恋愛ラボ 第13話 ( 最終回 ) 「 その手を重ねて 」

総閲覧回数:1,117,362回 / 推薦評価:118個(内 論客45人) / ブログ拍手:18,489
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 萌酒サミット×SAKE 祭り 2013
=>前の記事 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第12話 ( 最終回 ) 「 モテないし 、将来を考える 」

1.
2013/09/27 恋愛ラボ > 恋愛ラボ 第13話 ( 最終回 ) 「 その手を重ねて 」」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:9個


恋愛ラボ 第13話 ( 最終回 ) 「 その手を重ねて 」


2013/09/27 須王様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/09/27 サンシースー様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/09/27 KAMIKAZE様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/09/27 ナムル様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/09/27 634様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/09/28 消しゴム様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/09/28 けんぼー様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/09/28 名もなき詩人様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/09/29 竜巻回転様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
 





 やっぱり 「 リコ 」 と 「 マキ 」 の友情譚でまとめてきましたね 、「 恋愛ラボ 」 の最終話 。
いろいろと紆余曲折もあったけど 、とうとう嘘を告白しちゃいました 。
「 リコ 」 にとっては長い長いイバラの道だったようだけれども ・・・・・ ね 。 (^_^)



~ マキがおかしな挙動を繰り返し 、さらに恋愛研究を控えようと言い出した 。
リコは 、自分のウソがバレたのではないかと気になるが 、確かめることができない 。
リコとマキの微妙な空気にエノとスズも不安な様子 。
リコはサヨを相手に 、マキにウソを打ち明ける練習をするのだが 、煮え切らないリコについにサヨは檄を飛ばす … ~ 








 キッカケを作ったのは第3の男子クンでしたか 。
「 ナギ 」 君も良い仕事はしていましたが 、結局はイイ奴止まりで報われませんでしたな 。
原作の方ではこの後 「 リコ 」 との関係はどうなっているんでしょうか ? 




 「 一緒にいろんな経験をして 、同じ目線で悩んだりできる 」 ・・・・・ 。
こういう女の子の友情ってのは男の子の私にはよくわからないのですが 、イイもんですよね ~ 。
かくして 「 リコ 」 と 「 マキ 」 の深い絆が成立となりました ・・・・・ 。






 気分も一新 、また生徒会 & 新聞同好会協同で恋愛研究に打ち込めそうですね 。


 ・・・・・ さて、今回は最終回という事で レビューの方は軽く場面場面をピックアップするにとどめて 総括的に
書いてみようと思いますが 、この 「 恋愛ラボ 」 、原作派の方には色々と不満もあったようですが 、アニメ
オンリー派として見る限り 「 恋愛を夢見る女子中学生達のお話 ・・・・・ 」 として楽しめましたね 。
別に原作の辛辣さがなくても良いのではないかな 。

何よりも中学生らしく 「 恋愛 」 に関しては実に無垢で初々しいところが新鮮でした 。
スタイルとしてはひと昔もふた昔も前から続く 少女恋愛ギャグ のパターンなんですが 、このスタイルは時代を超えて
愛される と言う事を証明してくれた作品でもありましたね 。
本作は 萌え も お色気 もない至って健全な作品で 、いわゆる 「 日常系 」 とも違いますが 、
最近はこんなアニメがなかったから 却って新鮮に感じたのかもしれません 。

 本作のいちばんの見どころは お嬢様である 「 マキ 」 の天然ボケと 、それとは対照的に大衆的な活発少女の 「 リコ 」
のツッコミにあると思いますが 、この2人を含めた5人のキャラクター達も可愛かったですね 。
「 ナギ 」 と「 ヤン 」 男子2人もなかなか良いスタンスで味がありました 。





 特に 「 リコ 」 のキャラクターについて言わせてもらいますと 、アニメにおける女子中学生のキャラというのは
幼女風から熟女風まで まったくの千差万別で 、本当に雲霞の如くにキャラクター設定が存在するのだけれど 、
実のところやっぱりどれもが2次元世界の非現実的な女の子ばかりな訳でして 。

ところが30年来民間教育現場で女子中学生に接してきた自分には 「 リコ 」 のこの容姿といい 喜怒哀楽のはげしい
性格といい 実に 「 居そう 」 な女の子なんですよ 。
そこが大いに親しみも感じたし 、可愛くもありましね 。
ただ 、自分が播いた種とはいえ 、終始ストレスに晒されていたのは可哀想ではありましたが 。




 他には 「 マキ 」 の天然っぷり可愛さは言うに及ばずといったところですが 、「 エノ 」 に関してもいい素養が
ありながらあまりインパクトのある役割がなく 、動かしようによってはもっともっと楽しいキャラになったのになぁ 、 
と思うとちょっと残念でしたね 。 

どうして 「 リコ 」 が 「 ナギ 」をフッたのかなど未解明の部分もあるので、2期を期待する声もあるようですが 
ひとまず綺麗に終わったし 、続編は特に必要ないかな 。




 と言う事で 、本作は傑作とはいかないまでも 時々は「 リコ 」 と 「 マキ 」 の絡みがもう一度見たくなって録画
を取り出してしまう ・・・・・ 。
そんなほのぼのとしたスタンスのアニメだったと思います 。

作品DB評価板にも投稿しときました。
http://sakuhindb.com/janime/7_LOVE_20LAB/2013-09-27T19_54_24.html


トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/297/4665ecc5/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/297/trackback

コメントする9個


HARIKYU さんのコメント (2013/09/27) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

腐ってもエビさん、毎度コメントを有り難うございます。

本作のスタイルは昭和40年代頃からある 凄~くオーソドックスな少女コメディなんですが、今こうしたアニメが却って新鮮に感じられるのは
質も何もかもが向上したと思われている現代アニメの思わぬ盲点を警告しているのかもしれませんね。
腐ってもエビ さんのコメント (2013/09/27) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
最近は当たり障りのない日常系がメインだったためか、こういう原点回帰的なコメディは新鮮に感じられましたね。ちゃんとキャラを多角的に掘り下げるためにシリアスもやってたのは好印象。着地もキレイに纏まってましたね。
魅力的なキャラの存在もあって、のめり込むほどではないにしろ、なかなか楽しめた作品でした。


[他の記事も読む]
<=次の記事 萌酒サミット×SAKE 祭り 2013
=>前の記事 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第12話 ( 最終回 ) 「 モテないし 、将来を考える 」


大分類が「恋愛ラボ」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ