1.00)2.0049.822クリス・マンロー



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ