カール・フロイント: 総合

人:撮影 関連作品数ランク417位(全体数1,527中) / 関連作品数4 / 偏差値51.09)416位 <= =>418位

読み仮名(平仮名)かーるふろいんと
英語名Karl Freund
生年月日1890/01/16
没年月日1969/05/03
出生国チェコ共和国
出身地ドヴール・クラーロヴェー・ナト・ラベム
性別
職業監督 撮影
経歴/説明ユダヤ系の両親、グレイザー・ジュリアス・フロイントと妻マリーの間にボヘミアに生まれる。幼少時にベルリンへ移住し、15歳から映写技師として働き始めた。その後ニュース映画のカメラマンとしてキャリアを積み、1911年にアスタ・ニールセン主演「Heißes Blut」で初めて劇映画の撮影を務める。1920年代には「巨人ゴーレム」(1920)「最後の人」(1924)「メトロポリス」(1927)等の名作のカメラマンとして起用された。実験映画の「伯林 - 大都会交響楽」では監督ヴァルター・ルットマンと共同で脚本も担当している。

1929年にアメリカに渡り、「魔人ドラキュラ」(1931)から「キー・ラーゴ」(1948)まで多くの映画の撮影を担った。「魔人ドラキュラ」では監督のトッド・ブラウニングが仕事のやる気を失っていたため、いくつかのシーンはフロイントが演出を行ったという。「大地」(1937)でアカデミー撮影賞を受賞。また1921年から35年の間に10本の映画を監督しており、最も有名なものはボリス・カーロフ主演の「ミイラ再生」(1932)とピーター・ローレ主演「狂恋」(1935)の2本の怪奇映画である。

1951年、フロイントはデジ・アーナズから依頼を受け「アイ・ラブ・ルーシー」の撮影監督に就任。以降はテレビ業界で「Our Miss Brooks(英語版)」などシットコムの人気作をいくつか手がけた。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/12/07
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本良い52.494160

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11951/11/13海外映画キー・ラーゴ普通(0.00)0.0047.641撮影
21933/07/20海外映画ミイラ再生普通(0.00)0.0047.641監督
31931/10/08海外映画魔人ドラキュラ良い(1.43)10.0155.737撮影
41929/04/03海外映画メトロポリス(1927年版)とても良い(2.00)14.0058.957撮影



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ