クローデット・コルベール: 総合

人:俳優 関連作品数ランク20,963位(全体数26,935中) / 関連作品数1 / 偏差値45.70)20,962位 <= =>20,964位

読み仮名(平仮名)くろーでっとこるべーる
英語名Claudette Colbert
生年月日1903/09/13
没年月日1996/07/30
出生国フランス
出身地サン=マンデ
性別
職業俳優 プロデューサー
経歴/説明フランス人の父親とイギリス人の母親との間に生まれる.。父親は銀行家で、彼女が子供の時に家族でニューヨーク市に引っ越したため、フランス語と英語の両方を話すバイリンガルとして育った。高校卒業後、婦人服店に勤めながら、ファッション・デザイナーを志しアートスクールに通うが、劇作家に頼まれ、1923年にブロードウェイで舞台デビュー。母方の祖母の旧姓コルバート(フランス語の発音はコルベール)を付けて芸名にした。

1927年にフランク・キャプラの『力漕一挺身』でデビューするも、作品はまったく成功しなかった。もともと映画より舞台に専念したかった彼女は、これが最初で最後の映画になると思ったが、大恐慌によって多くの劇場が閉鎖される中、映画に活路を見出さざるを得なかった。2年後の『女は嘘つき』がヒットし、コンスタントに映画に出演するようになった。

1934年に『或る夜の出来事』でクラーク・ゲーブルと共演、 自身が勝手に決めた結婚相手を父親に反対され説得されるも、反発し逃げ出すと言う、富裕層にありがちである甘やかされた自己中心的な令嬢役をコミカルに演じ、アカデミー主演女優賞を受賞。1936年には年収30万ドルを稼ぎ、アメリカで最も高収入の女優の一人となった。

1945年には、所属していた映画会社パラマウントとの契約が切れ、フリーの身となってしばらくは順調に映画出演が続くがこれまでの勢いは徐々に下落していった。1950年の戦争映画『三人帰る』では日本人俳優早川雪洲とも共演し商業的にヒット、彼女の晩年の代表作の一つとなった。

1950年代後半はテレビ番組でゲスト出演していたが結局ブロードウェーに戻った。1958年の舞台『The Marriage Go-Round』ではトニー賞にノミネートされている。1950年代中盤で映画界を事実上引退した後は、マンハッタンのアパートとカリブ海の島国バルバドスの家に住んだ。1987年のテレビ作品『グレンヴィル家の秘密』ではゴールデングローブ賞を受賞し、エミー賞にもノミネートされた。92歳で脳卒中のため死去。子供のいなかったコルベールの遺産のほとんどは、長年の女友達に与えられた
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2016/10/05
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本とても良い49.81120

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11934/08/29海外映画或る夜の出来事とても良い(1.50)3.0049.812エリー



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ