春アニメ雑感。

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:118,491回 / 推薦評価:32個(内 論客21人) / ブログ拍手:1,247
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
他己紹介
17/02/25
ブログ
[書く]
リンク集(無)
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
<=次の記事 ドラマ版「デスノート」の第1話を観たのだが。
=>前の記事 無性に好きだったアニメ。

1.
2015/06/24 「春アニメ雑感。」 分類: 軽くレビュー
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:9個

というワケで…春アニメの「雑感」を。
「感想」が書けるほど数を見ていないので…。
色々忙しくてアニメ観る時間が取れなかったというのも大きいですが、Steamでゲーム買ったせいで尚更時間が無くなったりして、まぁ、そんな感じでして。

という感じで中途半端な「雑感」を。
きちんと観ていないもの、まだ最終回を見ていない作品でも知ったかぶりでそのまま書き進めます。

あ、今回は久しぶりに辛口で書きます。

-----

・プラスティックメモリー
第1話の段階で僕は「きちんとした設定を築く事で説得力を持たせようという努力がみられない」「脚本家の技量には疑問符が付く」と書いたが、案の定世間での略称がいつのまにか「ガバガバメモリー」と呼ばれていてワラタ。第1話の段階で、既に最終回が「ヒロインと悲恋の別れを遂げる」か「奇跡が起きてハッピーエンド」の2パターンしかないので、そのエンディングまでの10数話は「悲しい別れ」か「奇跡が起きる」かを描く為の下地でしかなくて。
こういった薄い脚本は近視眼的でプライベート性が高く程々で完結する18禁ギャルゲでは通用するけど、より大衆性が求められるテレビアニメで1クールもかけて描いて面白いものではなくて。
辛辣に言えば、そろそろギャルゲの脚本家をチヤホヤするのはやめてほしいところ。

・Fate/stay night
面白いのに退屈だった。完成度は完璧なんだけど不完全な出来だった。これは原作に少々の問題があるからで、原作に忠実なアニメ化という事で言えば非の打ち所の無い作品ですた。
…僕は原作の前作にあたる「月姫」をプレイさせられた事があるけれどメインシナリオ1本読むのが限界でした。ノベル形式の18禁ゲームだから辛うじて成り立つシナリオで、その詰めの甘い脚本を読んで僕は香港映画「妖獣都市」や韓国映画「シュリ」を思い出した。大風呂敷を広げて畳み忘れたまま話が進むという基礎以前のところに問題があるという。「Fate/stay night」でも大規模な事件が起きたのに周囲の人間が存在しないかのように扱われている。
また原作に忠実に…という近年のアニメによくある傾向の為に、クライマックスに相応するアーチャーの正体が明らかになってから最終回までに4話もかかっている。ノベルゲームの文法では成立するのだろうがアニメとしてはメリハリに欠ける。ストーリー自体は非常に面白かったのに、無駄な説明が多すぎて戦闘シーンのコンティニュイティーも寸断されてしまい、激しいバトルの割には熱くなれないという非常に勿体無い事になっている。
そろそろギャルゲの脚本家をチヤホヤするのはやめてほしいところ。
というか「原作に忠実なアニメ化」もやめてほしく、「原作ファンはより楽しめる」省略の仕方をして欲しいところ。

・ジョジョの奇妙な冒険
ニコ動での無料配信が殆ど観れなかったので雑感さえ書きにくいが、これほど「ストーリー要素」と「ネタ要素」の融合を放棄している作品も珍しいと思う。
以前にも書いた気がするが、ジョジョは第2部あたりまでさほど人気漫画ではなかった。「魔少年BT」「バオー来訪者」からの路線変更で旧来のファンからは微妙な評価で、シリアスなのかギャグなのかもよく理解されていなかった作品だったように思う。第3部が始まった頃、僕の知人のほぼ全員が「ジョジョの不思議な冒険」とタイトルを間違えて覚えていた。スーパーファミコンやアーケードやプレステでゲーム化もされているがどれもヒットしていない。そんな作品だった。
そんなジョジョが現在の人気になったのはネットでコラ画像などでネタにされた事が大きいので、「ストーリー要素」を重視するだけではなく「ネタ要素」も余すところ無く取り入れなければならなかった事は想像に難くないが、説明になっていないナレーションや演出として機能していない書き文字演出はアニメとして薄ら寒い。また原作を省略しない方針の為かストーリー構成が滅茶苦茶で、クライマックスがAパート中盤だったりする事も。なんじゃそりゃ。
とはいえジョジョは劇場版やコーラン問題などでアニメ化そのもののハードルが高くなっていた作品でもあって、そこにファンからの「原作に忠実に」という強い要望が加わって、製作スタッフは本当に大変だっただろうと思うし、よく遣り遂げたなーとも思う。

・アルスラーン戦記
CGを使っている合戦シーンは普通の出来だけど、作画はほとんど海外丸投げで、昔のアニメを見ているかのようなヘッポコな動き。海外作画を修正しているスタッフ様には御苦労様と思うが、しっかり動いている深夜アニメでも叩かれているのだから、より多くの人が見ている夕方アニメがこの程度の出来というのは叩かなきゃ駄目だろと。
本当に動きがギクシャクしているけどそもそも動かない事のほうが多いので笑えるというか泣けてくるというか。それほど酷いのに何故誰も文句言わないのかと。
ストーリー自体は相応に面白いけど、設定や描写などがチープすぎるので「こんなの海外に売れるのだろうか?」とか余計な心配をしてしまう。売れたら売れたで「この程度でも売れるのだから金かける必要ないね!」って事になりそうで怖いけど。

・グリサイアの楽園
すっごく面白いんだけど、低予算っぽすぎる作画が泣けてくる。またストーリー構成がヘッポコなので、「なんでそのエピソードそんなに長く描くの?」「そのあたりもっとじっくり描いても良くね?」という事がしばしば。
面白い作品に潤沢な制作予算と製作期間が与えられるような状況にならないと、こういった問題はなくならないのだろうな~と。あぁ勿体無い。

・ダンまち
僕がブログなどで褒めまくっている作品だけど、これも構成的には微妙なところが多々。また演出も一歩及ばずというところも多々。
なんというか感覚的な感想になるけど、本来もっと話題にならない空気アニメになるような作品だったものを、製作スタッフの熱意と努力で底上げしたかのような印象がある。いやまぁ多分実際には単に演出家が育っていないだけとか、演出を煮詰める時間が無かっただけだろうけど、おおむね良く出来ている故に不出来な部分が残念だなぁと。なんだろこれは?原作の都合とかなのだろうか?
幾つかの不出来はDB/DVDリテイクで品質アップされるだろうけど、個人的にはもっと大予算で再編集再構成した長尺の総集編としてリメイクしてほしいところ。

・SHOW BY ROCK!!
脚本の弱いボンズ作品なのに案外としっかりした脚本の完成度。見せ方も上手くCGアニメとの融合も案外違和感なく。
しかしそれ以上の突出したものが無い為か案外話題になっていない気が…魅力あるキャラにCGアニメの混在と突出しまくっているはずなのに。
映像的にはナイトシーンが多く、魅力的なキャラクターデザインが薄暗い背景の中にいる事が多い印象が。もったいない。足りなかったのは「映像的な明るさ」かも。

・血界戦線
脚本の弱いボンズ作品だけど、まず監督変えると良いと思う。
これだけ全力で凄いアニメを作っているのに全然ワケわかんないっていうのは、もう、なんていうか、本当に駄目だと思う。

・響け!ユーフォニアム
ごめん全然観てない。
ラノベ原作を使わず、アニオタではなく一般層を視野に入れた作品作りをするようになったのは、近年の京アニのブランド戦略なのだろうと思う。自社コンテンツに注力し「たまこまーけっと」を劇場公開し「日常」をNHKで再放送する京アニの目指すところは案外「ポストジブリ」だったりするのだろうが、僕はそういった作品を観たければドラマとか小説とか映画で補充するのでアニオタ的には興味ない会社になりつつある。

-----

という事で久しぶりに「辛口」な雑感でした。
結構ボンヤリした事しか書いてないですねスイマセン。


コメントする(論客のみコメント可能記事)9個


bit さんのコメント (2015/06/28) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>おかわり君さん
コメントありがとうございますますー。

「アルスラーン戦記」でのCGではない馬の作画、だいたい馬が走っているように見えないし、ときどき馬とは思えない形だったりして、酷いというより「それはギャグでやっているのか?」と思うレベルでwww

日5の予算…実はアニメの予算って作品から見抜く事は結構難しくって、低予算なのに製作スタッフが全力出していたり、高い予算なのに手抜きだったり。そもそもアニメって「物凄い職人技の結晶」なので、根本的に出来が悪い場合は「スタッフ以前の問題」である事が多いのですが、「アルスラーン戦記」の場合は監督脚本演出の方々は実力派揃いですから「作画の実製作スタッフに恵まれていない」→「ライデンフィルムが作るアニメ作画はこんな程度」という事が垣間見えます。
周辺情報から日5の予算を計れば「コードギアスR2」「ガンダム00」「ハガレン」「戦国BASARA」「スタドラ」「ヤマト2199」「七つの大罪」とリッチな出来のアニメばかりですから予算が低いという事はない筈ですが、請負時にライデンフィルムが「他より安い予算でアニメ作りますよ」と言って受注競争に勝利したのかもしれません。

>特に海外へはネガキャンにしかなっていないような、と思うのは流石に意識過剰かもしれませんが、気になってしまいます。

僕も同じような事を考えちゃいます。
そしてそういった作品ほど積極的に海外に売り出されていたりするんですよねぇ…。

>ここ数年でかなりこの流れが強くなりましたね。キャラデザ、ストーリー、構図と。さんざん酷い改変をやられての反発だと思いますが、アオリを受けて良改変やアニメとしての強みを押し出す作品も作りにくくなってしまっているかと思うと残念でもあります。

「サムゲダン騒動」などを考えると「酷い改変」ってファンの声とは無関係に行われるんですよね。そして「酷い改変」されたアニメって割合で言えばそれほど多くない。
一方でファンの声を尊重する真面目な製作陣はアニメならではの面白さを封印してまで「原作準拠」に苦心しているわけで、そうして出来上がったものが(「暗殺教室」のように)原作と全く同じものだったが為に話題にもならないのであれば「原作に忠実なアニメ化」を望む声がどれほど無責任なものかと言わざるを得なくて。

>逆に実写の方は良くも悪くも原作と変えてくる事が多いですね。

僕もそろそろ実写版「デビルマン」見なきゃダメかな~と思っています(笑)。目を肥やす為には駄作と言われる作品も見ておかなければと思っているのですが、怖くて観れてません(笑)。
おかわり君 さんのコメント (2015/06/28) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
『アルスラーン戦記』は確かに動きが悪いですね。引いた場面の作画も時々…。

>より多くの人が見ている夕方アニメがこの程度の出来

日5って予算どうなんでしょうね。深夜アニメよりはあると思ってたんですが、そうでもないのかなぁ。全部観ている訳ではないものの、これまであの枠の作品は作画が良いのも多かった印象なので、制作会社の問題でしょうか。

インドに向けて新しく作られた『巨人の星』や『ハットリくん』なんかも酷い動きだったし(インドで作ったらしいですが)、近年の『ドラゴンボール』関連など、一般人や海外の人に(も)向けた作品ほど手抜きが目立つ印象です。こういうところにこそ日本のアニメの技術を見せるべきなんじゃないかと思うんですが。特に海外へはネガキャンにしかなっていないような、と思うのは流石に意識過剰かもしれませんが、気になってしまいます。

>「原作に忠実なアニメ化」

ここ数年でかなりこの流れが強くなりましたね。キャラデザ、ストーリー、構図と。さんざん酷い改変をやられての反発だと思いますが、アオリを受けて良改変やアニメとしての強みを押し出す作品も作りにくくなってしまっているかと思うと残念でもあります。
逆に実写の方は良くも悪くも原作と変えてくる事が多いですね。
bit さんのコメント (2015/06/26) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>アニメ猫さん
コメントありがとうございます~。
ブログに引用されて恐縮ですが、きちんと補足情報を書き加えてあって流石だなぁ。

僕の感想とか評はほぼ常に「群盲象を評す」という事を自認しているのですが、アニメ猫さんが周辺情報や短評を加えてくださった事でより広く伝わるブログ記事になっていると思います。

以下蛇足。
アーマードコアFAのOPムービーはたしかCGスタジオ制作ではなくフロムソフトウェアのスタッフが制作したものだったと思います(記憶曖昧)。
FREEDOMのスタッフはOVA版ボトムズとか「SHORT PIECE」へと進化を続けています。
マクロスは…説明不要ですね。サテライトのテレビアニメでのCGメカは「ジーンシャフト」(2001)が最初で、アクエリオンやマクロスFと続いてます。CG製作はオレンジ。
RWBYは…きちんと調べていないので誤情報かもですが、海外ゲームサークルの一人が日本アニメ好きで、それが昂じて作られたのがRWBYだったような。
アニメ猫 さんのコメント (2015/06/26) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
bitさん、こんにちわー、アニメ猫です。

いろいろと教えてもらってありがとうございます。
気になったのでちょこっと調べてメモしときましたー

http://bdek3712.hatenablog.com/entries/2015/06/26
bit さんのコメント (2015/06/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>アニメ猫さん
コメントありがとうございますです~。

シドニアのメカは格好良いですよねー。いつか原作漫画を一気読みしたいです。

格好良いメカのCGというと「Armored Core for Answer」(2008)が思い出されます。
https://www.youtube.com/watch?v=2Q_H3s9wMGU

コミック風CGでのトゥーンレンダリングでのCGだと「FREEDOM」(2007)がありましたっけ。
https://www.youtube.com/watch?v=eowkBqz8E6A

CGアニメでのハイスピードアクションというと元祖は「マクロスゼロ」(2002)でしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=YONMhXxB6C0

残念な事に作者がお亡くなりになってしまった海外CG同人アニメ「RWBY」(2013)も忘れちゃいけないですね。
https://www.youtube.com/watch?v=ImKCt7BD4U4

「辛口」で評価するとテレビアニメ版「シドニアの騎士」は低コストで作る為に(←重要な事です)クオリティを犠牲にしてでも「CGアニメなのに海外アニメーターに発注」している努力は認めますが、映像としては取り立てて褒めるところはないので、ニワカな僕なんかより、もっとリッチな映像で観たいコアなファンの人こそ手厳しく評するべきと思います。
アニメ猫 さんのコメント (2015/06/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
bitさんへ、
シドニアは、第一期の人物とか表情の描き方がかなり雑だったけど、第二期になって格段によくなりましたよー
人物の動きもなめらかになってきたし、もともとメカで売っているアニメだけに、映像はみておいて損はないかなー
bit さんのコメント (2015/06/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>アニメ猫さん
おはようございます~。

「攻殻ARISE」はタイミングが合わず殆ど観れなかったのですが、アニメ的には非常に優れた作品のように見受けられました。IGが矢継ぎ早に再編集版(劇場→TV版)とか作ったので、レンタルで観るにもどれから手を付ければいいのかで困っています。

「シドニアの騎士」は第1期の数話を観て僕にとっては全く見所のない作品だと感じたので以降一切観ていません。過去に放送された日韓合同制作(実製作は韓国)のフルCGアニメ「RUN=DIM」(2001)を思い出しました。シドニアは原作漫画は面白そうですよね。
bit さんのコメント (2015/06/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>腐ってもエビさん
コメントありがと~ございますー。

Fateは本当に仰るとおりだと思います。
個人的には「このストーリーをベストなアニメにするには劇場用3本かなぁ」と思ったのですがそれでも大幅な再構成が必要ですし、なかなか難しいなぁと。原作準拠の呪いによって総じてメリハリを失った事は勿体無いなぁと思うのですが、原作未プレイの僕にはアーチャーの正体が明らかになるあたりは2クールの時間をかけた価値のある面白さでもありました。

ジョジョも同様の「原作準拠の呪い」に縛られた作品でしたが、もっと悲惨なのは全然話題になっていない「暗殺教室」のほうかと(笑)。「暗殺教室」は(第2話までしか観てないけどw)まるで原作漫画を読んだままのような完璧な原作準拠のアニメ化でしたが、それには本当に価値があるのか?という事を視聴者側が気付かないとヤバイなぁとも思います。
アニメ猫 さんのコメント (2015/06/25) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
bitさんへ、おはようございます

作画指向なら、攻殻機動隊ARISEとか、シドニアもいい。
攻殻はワシはあんまりストーリー追ってないですね。
シドニアはハードなSFで、映像系のこれからの台風の目じゃないですかー
腐ってもエビ さんのコメント (2015/06/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
一番最初のFateはとにかくアニメに向いてない作品なんですよね……
1クールには長く、2クールには短く。別スタジオが作った今回と同じルートの劇場版は圧縮しすぎで、初心者おいてけぼり。
今作もかなりオリジナルを導入して2クールとなるよう尺を調整してるんですが、アーチャー戦に詰め込みすぎたせいか、冗長さは否めない作りに。
さらに1ルートだけだとキャラの描写に偏りがあるうえ、TYPE-MOON作品は全作設定につながりがあって、下手に新設定を加えるのも難しい

しかも前回、別スタジオがやったTVアニメや漫画版はオリジナル構成して袋叩きにあったので、そういう背景も影響してるんだと思います。

ファン的には作画での再現性やら補完やら嬉しいアニメでしたが、ジョジョと同じく「ファン的には楽しめるけどアニメ単体としてはパーフェクトではない作品」でもありましたね
bit さんのコメント (2015/06/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
>アニメ猫さん
コメントありがとうございます~。

>作画よりかストーリーよりかで作品を評価してみると、

お~、僕もだいたい同じような感じです。

>まあ、作画指向なbitさんですかね。

アニメのアドバンテージって作画ですから、そこを無視してもしょうがないよなぁと。

「俺物語!」は少女漫画のアニメ化が上手い浅香守生監督なので観たかったのに観れなかったのでトホホです。
「山田くんと七人の魔女」は…もう完全にノーチェックですた(汗)。製作は「アルスラーン戦記」のライデンフィルムなんですね。
アニメ猫 さんのコメント (2015/06/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
bitさん、こんにちわ。アニメ猫です。

作画よりかストーリーよりかで作品を評価してみると、

ラスティックメモリー 作画4 ストーリー1
Fate/stay night 作画5 ストーリー2
ジョジョの奇妙な冒険 不明
アルスラーン戦記 作画2 ストーリー4
グリサイアの楽園 作画2 ストーリー4
ダンまち 不明
SHOW BY ROCK!! 作画3 ストーリー3
血界戦線 作画4 ストーリー1
響け!ユーフォニアム 作画5 ストーリー3

まあ、作画指向なbitさんですかね。
ワシが、今季で、脚本がいいなと思ったのが
俺物語!!と山田くんと七人の魔女、かな。脚本と演出は良し、だけど作画がアレなアニメ。


[他の記事も読む]
<=次の記事 ドラマ版「デスノート」の第1話を観たのだが。
=>前の記事 無性に好きだったアニメ。


大分類が「軽くレビュー」の記事
この論客の記事全て
↑上へ