アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ: 総合


読み仮名(平仮名)あれはんどろごんざれすいにやりとう
英語名Alejandro González Iñárritu
生年月日1963/08/15
出生国メキシコ
出身地メキシコシティ
性別
職業監督 脚本 プロデューサー
経歴/説明アレハンドロ・G・イニャリトゥの別名。

中流階級の家庭で育つ。その後、イベロアメリカーナ大学へ進学。ここで後に脚本家としてイニャリトゥの作品に参加するギジェルモ・アリアガと知り合う。また、この時期イニャリトゥは、ラジオ局でディスクジョッキー、テレビ番組のプロデューサー、コンサートのプロデューサーなどの活動をしていた。

2000年に『アモーレス・ペロス』で長編映画監督デビュー。第53回カンヌ国際映画祭の批評家週間部門、第13回東京国際映画祭でグランプリを受賞。 イニャリトゥは本作を亡くなった息子のために作ったと述べており、「人は失ったもので形成される。人生は失うことの連続だ。失うことでなりたかった自分になるのではなく、本当の自分になれるのだ。」とコメントしている。

2003年、『アモーレス・ペロス』での成功が認められ、ショーン・ペンナオミ・ワッツベニチオ・デル・トロ を迎えて『21グラム』をアメリカで製作。第60回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ショーン・ペンが男優賞を受賞した。

2006年、『バベル』をモロッコ、カリフォルニア、ティファナ、そして東京を舞台に製作。第59回カンヌ国際映画祭で監督賞、第64回ゴールデングローブ賞でドラマ部門の作品賞を受賞した。本作は役所広司の出演や聾唖の女性役を演じた菊地凛子が第79回アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされたことと、日本公開中にクラブのダンスシーンが視力に刺激的な映像だったため不快感を訴える観客が現れたことなどで、日本でも広く注目された。

2010年、『ビューティフル』をメキシコで製作。第63回カンヌ国際映画祭で上映され、主演のハビエル・バルデムが男優賞を受賞。また、第83回アカデミー賞の外国語映画賞にもノミネートされた。

2014年、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が第71回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品に選出された。映画祭では主要部門の受賞は逃したが、第72回ゴールデングローブ賞で最多7部門にノミネートされ、脚本賞、主演のマイケル・キートンが主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞、第87回アカデミー賞でも最多9部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、脚本賞、エマニュエル・ルベツキが撮影賞と4部門を受賞した。

2016年、『レヴェナント: 蘇えりし者』で、第68回アメリカ監督組合賞の受賞。前年に『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でも同賞を受賞し、2年連続で受賞する快挙を達成した。第88回アカデミー賞でも『バードマン』に続いて2年連続で監督賞を受賞、主演のレオナルド・ディカプリオは主演男優賞を、エマニュエル・ルベツキが撮影賞を受賞。

2017年、第9回ガバナーズ・アワードで、エマニュエル・ルベツキが撮影した短編VR作品『Carne y Arena(英語版)』(肉と砂)に、アカデミー特別業績賞が授与された。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2018/09/22
※ この項目の説明にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、この項目の説明部にはGFDLのラインスが適用されます。
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)

条件を満たすデータは存在しませんでした。



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ