MONKEN

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:60,507回 / 推薦評価:8個(内 論客6人) / ブログ拍手:572
 23日22日21日20日19日18日17日16日
閲覧14 (+1)13 (+12)1 (-6)7 (+2)5 (-8)13 (+11)2 (-5)7
階位324324324324324325325313
ポイント199,659199,659199,659199,659199,659199,659199,659
(-10,508)
210,167
偏差値60.0860.0860.0860.0860.0860.0660.0660.45

最近閲覧されたログイン状態の論客
破壊大帝 / 凸立 / けんぼー / 消しゴム / シャル / 放浪カモメ / ゴーグル侍 / 将刃 / ねぎ麻雀 / めたこ / 伏魔の剣 / Barnirun / 十傑集 / CHIGE / かぷ / シューゴ / りんご(TKM) / バリル / オルタフォース / ねこじゃらし / バリ / / ks-eleven / uyam / アーマーひろっち / 667 / オレンジピューレ / ウクレレ / サンシースー
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ブログ
[書く]
リンク集

ハンドルネームMONKEN
総合階位324位
評価ランク298位 (199,659ポイント)
ユーザー活動ランク310位 (110,473ポイント)
推薦系獲得ランク283位 (89,186ポイント)
評価の分布
 最高とても良い 良い 普通 悪い とても悪い最悪
回数4303314720
割合4.4%33.3%36.7%15.6%7.8%2.2%0.0%
加算分布4.4%37.7%74.4%90%97.8%100%100%
分布要約74.4%15.6%10%
評価傾向暖かい目が基本ながらたまに問題点を指摘する論客。
好評系が多いが、最高は絞りに絞って付けている。
論客ポイント
(1日1回更新)
項目ポイント
被推薦評価 6人から 8個93,580 pnts47%
評価換算文字数62,287文字62,287 pnts31%
評価作品数90個54,000 pnts27%
共感3個300 pnts0%
最近の存在感倍数 x 0.95 
合計 199,659 ポイント 
偏差値60.08
文字数70,233
発言数90
最新投稿2017/03/18 (作品評価)
最古投稿2011/03/05 (作品評価) / 2011/03期[日時順/階位順]
論客暦6年15日 (2,205日)
アニメ階位461位 (101,833ポイント)
ゲーム階位161位 (89,857ポイント)
漫画階位1347位 (13,090ポイント)
ドラマ階位709位 (2,474ポイント)
日本映画階位617位 (2,613ポイント)
推薦した評価 有り
生まれた年1988 / 同年論客[誕生日順/階位順]
誕生日1月8日
性別男性
住んでいる所千葉県 / 同一都道府県在住論客
職業漫画家志望者
保持権限
必要階位権限内容
1-5000作品情報の更新提案提出・更新の承認権限を持つ
1-5000他己紹介ができるようになる
1-5000情報DBの各項目の追加・編集ができる
1-5000攻略記事を追加できる
階位有作品の追加提案提出権限を持つ
書込経験有作品DB運用掲示板が利用できる
書込経験有資格者のHNを別のパスワードで利用できなくできる(なりすまし/複数人使用を防止できる)
書込経験有削除提案ができる
書込経験有最高の中の最高の作品の投票ができる
書込経験有良いと思う評価の推薦をしたり受けたりできる
書込経験有自己紹介を公開できる
書込経験有ブログの投稿と反応ができるようになる
書込経験有私書の利用ができるようになる
書込経験有評価履歴(リスト/分析)/ファン登録履歴/Myページ閲覧数履歴等々が利用可能になる< /td>
自己紹介
朗報が出るまで活動休止

わたしは昔から人に自分の思いを伝えるのが苦手であり
さらにそういう人間にちっとも優しくない環境であったために当時からかなりつらい思いをしました。
学校ではイジメを受けていたにも関わらずわたしの発言が都合のいいように解釈され
わたしが一方的に悪いような扱いをされました。
さらには中学生時代の担任教師(わたしがイジメられていることを知っている)にも暴行を受けました
家の中でも説明がうまくないという理由で父親から暴力を受けたりしました。
(これは現在になっても変わっていないのでなるべく父親とは離れている)
さらに昔、勤めていた会社では別に乱暴な言葉遣いをしたわけでも粗悪なことをしたわけでもないのに
急に上司に胸ぐらをつかまれたりしました。
そしてここのサイトでもわたしのブログでの発言を都合のいいように解釈し
傷つけるような発言をした方も現れました。

わたしは思います。
わたしのような人間は生きる資格などないのでしょうか?
迫害を受けても当然なくらい罪深い存在なのでしょうか?

悩みを相談しても徹底的に無視されるくらいですから…。


好みの傾向
わたしは子供っぽい絵柄(等身が低かったり手足を細く描いている絵柄)を好む傾向があります。
中でも「擬人化した動物たちのほのぼのとした日常」を描く作品が大好きで高評価になる確率が高いです。
逆に暴力的な作品や色気が強い作品が嫌いで
特に「登場人物の大半がミニスカートキャラ」は見てるともどかしい思いをしてしまいます。
それにしてもなぜ漫画キャラの女子学生服はミニスカートが多いのだろうか……?



評価のつけ方

わたしは基本的に相対的に見て評価しています。
つまりその作品を評価するにあたり別の作品と比較しているわけです。
また、そのジャンルの表現に考慮しながら評価をつけています。
例えば子供向け作品で犠牲者が出るような表現を用いた場合、不評をつけてしまう場合があります。
逆に暴力表現が多い作品は「ジャンルの性質上やむを得ない」ということで「普通」以上になることがあります。
わたしの作品評価を見る時はそのことを留意するようお願いします。

完璧なものをつくろうという意気込みを感じる作品。
キャラクター・世界観・ストーリー構成がすべてにおいて高水準な作品

最高評価をつけることにしています。
最悪は人を不快にさせる恐れがあるのでつけることはしません。

わたしは極力、不評はつけないようにしています。不評になってしまう要因は具体的に
・イジメ・差別表現
・ギャグの範囲になっていない下ネタ
・ギャグの範囲になっていない強引な展開
・むごたらしい暴力シーン
・伝えたいことが伝わっていない
・救いようのない終わり方

などです。
だがこのような表現があっても、必ず不評になるわけではありません。

不評は悪いだけで済ませたいが場合によってはとても悪いをつけることもあります。
とても悪いをつける要因となるのは
・価値のない人間の存在を肯定し、冒涜する表現
・メッセージ性が感じられず、ただ暴力だけの表現

これは許すことはできません。ただしこれはよっぽどのことがなければつけることはありません。
また、どんなにすばらしいと思える作品でも残虐な描写や暴力的なシーンが目立つ場合は
とても良い以上をつけることはせず良いにとどめることにしています。

またわたしはフィクション(作り話)であっても
実際にこのようなことが起こったと見て評価しています。
つまりスタッフ等に文句をつけるようなことはしないというわけです。
これはそのようなことをするのは失礼だと考えてるからです。

各分野で最高の作品 [ヘルプ]

無し
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声