ilma

総閲覧回数:92
 13日12日11日10日9日8日7日6日
閲覧22 (+17)5 (+3)22 (-18)20 (+20)0 (-1)1 (-1)2
階位8,8728,8728,8748,8768,8768,8768,8768,875
ポイント1,2331,2331,2331,2331,2331,2331,2331,233
偏差値49.6149.6149.6149.6149.6149.6149.6149.61

最近閲覧されたログイン状態の論客
OYJAR40 / オルタフォース / シャル / 弥生一 / ルネサント
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ブログ
[書く]
リンク集(無)

ハンドルネームilma
総合階位8870位
評価ランク9,351位 (1,233ポイント)
ユーザー活動ランク8,767位 (1,233ポイント)
評価の分布
 最高とても良い 良い 普通 悪い とても悪い最悪
回数1000000
割合100.0%0.0%0.0%0.0%0.0%0.0%0.0%
加算分布100%100%100%100%100%100%100%
分布要約100%0%0%
評価傾向駆け出しの論客
論客ポイント
(1日1回更新)
項目ポイント
評価換算文字数633文字633 pnts51%
評価作品数1個600 pnts49%
合計 1,233 ポイント 
偏差値49.61
文字数633
発言数1
最新投稿2019/11/03 (作品評価)
最古投稿2019/11/03 (作品評価) / 2019/11期[日時順/階位順]
論客暦0年0日 (0日)
アニメ階位10943位 (1,233ポイント)
性別男性
保持権限
有無必要階位権限内容
×1-100称号を持つ
×1-1000作品の追加提案の承認/否決権限を持つ
×1-2500削除提案ができる
×1-5000作品情報の更新提案提出・更新の承認権限を持つ
×1-4000他己紹介ができるようになる
×1-5000情報DBの各項目の追加・編集ができる
×1-5000攻略記事を追加できる
×1-5000運用掲示板を閲覧・投稿できる
階位有良いと思う評価の推薦が出来るようになる
階位有評価に共感を送れるようになる
階位有作品の追加提案提出権限を持つ
書込経験有ブログの投稿と反応ができるようになる
書込経験有最高の中の最高の作品の投票ができる
書込経験有自己紹介を公開できる
書込経験有資格者の論客名を別の人が使えなくなる
書込経験有私書の利用ができるようになる
書込経験有評価履歴(リスト/分析)/ファン登録履歴/Myページ閲覧数履歴等が利用可
自己紹介
そんなに深く作品を解釈するほうでないので、
評価は感覚的につけることになると思います。

俳優さんの名前とかは余り頭に入らないので、
ストーリー中心(インパクトや妥当性)で評価します。
特にオススメな作品
■映画
・ジブリの映画
好きなもの「天空の城ラピュタ」「耳をすませば(※)」「風の谷のナウシカ」「魔女の宅急便」
微妙なもの「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」

※主題歌(カントリーロード)は、宮崎訳の自分語りが苦手です。
元の英語の歌詞の方が分かりやすい(映画のテーマは望郷ではありませんけど)。

・戦争映画
「Uボート」潜水艦の映画といえばこれ。見終わった後に深呼吸したくなるくらい、潜水艦の息苦しさが伝わってきます。
「バルジ大作戦」ドイツ人も尊重して描いている点(パンツァーリートのシーン)が良いと思います。考証はいい加減ですけど。

■漫画
・藤子・F・不二雄「ドラえもん」
最初にはまった漫画です。てんとう虫コミックスを16巻まで持っていました。
現在は子供のをたまに読み返しますが、シンプルな線で描かれた絵の背景にある藤子先生の苦心を感じるたびにかけがえのない作品と感じます。

・宮下あきら「魁!男塾」
方向性を模索していたギャグ漫画の時期が好きです。(驚ら四大凶殺以降)バトル漫画になってからも面白く読んでいましたが。

・中島徹「玄人のひとりごと」
未だに全巻持っている漫画その1。倍南がふつうに麻雀を打っているころ(1-2巻)が特に好きです。

・能條純一「月下の棋士」
未だに全巻持っている漫画その2。登場人物すべてキチガイといっても過言ではない漫画ですが、将棋部に在籍していた自分としてはあれにも一片の真実があると思うのです。

・田中誠「ギャンブルレーサー」
独特の画風に詰まっている、競輪への愛と競輪ファンを代表する(競輪選手は代表していないと信じたい)関優勝のクズっぷりが最高です。

各分野で最高の作品 [ヘルプ]

無し
↑上へ