イワン・ツルゲーネフ: 総合

人:文筆家 関連作品数ランク999位(全体数1,868中) / 関連作品数2 / 偏差値46.20)998位 <= =>1,000位

読み仮名(平仮名)いわん つるげーねふ
英語名Iwan Tsurugeenefu
生年月日1818/11/09
没年月日1883/09/03
出生国ロシア
性別
職業文筆家
経歴/説明19世紀ロシアの代表的な小説家の一人。ロシア帝国の貴族。なお名前の表記は「ツルゲーネフ」の他、ロシア語の発音に近い「トゥルゲーネフ」という表記も用いられる。

ロシア中部・オリョールの地主貴族の家庭の次男として生まれ、1838年から1841年までベルリン大学で哲学や古典語を学ぶ。

1847年から雑誌に発表された『猟人日記』(1852年)で、貧しい農奴の生活を描き、農奴制を批判したことで逮捕・投獄される。この作品は農奴解放に大きな役割を果たした。その後も、1854年の『ムムー』でも地主のもとで使われる農奴たちの悲劇と精神の解放を描いている。続く1856年の『ルージン』では、高い理想と教養をもちながらも現実に対しては無力ないわゆる「余計者」を描いた。その後も、政治社会的な問題を主題とした『貴族の巣』(1859年)、『その前夜』(1860年)、『処女地』(1877年)などを次々と発表し、社会論争を巻き起こした。理想主義的な父の世代と、唯物論的な子の世代の相克を描いた『父と子』(1862年)は、19世紀のロシア小説の最高傑作の一つに挙げられる。自伝的な作品として『アーシャ』(1858年)、『初恋』(1860年)なども残している。
作成者 [編集履歴]ソンプーGU
最終変更者/日時 ソンプーGU / 2013/01/13
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

統計値[関連(出演)作品]
日本良い47.3824601

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11888文学あいびき(イワン・ツルゲーネフ版)普通(0.00)0.0046.322著者
21860文学はつ恋良い(1.00)2.0048.442著者



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード: [安全なパスーワードを生成したい場合: パスワードランダム生成サービス]
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ