アクタン・アリム・クバト: 総合

人:監督 関連作品数ランク3,285位(全体数4,007中) / 関連作品数1 / 偏差値44.73)3,284位 <= =>3,286位

読み仮名(平仮名)あくたんありむくばと
英語名Aktan Arym Kubat
生年月日1957/03/26
出生国キルギスタン
性別
職業監督 脚本
経歴/説明旧名アクタン・アブディカリコフ(Aktan Abdykalykov)

キルギスのサクル地域にあるキントゥー村に生まれる。76年、首都ビシケクのビシケク美術専門学校に入学する。80年に卒業し、画家を志すもそれでは食べていけず、キルギスフィルム・スタジオでセットデザイナーの職を得る。その後、いくつかの作品で美術監督を務め、90年、短編ドキュメンタリー"A Dog Was Running"で監督デビューをはたす。翌年、この作品はバクーの地域映画祭「東方からの視点」でグランプリを受賞する。93年には、10歳の少年の大人の世界への目覚めを描いた中編劇映画「ブランコ」を監督。この作品で、ロカルノ国際映画祭の短編映画部門のグランプリを受賞するなど、国際的に注目される存在となる。日本でも「中央アジア映画祭」において紹介された。95年から96年には、2本の短編映画"Beket"、"Bech-Terek"や、コマーシャル・フィルムを多数監督。97年に発表した短編映画"Assan-Oussen"はシエナ国際短篇映画祭でグランプリを獲得した。そして98年、長篇劇映画デビューとなる『あの娘と自転車に乗って』を発表。ロカルノの銀豹賞(準グランプリ)をはじめ、ヴィエンナーレ、東京など、各国の映画祭で数々の賞を受賞する。『旅立ちの汽笛』は、「ブランコ」『あの娘と自転車に乗って』に続き、息子ミルランを主演に迎えた少年期三部作の完結編となる。2010年、9年の歳月をかけ『明りを灯す人』を完成させる。本作では、名前をロシア名の<アブディカリコフ>からキルギス名の<アリム・クバト>に変え、自ら主演も務める。ロシアで行われたキノショック映画祭で主演男優賞を受賞するなど、監督だけでなく役者としても世界的に認められる存在となる。
作成者 [編集履歴]634
最終変更者/日時 634 / 2016/06/27
←階位が5000位以内の方に編集権限有り (階位とは?)

関連作品 (開始日順: ↓の区分名のリンクで並び順を評価の良い順/評価数順などに変えられます。)
12011/10/08海外映画明りを灯す人   0監督 / 脚本 / 明り屋さん



ファン登録
注意書き

1. 1項目に対して一回のみファン登録の投稿が可能です。
複数回語りたい場合には「ファン掲示板」をご利用下さい。
2. ファン登録と反する内容の投稿は削除されます。
3. ハンドルネーム(お名前)の変更はしないで、固定して下さい。
4. 投稿者/投稿対象者共にメルアド・電話番号等の個人情報の書込みは禁止。
交流したい場合私書機能をMyページで提供しているので、ファン登録をしてアカウントを取得してから私書で連絡取ってみて下さい
5. チェーンメール・バトンに類すること禁止

お名前(名前変えによる複数回登録禁止!削除します)
パスワード:
ファンの理由/応援(携帯の絵文字は使えません)
↑上へ