サトウハチロー: 総合

人:文筆家 関連作品数ランク1,979位(全体数2,172中) / 関連作品数1 / 偏差値45.58)1,978位 <= =>1,980位

読み仮名(平仮名)さとうはちろー
英語名HACHIROH SATOH
生年月日1903/05/23
没年月日1973/11/13
出生国日本
出身都道府県東京都
出身地東京市牛込区(現在の東京都新宿区東半部)
性別
職業文筆家
経歴/説明作家の佐藤紅緑の長男として東京市牛込区(現在の東京都新宿区東半部)に生まれる。本名は八郎。やがて父親の佐藤紅緑は舞台女優三笠万里子と同棲するようになり、父への反発から中学を落第、退校、勘当、留置所入りを重ねる(作家の佐藤愛子は三笠万里子の娘で、ハチローの異母妹に当たる)。

感化院のあった小笠原島で佐藤紅緑の弟子であった福士幸次郎と生活を共にし、影響を受ける。1919年(大正8年)福士幸次郎の紹介により西条八十に弟子入りし、童謡を作り始める。1926年(大正15年)処女詩集『爪色の雨』を出版。

1945年(昭和20年)第二次世界大戦後初めてとなる映画『そよかぜ』が公開されると、サトウハチローの作詞による挿入歌『リンゴの唄』は並木路子の歌により大流行し、戦後日本を象徴する歌となった。

1950年(昭和25年)、東京タイムズという雑誌で美空ひばりをゲテモノと批判した。(後に和解。サトウハチローの作詞曲を後に美空ひばりが歌った)

1953年(昭和28年)童謡集『叱られ坊主』を出版し、翌年これにより第4回芸術選奨文部大臣賞を受賞。以後は童謡の詩作に専念し、1955年(昭和30年)『ちいさい秋みつけた』を作詞、レコード大賞童謡賞を受賞。1966年(昭和41年)紫綬褒章受章。1973年(昭和48年)勲三等瑞宝章受章。日本作詞家協会会長、日本童謡協会会長などを歴任し、同年心臓発作により死去。

母親への想いなどをうたった叙情的な作風で知られる反面、私生活は放蕩、奇行が多かった(佐藤愛子の長編小説『血脈』に詳しい)。一方で「木曜会」を結成し、後進の育成にも努めた。サトウハチローが自分の詞の作曲に、必ず中田喜直を指名したのは有名である。

代表作は童謡に『ちいさい秋みつけた』『かわいいかくれんぼ』『うれしいひなまつり』『わらいかわせみに話すなよ』『とんとんともだち』など。歌謡曲などに『リンゴの歌』『長崎の鐘』『うちの女房にゃ髭がある』など。他にも校歌、CMソングなど多数。また、軍歌『台湾沖の凱歌』や戦時歌謡『敵の炎』など、戦時中とはいえ後年の童謡作品からは想像もできないほど過激で激烈な歌詞の作品も残されている。

作家としても活動し、『ジロリンタン物語』などの児童文学や、ユーモア小説を多数執筆した。

別名に、山野三郎玉川映二星野貞志清水操六などがある。

2005年、サトウハチローの生涯をテレビドラマ化した『ハチロー~母の詩、父の詩~』が、NHKの『月曜ドラマシリーズ』で放映され、サトウハチロー役は唐沢寿明が演じた。

(Wikipediaより引用)
作成者 [編集履歴]宇宙刑事ジャンギャバン
最終変更者/日時 宇宙刑事ジャンギャバン / 2007/05/29
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11948/09/07日本映画エノケンのホームラン王   0原作



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ