CGアニメが増えてきた。

総閲覧回数:159,387回 / 推薦評価:35個(内 論客23人) / ブログ拍手:1,514
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
<=次の記事 コロな話。
=>前の記事 「質」の話。

1.
2020/02/08 「CGアニメが増えてきた。」 分類: コラム的な
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:13個

深夜にテレビをつけたら「バンドリ!(第3期)」というCGアニメが放送されていた。
なかなか悪くない見栄えと出来のCGだったが、僕は「美少女アニメもCGになったのかぁ」と結構驚いた。

まぁCGアニメってすっかり珍しくないものになった感がしますし、少し前だと「シドニアの騎士」「けものフレンズ」「リヴィジョンズ」、最近だと「蒼天の拳」「BEASTERS!」「空挺ドラゴンズ」など、またはプリキュアシリーズのエンディングアニメはCGアニメで作られる事が定番化しています。

が、その、いまさら言うのもどうなんだ?って感じの事を書きますけど。

CGアニメって、普通のアニメじゃないからね。

殆どのCGアニメはアニメーター経験の無い人が作ってますから。

CGアニメと言うのはもちろんコンピューターでCGを作っているわけですが、アニメーションの分野では人形をコマ撮り撮影したストップモーションアニメに近いものです。
近年のストップモーションアニメだと海外作品ですが「犬ヶ島」とか「KUBO 二本の弦の秘密」とかのほうがCGアニメに近い。

CGアニメでもアニメ製作のベテランが参加した作品はCGなのに普通のアニメっぽい映像に仕上げてあったりします。
たとえば「楽園追放」ではキャラのアップの顔は手描き作画、爆発の煙などのエフェクトも手描き作画と手間がかかっています。
たとえば「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」でのエヴァや使途のCGは、手描き作画でタイムシートを作って、それにあわせてCGを作っています。

そうではないアニメーター経験の無いスタッフの作ったCGアニメは大体が残念な出来栄えで、ぶっちゃけソシャゲの宣伝アニメーションに負けているように思います。
「アクションシーンなのに1秒8コマ」とか「喋る時に無駄に頭が前後に揺れる」とか「オーバーアクションか棒立ち」とか。

最近個人的にかなり気になっているのは、
「CGアニメが普通のアニメと同じと思って観ている人ってどれぐらいいるのだろう?」
って事で。

あまり多くはないと思うのですが、こういった事を気にしない人も多そうだなぁと。

CGキャラって横顔やアオリでデッサン破綻しているのがバレバレになるじゃないっすか。
美少女フィギュアでもブサイクに見える角度があるわけですし、デフォルメキャラであるアニメ絵を立体にするのってどうしても破綻する部分が生じるわけで。
でも気にならない人も増えてきているのだろうなぁと。目が慣れますからねぇ。

ところでモンストとかDMM18禁バナーの宣伝動画の動くイラスト調のアニメ映像って何のソフト使っているんだろう?えもふり?Live2D?

コメントする(論客のみコメント可能記事)13個


bit さんのコメント (2020/02/09) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>おかわり君さん
コメントありがとうございます~。メッチャ語り倒したいけど長くなるので出来るだけ簡素に(笑)。

「ラブライブ」のCGは結構お金をかけて作っているなかなかしっかりしたCGアニメなのですが、Wikiを見た感じCG製作は複数の会社が分担して手掛けているようなのでスタッフの技量がそのまま出来に影響してしまったのかなぁと。
例えばプリキュアのエンディングCGアニメは相当凄い完成度なのですが、たしか凄腕のCGクリエイターがめちゃめちゃこだわって作り込んでいた筈で、雑誌「CG WORLD」の表紙CGなどは僕でも手描きアニメ絵と判別できないハイクオリティでした。
「ラブライブ」規模の多数のキャラがダンスを踊るアニメを手書きだけで作るとなると凄腕アニメーター数人がかりで数ヶ月(半年とか)かかると思うので、一概にCGだからダメとは言えないところもあって結構悩ましいです。

「CGアニメだけど部分的に手描き」という事は実は頻繁に行われていて、たとえば「ほんの数秒しか登場しないキャラ」のシーンはポリゴンを作って骨格設定してモーションを作るより手描きで済ませたほうが安上がりだからという理由です。作品の質を底上げする為に手描きアニメが用いられるのではなく、制作費を安く済ませる為にも手描きアニメが用いられているのですよねぇ…。

ピクサー&ディズニーのアニメは「フルアニメ」なのでCGアニメとは相性が良いと言えます。「塔の上のラプンツェル」とかめっちゃアニメしてて面白かったなー。(ディズニーは20年ほど昔に手描きアニメーターを超大量リストラしているので手放しに褒められないのですけど)

日本のアニメは「リミテッドアニメ」なので、基本的にフルフレームで動画をレンダリングするCGとは相性が悪かったりします。たとえば…「VtuberのCG動画」はフルアニメと言えるのですが全然アニメっぽい動きじゃないですよね。普通のアニメーターならその理屈がわかる筈なのですが、CGアニメ作っている人達は多分その理屈を理解していないんじゃないかなぁと思います。

日本のアニメでCG作品が増えているという事はその分だけ手描きアニメーターが仕事を失っているわけですが、そういった方々がどこで仕事をしているかというと中国アニメらしいんですよね。中国アニメに参加しても日本人アニメーターはノンクレジットなので「日本のベテランアニメーターの仕事を日本のオタクが見れない」という奇妙な事になっています。

GGXのCGは凄いですよねー。たしか1フレーム毎に修正をして見栄えを良くしているそうで、ほんと作り手のセンスがものを言うのだなーと。
一方で某格闘ゲームのモーションを「腰が入っていない変な動きだ」と酷評しているアニメ関係者?さんの呟きを目にしたので、やっぱり作り手のセンスとコダワリが大きいのだなぁと。魂は細部に宿るんだな~と思いましたし、僕もそれを見落とさない目を養わなければと再認識しました。

…ってピンボケ気味のレスなのに長くなってしまいスイマセンw。
bit さんのコメント (2020/02/09) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>OYJAR40さん
コメントありがとうです~。ことしもよろしくおねがいします~。

アオリの時のアゴのラインは僕も未だに慣れません。まぁフィギュアもアオリで見ると異形な顔に見えるのですが、フィギュア持ってる人はわざわざアオリでは見ないわけで、その見るに耐えない角度をCGアニメでは平然と用いているのはいかがなものかと思うのですが、まぁ本文中に書いている通りそういった映像のアニメは大体アニメーターではない人が作っているのですよねぇ。

で「楽園追放」っていうCGアニメは、このサイトのレビューでも幾人もが表情を褒めているのですが、その褒められてる表情のところはアニメーターが手描きで修正しているんですよね。やっぱ手描きのアニメーターって凄いよなーと。
おかわり君 さんのコメント (2020/02/08) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
コメント失礼します。

自身の『ラブライブ(第1期)』評価からの一部抜粋・改変になりますが、

「ライブシーンの3DCGはフィギュアが動いている感じ…と言うと褒め言葉にも見えますが、重さが感じられないのと動き(特に表情)が硬いというのが個人的には致命的でした。
重さは、軽いというより重さという概念がないんじゃないかと思えるほどですし、表情も生きていない(死んでるんじゃなくて生きていない)ようにしか感じられませんでした。
整った顔立ちの女の子が踊ってる状況を何となく可愛くは思えても、自分達で動いてるように見えず、動かされてる感じが生物感のないワラワラ感になってしまって、そこに生きたキャラクターが居ると感じられない。
合間合間にアップでイキイキとした手描きが映されるのがまた何とも。良く言えば使い分けなのかもしれないが、落差が酷いです。
手描きとCGとの違いが浮き彫りになり、強制的に視覚のスイッチを切り替える必要に迫られるので物語への集中を妨げてしまう。これならいっそ全てCGにした方が良かったかもしれません。」

もちろん、中には出来がいいCGもあるものの、基本的にはこう感じることが多いです。私は、アップのみ手描きというのも上手くやれれば別ですが、場合によっては中途半端で却って良くないと思う立場です。混在させるからには適材適所ではあるとも思いますが。
面白いのは、無生物の車やロボットなら関係ないかと思いきや、中々手描きのカーチェイスや戦闘シーンのような迫力が出せませんね。

資金力が違うから比べるのもなんですが、ピクサーは手描きのベテラン達がCGクリエイターに動かし方を教える仕事が確立されていて、CGのレベルは上がるし手描きアニメーターもお役御免にならないので良い環境だなと思います。
向こうは手描きの頃とCGになってからでやりたいこと、目指してることが一貫しているからそういうことがやりやすいし、ビジョンもしっかりしてる気がします。
日本のアニメはちょっと方向性がよく分からないというか、コストカットか海外展開がまずあって、CGでの表現についてクリエイティブな展望が個人的にはあまり見えないです。
あと、身も蓋もないですが、CGも結局は手描きと同じくセンスが物を言うのかなと思います。イマイチだなと感じるCGアニメでもたまに目を瞠るようなパートがあって、そこは手描きと変わらないなと。

ゲームですが、『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』のCG技術は凄いと思いました。ストーリーを受け身で楽しむアニメとはこちらの心構えも違うでしょうから、単純比較は酷かもしれませんが。
https://www.4gamer.net/games/216/G021678/20140703095/
以前どこかで見たのですが、ゲームCGクリエイターに言わせるとアニメCGクリエイターのCGは違和感があるそうです。
OYJAR40 さんのコメント (2020/02/08) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。
確かにブサイクに見える向きってありますよね。
自身、苦手だ、と言いつつも、仰るようにだいぶ見慣れてきたように思いますが、アオリの時のアゴのラインだけはどうにも気になってしまいます(苦笑)。


[他の記事も読む]
<=次の記事 コロな話。
=>前の記事 「質」の話。


大分類が「コラム的な」の記事
この論客の記事全て
↑上へ