エド・ベグリー: 総合

人:俳優 関連作品数ランク33,707位(全体数37,840中) / 関連作品数1 / 偏差値46.28)33,706位 <= =>33,708位

読み仮名(平仮名)えどべぐりー
英語名Ed Begley
生年月日1949/09/16
出生国アメリカ合衆国
出身地カリフォルニア州 ロサンゼルス
性別
職業俳優
経歴/説明息子で俳優のエド・ベグリー・ジュニアに対してエド・ベグリー・シニアと表記されることもある。『渇いた太陽』 (1962年)で第35回アカデミー賞のアカデミー助演男優賞を受賞している。

1901年にアイルランド人の両親[1]のもと、アメリカ合衆国コネチカット州ハートフォードに生まれる。9歳のときにアマチュア劇団の舞台に出演したことをきっかけに俳優になることを決意し、11歳で家を出て職を転々とする。アメリカ海軍で4年間を過ごした他、ボウリング場でピンの整理係をしたり、サーカスで働いたりしたこともあった。

1917年の大ヒット・ブロードウェイミュージカル『Going Up』に出演。翌年のロンドン公演にも出演する。

1931年にボードビリアンとして舞台に立つようになると同時にラジオアナウンサーとして働くようになる。

1947年、劇作家アーサー・ミラーの出世作となった舞台『みんな我が子(All My Sons)』(演出エリア・カザン)に主演し、成功を収める。同年(1947年)のエリア・カザン監督作品『影なき殺人』で映画デビュー。出身地コネチカット州で実際に起きた事件をもとにした作品である。

1950年代以降は様々なテレビドラマにも出演するようになる。出演したドラマで日本でも放送されたものには『弁護士プレストン』『ローハイド』『逃亡者』『バージニアン』『ボナンザ』などがある。

1955年の舞台『Inherit the Wind』で第10回トニー賞演劇助演男優賞を受賞。主演のポール・ムニ(同作でトニー賞演劇主演男優賞を受賞)が4ヶ月で降板したため、その後の公演ではベグリーが代役を務めた。また、1965年のドラマ化作品(主演:メルヴィン・ダグラス)ではオリジナルの舞台で最初に演じた(トニー賞を受賞した)役で出演し、エミー賞にノミネートされた。

1962年の映画『渇いた太陽』で第35回アカデミー賞の助演男優賞を受賞する。

1970年に心筋梗塞で死去。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2017/07/08
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本普通47.67110

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11968/05/31海外映画奴らを高く吊るせ!普通(0.00)0.0047.671ウィルソン



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ