bit

総閲覧回数:150,358回 / 推薦評価:34個(内 論客22人) / ブログ拍手:1,438
 26日25日24日23日22日21日20日19日
閲覧53 (+13)40 (+25)15 (+5)10 (-42)52 (+20)3232 (-19)51
階位128127127127127127127128
ポイント502,142502,142502,142502,142502,142502,142502,142502,142
偏差値73.3373.3473.3673.3773.3873.3873.3973.38

最近閲覧されたログイン状態の論客
雪霞 / 消しゴム / シャル / OYJAR40 / ゴーグル侍 / てとてと / アマンドの木 / かぷ / 伏魔の剣 / オルタフォース / 塩キャラメル / CHIGE / ルネサント / はんぶらび / でぃすだーく / 愛をください / 情熱 / フェティア / ウクレレ / アカマ / 弥生一 / れいんぼーきんぐ / アニメ猫 / 十傑集 / ねぎ麻雀 / KAMIKAZE / ミルナ- / カイネル・ドゥ・ラファティ / taku、
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集(無)

ハンドルネームbit
総合階位128位
評価ランク118位 (502,142ポイント)
ユーザー活動ランク184位 (188,495ポイント)
推薦系獲得ランク84位 (313,647ポイント)
評価の分布
 最高とても良い 良い 普通 悪い とても悪い最悪
回数84641231210
割合6.1%35.1%31.3%17.6%9.2%0.8%0.0%
加算分布6.1%41.2%72.5%90.1%99.3%100%100%
分布要約72.5%17.6%10%
評価傾向暖かい目が基本ながらたまに問題点を指摘する論客。
好評系が多いが、最高は節度をもって絞って付けている。
論客ポイント
(1日1回更新)
項目ポイント
被推薦評価 22人から 34個347,097 pnts69%
評価換算文字数130,799文字130,799 pnts26%
評価作品数131個78,600 pnts16%
共感14個1,400 pnts0%
コメント作品数2個40 pnts0%
最近の存在感倍数 x 0.9 
合計 502,142 ポイント 
偏差値73.33
文字数360,836
発言数133
最新投稿2019/10/31 (作品評価)
最古投稿2011/08/14 (作品評価) / 2011/08期[日時順/階位順]
論客暦8年80日 (3,000日)
アニメ階位139位 (384,251ポイント)
ドラマ階位906位 (1,600ポイント)
日本映画階位147位 (33,020ポイント)
海外映画階位54位 (137,665ポイント)
推薦した評価 有り
性別男性
保持権限
有無必要階位権限内容
×1-100称号を持つ
1-1000作品の追加提案の承認/否決権限を持つ
1-2500削除提案ができる
1-5000作品情報の更新提案提出・更新の承認権限を持つ
1-4000他己紹介ができるようになる
1-5000情報DBの各項目の追加・編集ができる
1-5000攻略記事を追加できる
1-5000運用掲示板を閲覧・投稿できる
階位有良いと思う評価の推薦が出来るようになる
階位有評価に共感を送れるようになる
階位有作品の追加提案提出権限を持つ
書込経験有ブログの投稿と反応ができるようになる
書込経験有最高の中の最高の作品の投票ができる
書込経験有自己紹介を公開できる
書込経験有資格者の論客名を別の人が使えなくなる
書込経験有私書の利用ができるようになる
書込経験有評価履歴(リスト/分析)/ファン登録履歴/Myページ閲覧数履歴等が利用可
自己紹介
ざっくりと言えば「MTV世代」「ガンダム世代」というところでしょうか。

小学生の時にはガンダムに端を発するアニメブームにどっぷり漬かり、中学の頃にはスピルバーグの映画が話題だったと思います。高校の頃にレンタルビデオが一般的になり、映画やOVAをよく観たものです。金のあった社会人ン年生の頃は足繁く映画館に通いましたが、現在は映画館に通う余裕など無い不景気まっさかり。

初めて映画を面白いと思ったのは、小学生の頃にテレビで観た「ポセイドン・アドベンチャー」でした。おかげで予定調和な映画は少々苦手になりました。

アニメは未だに結構見ています。若い頃には痛々しい「俺のアニメ論」などを厚顔無恥に語ったりしていたものですが(苦笑)、大人の事情を察する事が出来るようになった現在でも時々若い頃の厚顔無恥さが顔を出す事があります。そこはどうか生暖かい目で見逃してやってください。

各分野で最高の作品 [ヘルプ]

無し
↑上へ