アンジェイ・ズラウスキー: 総合


読み仮名(平仮名)あんじぇいずらうすきー
英語名Andrzej 〓u〓awski
生年月日1940/11/22
出生国ポーランド
出身地ルブフ
性別
経歴/説明1940年、当時ポーランド支配下にあったルヴフ (現在のウクライナ・リヴィウ) に、作家ミロスワフ・ジュワフスキ(英語版)の息子として生まれる。大叔父(父方の祖父の兄弟)には作家イェジイ・ジュワフスキがいる。

1957年から1959年までフランスに留学。パリの高等映画学院で学ぶ。1960年から1966年までアンジェイ・ワイダの助監督を務めた。その間、ワルシャワ大学哲学科とパリ政治学院で学ぶ。また、この時期から映画批評や詩作を発表。

1967年に短編テレビ映画『Pavoncello』で演出家としてデビュー。1971年に父ミロスワフとの共同脚本で長編映画処女作となる『夜の第三部分』を発表。ポーランド映画祭新人作品賞、アンジェイ・ムンク賞、コシャーリン映画祭グランプリを受賞する。しかし、翌1972年に監督した第2作『悪魔』がポーランド国内で上映禁止処分を受ける。そのため、次作『L'important c'est d'aimer』(1975年)をフランスで製作する。同作は主演のロミー・シュナイダーにセザール賞主演女優賞をもたらした。

その後、1981年の『ポゼッション』が第34回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、主演のイザベル・アジャーニが女優賞を受賞。世界的に注目されるようになる。アジャーニは本作でセザール賞の主演女優賞も受賞している。

1985年の『狂気の愛』からは本作をきっかけにその後、長年に渡るパートナー関係となる女優ソフィー・マルソーを主演に迎えた作品を多く製作するようになる。1988年には大叔父イェジーの代表作「月三部作」の第1部『銀球で』を原作にしたSF映画『シルバー・グローブ/銀の惑星』を発表。第41回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上映される。本作は1977年に長編4作目として製作を開始していたものの、後にポーランド政府から製作中止命令を受けており、実に10年越しでの完成となった。

2000年に監督した『女写真家ソフィー(原題:フィデリテ)』を最後に作品の発表がなかったが、2014年、14年ぶりの監督作『Mati〓re Noire (英題:Dark Matter)』を製作することが明らかとなった[1]。同作はヴィトルド・ゴンブローヴィッチの同名小説を原作とした

ノミネート: セザール賞 脚色賞
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2015/04/09
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
11988/09/17海外映画ポゼッション(1988年版)   0脚本 監督



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ