MONKEN

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:79,394回 / 推薦評価:9個(内 論客7人) / ブログ拍手:786
 19日18日17日16日15日14日13日12日
閲覧1 (-4)5 (-11)16 (+5)11 (+2)9 (+4)5 (-10)15 (+7)8
階位299299299299299284284284
ポイント214,726214,726214,726214,726214,726
(-11,301)
226,027226,027226,027
偏差値60.0960.0960.0960.1060.1060.6660.6660.66

最近閲覧されたログイン状態の論客
シャル / 消しゴム / HARIKYU / めたこ / ゴーグル侍 / Docty Junsai / 雪霞 / dona / KAMIKAZE / 僕、もらぃもん。 / オルタフォース / ねぎ麻雀 / れいんぼーきんぐ / あかねちゃん / 十傑集 / シューゴ / ミルナ- / 667 / カイネル・ドゥ・ラファティ / オグリキャップ / MANKON / 放浪カモメ / でぃすだーく / レドリック / キノポン / 情熱 / 無限堂 / bit / たぴおか
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ブログ
[書く]
リンク集

ハンドルネームMONKEN
総合階位299位
評価ランク266位 (214,726ポイント)
ユーザー活動ランク313位 (108,143ポイント)
推薦系獲得ランク233位 (106,582ポイント)
評価の分布
 最高とても良い 良い 普通 悪い とても悪い最悪
回数3352814510
割合3.5%40.7%32.6%16.3%5.8%1.2%0.0%
加算分布3.5%44.2%76.8%93.1%98.9%100%100%
分布要約76.8%16.3%7%
評価傾向とても心が広い論客。
好評系が多いが、最高は絞りに絞って付けている。
論客ポイント
(1日1回更新)
項目ポイント
被推薦評価 7人から 9個111,792 pnts52%
評価換算文字数62,235文字62,235 pnts29%
評価作品数86個51,600 pnts24%
共感4個400 pnts0%
最近の存在感倍数 x 0.95 
合計 214,726 ポイント 
偏差値60.09
文字数76,437
発言数86
最新投稿2019/02/13 (作品評価)
最古投稿2011/03/05 (作品評価) / 2011/03期[日時順/階位順]
論客暦7年347日 (2,902日)
アニメ階位422位 (115,490ポイント)
ゲーム階位158位 (93,757ポイント)
漫画階位1372位 (12,879ポイント)
ドラマ階位1514位 (874ポイント)
日本映画階位649位 (2,627ポイント)
推薦した評価 有り
生まれた年1988 / 同年論客[誕生日順/階位順]
誕生日1月8日
性別男性
住んでいる所千葉県 / 同一都道府県在住論客
保持権限
必要階位権限内容
1-300作品の追加提案の承認/否決権限を持つ
1-5000作品情報の更新提案提出・更新の承認権限を持つ
1-5000他己紹介ができるようになる
1-5000情報DBの各項目の追加・編集ができる
1-5000攻略記事を追加できる
階位有作品の追加提案提出権限を持つ
書込経験有作品DB運用掲示板が利用できる
書込経験有資格者のHNを別のパスワードで利用できなくできる(なりすまし/複数人使用を防止できる)
書込経験有削除提案ができる
書込経験有最高の中の最高の作品の投票ができる
書込経験有良いと思う評価の推薦をしたり受けたりできる
書込経験有自己紹介を公開できる
書込経験有ブログの投稿と反応ができるようになる
書込経験有私書の利用ができるようになる
書込経験有評価履歴(リスト/分析)/ファン登録履歴/Myページ閲覧数履歴等々が利用可能になる
自己紹介
わたしは昔から意思の疎通が苦手であり
さらにそういう人間にちっとも優しくない環境であったために当時からかなりつらい思いをしました。
幼少期から父親に虐待を受け、小学5年生以降からは同級生らにイジメを受けるようになりました。
さらに中学生になるとその上に担任教師から理不尽な暴力を受け
この頃は本当に「死にたい」と感じておりました。

成人後も素行が悪いわけでもないのに会社の上司から悪い目で見られたり
SNSでもわたしの発言を早合点して責め立てるようなことをする人間まで現れました。

前述の通りわたしは意思疎通が苦手な一面があるので
あまり目くじらを立てるようなことは避けてください。

わたしだってつらいのです…。


好みの傾向
わたしは劇画のような緻密な絵柄よりも
シンプルで愛らしい絵柄を好む傾向にあります。
手足も肉付きがあるものより、ほっそりしたものが好きです。

またゲームに関しては日本語フルボイス仕様をあまり受け入れない傾向にあります。
但しアニメやドラマが原作だったり
初めからフルボイス仕様前提で作られている作品はこの限りではありません。


評価のつけ方
わたしは基本的に相対的に見て評価しています。
つまりその作品を評価するにあたり別の作品と比較しているわけです。
また、そのジャンルの表現に考慮しながら評価をつけています。
例えば子供向け作品で犠牲者が出るような表現を用いた場合、不評をつけてしまう場合があります。
逆に暴力表現が多い作品は「ジャンルの性質上やむを得ない」ということで「普通」以上になることがあります。

なお、後に誤字や文章表現に問題があった場合
予告も無しに訂正することもありますが、ご了承ください。

完璧なものをつくろうという意気込みを感じる作品。
キャラクター・世界観・ストーリー構成がすべてにおいて高水準な作品

最高評価をつけることにしています。
最悪は人を不快にさせる恐れがあるのでつけることはしません。

わたしは極力、不評はつけないようにしています。
ただ全体的に魅力もなくさらに犠牲者まで出してしまった場合
悪いを。

またさらにその上に
「差別を助長する描写」や「暴力のみで楽しませる作品」
と判断した場合とても悪いをつけることにしています。
(ただしこれはよっぽどのことがなければつけることはありません)

また、どんなにすばらしいと思える作品でも残虐な描写や暴力的なシーンが目立つ(ゲーム評価ではCEROに抵触する表現を含む)場合は
とても良い以上をつけることはせず良いにとどめることにしています。

各分野で最高の作品 [ヘルプ]

無し
↑上へ