ギヤ・カンチュリ: 総合

人:音楽(歌系以外) 関連作品数ランク1,989位(全体数2,186中) / 関連作品数1 / 偏差値45.60)1,988位 <= =>1,990位

読み仮名(平仮名)ぎやかんちゅり
英語名Giya Kancheli
生年月日1935/08/10
出生国ジョージア
出身地トビリシ
性別
職業音楽(歌系以外)
経歴/説明音楽は非常に対話的・直接的で、スピリチュアルな性質を持つことも多く、そのことで(それがいつも有益とは限らないが)アルヴォ・ペルトやジョン・タヴナーといった作曲家たちと較べられることになる。確かにカンチェリの音楽の中には民族的・宗教的発想がいくつか見られ、中でも顕著なのが『交響曲第3番』もしくは近作の『マグナム・イグノトゥム』の冒頭部であるが、カンチェリの作品に及ぼすグルジアの民族的要素の効果は物質というよりはむしろ精神の中にあるのであって、このことを過度に強調すべきではない。

交響曲の中のカンチェリの音楽言語は一般に、長く・抑えた・苦しそうな弦の不協和音に対して、スローで頭にこびりついて離れない短調の旋律の断片から成っている。楽節には時に勇ましい金管楽器とパーカッションを含む「戦闘場面」が差し挟まれる。1990年代以降はより洗練されたものになり、一般的に、特性において、より抑えられ・ノスタルジックになった。一部のコメンテーターたちはカンチェリの音楽を語るのに映画用語を使っている。たとえば、カンチェリの音楽のいたるところに見られるはっきりしない転調は「ディゾルブ(溶暗)」、『交響曲第6番』などに使われた長い1/3のクレッシェンドを「ズーム」、『交響曲第5番』の冒頭で静寂が突然大音量に変わるのは「ストレートカット」などである。

7つの交響曲や、(カンチェリ自身の言葉では)ヴィオラと管弦楽のための典礼『風は泣いている』を作曲した。

『交響曲第4番』は1978年1月、ユーリ・テミルカーノフ指揮フィラデルフィア管弦楽団によってアメリカ初演が行われたが、間もなくソビエト文化に対するアメリカ合衆国の文化的凍結がはじまった。カンチェリが再び西側に出られるようになったのはグラスノスチのおかげで、ヨーロッパやアメリカでの上演とともに、カンチェリは頻繁に作品の委嘱を受けるようになったが、直接の西側への紹介はヘルムート・ラッヘンマンが当時サンクトペテルブルクに招待されたとき耳にした彼の作品で、そのまま直ちにドイツの南ドイツ放送のFMプロダクションのプログラムに組み入れられ、交響曲などがすぐに委嘱されすぐに初演された。

『交響曲第7番』には「Epilogue(エピローグ)」という副題が強調されて付けられ、それ以降「交響曲」という名前のつく曲は書いていない。しかし、管弦楽曲の作曲は続けていて、交響曲第8番と言ってもいいくらいの『Trauerfarbenes Land』を書いている。

カンチェリは国際的な支持を受けており、デニス・ラッセル・デイヴィス、ヤンスク・カヒッゼ(Jansug Kakhidze)、ギドン・クレーメル、ユーリ・バシュメット、キム・カシュカシャン、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、クロノス・クァルテットが好んでその作品を取り上げている。カンチェリの作品の世界初演がシアトルで、しかもクルト・マズア指揮ニューヨーク・フィルハーモニックで行われたこともあった。定期的な委嘱作品も続けている。近作も続々CDリリースされていて、特にECMから発売されている。

グルジア本国では、カンチェリは舞台作品で有名で、カンチェリの音楽作品の多くはそこから引き出されている。1971年より20年間にわたって、トビリシのルスタヴェリ劇場(en:Rustaveli Theatre)の音楽監督を務めていた。カンチェリのオペラ『Music for the living』は演出家のルスタヴェリ劇場監督Robert Sturua(en:Robert Sturua)とのコラボレーションで、1984年6月の初演以来、ヨーロッパおよびソビエト連邦で賞賛を受けてきた。1999年12月にはヴァイマル(ワイマール)のドイツ国民劇場(en:Deutsches National Theater)で再演された。また、カンチェリは12本の映画音楽も手掛けており、ロシア語圏では有名だが、それ以外ではあまり知られていない。その中には、ゲオルギー・ダネリヤ(en:Georgi Daneliya)監督のSF映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』もある。

1991年以降、カンチェリは西ヨーロッパに住んでいる。最初はベルリン、1995年以降はアントウェルペンに住み、そこでロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団のためのコンポーザー・イン・レジデンス(composer-in-residence)を務めている。

作品
When Almonds Blossomed
Ex Contrario
Little Imber
Having Wept
With a Smile for Slava
Piano Quartet in l'istesso tempo
Chiaroscuro
Life Without Christmas
Twilight
Night Prayers
Symphony no. 7 "Epilog"
Symphony no. 1: I. Allegro con fuoco
Bridges to Bach
Mourned by the Wind: IV. Andante maestoso
Evening Prayers
Mourned by the Wind: I. Largo
Helesa
Symphony no. 3
Morning Prayers
Symphony no. 1: II. Largo
Simi
Mourned by the Wind: III. Larghetto
Time... and again
Symphony no. 5 "To the Memory of My Parents"
Light Sorrow
Symphony No. 4 "To the Memory of Michelangelo"
Abii ne viderem
Mourned by the Wind: II. Allegro moderato
V & V
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/08/09
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本普通47.33140

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11989/06/24海外映画不思議惑星キン・ザ・ザ普通(0.00)0.0047.334音楽



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード: [安全なパスーワードを生成したい場合: パスワードランダム生成サービス]
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ