変態王子と笑わない猫。 第12話 ( 最終回 ) 「 変態王子と記憶の外 」

総閲覧回数:1,162,166回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,562
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 土砂崩落
=>前の記事 道端花壇

1.
2013/06/30 変態王子と笑わない猫。 > 変態王子と笑わない猫。 第12話 ( 最終回 ) 「 変態王子と記憶の外 」」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:11個


変態王子と笑わない猫。 第12話 ( 最終回 ) 「 変態王子と記憶の外 」 


2013/06/30 けんぼー様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/06/30 SWAN様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/06/30 634様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/06/30 クータン様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/06/30 墨汁一滴様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/06/30 竜巻回転様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/06/30 ばんちょう様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/06/30 S・N様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/07/01 消しゴム様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/07/03 霧の童話様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/07/03 名もなき詩人様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
 





 なるほど 、そういう事だったのか ・・・・・ ! ということで 「 陽人 」 の記憶喪失の理由もすっきり回収して
最終回を迎えました 、 「 変態王子と笑わない猫 。」 の第12話 。
実にハートフルな心暖まる最終回で良かったですね ~ 。 (^_^)





 結構真面目なストーリーになりましたが  、結局 幼 「 陽人 」 は 「 つかさ 」 さんと過ごした楽しい記憶を
そっくりそのまま幼 「 つくし 」 姉さんにテレポートしてしまった ・・・・・ という訳だったのですね 。 





 それにしても幼 「 陽人 」 は何と人間の出来ていたことでしょう 。
いつから残念な変態王子になってしまったんでしょうかねぇ ・・・・・ 。 








 実は猫神には 『 引き寄せる猫 』 という 、 願ったものは何でも持ってきてくれるけど 願ってない形でしか
叶えてくれない悪玉の猫神と 、『 引き渡す猫 』 という 、 要らない何かを必要とする誰かに渡してくれる
善玉の猫神の2種類があったとは ・・・・・ 、 これまた解読上の盲点でした 。 

いや ~ これはやられたなぁ 。
騙されたというか 、 逆の意味での快感 、 一杯食わされた快感を感じましたね 。
そして 、 今回幼 「 陽人 」 が発動させたのは後者の猫神の方でした 。 




 
 結局 「 陽人 」 は記憶をなくす事になるし 、「 つかさ 」 さんもじきに亡くなってしまうのだろうけれど 、
一時でも筒隠親子を幸せにしてあげられたのは 、 幼「 陽人 」 は男として大きな仕事を成し遂げましたね 
・・・・・ 。
結局いちばん幸せだったのは鋼鉄姉さんではないのかな 。





 過去に飛ぶことになった真相も 、実は 「 月子 」 のために昔を思い出したいという 「 陽人 」 の願いが
聞き入れられたものだったんですね。












 幼「 陽人 」 のお願いの代償は 、誰かに会った事や話した事をその時は覚えていても 、それが思い出に変わった途端に
忘れてしまうというというものでして 。
「 月子 」 と過ごした日々が思い出になったら 「 陽人 」 がその事を忘れてしまうのはお互いに嫌 ! という訳で
これからも現在進行形の ♡ でやっていこうとのお約束 。(^_^)
それにしても 「 月子 」 からの求愛とは恐れ入りました 。
時代も変わったもんですね ~ 。
一昔前の作品だったら絶対にこんな場面はなかったろうなぁ 。





 ラストの円団で 「 梓 」 が残念っ子になってしまったのが気の毒でしたが 、夢の中では願いは叶ったようで 、
まだまだチャンスはあると思うので くじけずに頑張って欲しいですね 。






 そして 
・・・・・ 表情を失ったこの娘と思い出をなくした僕 。
これから2人にどんな未来が待っているか 。
それはまだ誰にもわからない 。
もしかしたらそれはドロドロの泥沼地獄なのかも知れない 。
誰かを幸せにする事は誰をも幸せにする事とは違うのかも知れないけれど、それでも僕は女の子を泣かせたくないんだ 。
絶対に 。
・・・・・ ということで本作も最終回無事クランクアップとなりました 。




 本作はちょっと普通の萌えアニメとは一線を画す微笑ましいラブコメでありましたね 。
原作継続中のアニメは往々にして最終回投げっぱなし作品が多いのですが 、本作は1クールアニメとして
さっぱりまとまった感じだったし 、これも誉めたい点のひとつ 。
何だかもっといろいろなエピソードも見てみたいし 、これは原作がたまったら是非2期も作って欲しいですね 。


総括的な感想と評価は こちら に書きましたので、よろしければご覧になって下さい 。

また4話からのレビュー記事は  こちら 
途中からのレビューになってしまいましたが 、 最後まで読んで頂きまして有り難うございました。

作品DB式総合評価  ★★★★★★☆  とても良い

なお本作は作品の出来とか質以外の全然別の次元で火を吹き出してしまったアニメとなってしまって 、これは本作にとって非常に不幸な事でしたね ・・・・・ 。


トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/268/2e46d6b6/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/268/trackback

コメントする11個


HARIKYU さんのコメント (2013/07/01) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

竜巻回転さん、毎度拍手とコメントを有り難うございます。

さて、まずは何をさておき、評価推薦もどうもありがとうございます。
「月子」ともどもお礼をさせて頂きます。
またレビューにも最後までお付き合い頂き、これ又ありがとうございました。_(._.)_



本作は「月子」というこれまでに既視感のないキャラクターの可愛さと、猫神絡みの珍エピソードの相乗効果で個人的には凄く楽しめた作品でしたね。
ただ好評系が意外に少数で、悪評系の方がはるかに多いというのはかなり腑に落ちない現象ではありますが、
私の場合、レビュー記事やキャプチャー画を採るために2度3度と見返しているので面白さが伝わってくるんですが、
残念ながら通り一遍の視聴だけでは本作の良さは伝わっていかないんでしょうね。
竜巻回転 さんのコメント (2013/07/01) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、お邪魔します。

最終回は今までの伏線として張られてた陽人の記憶喪失に関する真相が
一番の注目点という所でしたけど、
なるほど、幼い陽人が思い出を引き渡したというのが理由でしたか。
ただ筒隠親子の為に思い出を渡した事で
陽人が思い出となった物を覚えてられなくなったというのは
何とも切ない物が有りましたが、
でも最終回に付いては筒隠親子の心が通じ合ったハートフルな部分と、
その裏で陽人が思い出を喪失してしまうという切なさも重なって、
非常に印象的な最終回になったと言えましたね。

それと猫神が2種類いたというのも意表を突かれた感じですが、
猫神に付いて個人的には完全に1種類だけだと思い込んで注意深く観てなかったので、
この辺りの猫神に関する部分は後から言われて気付けるという感じで
完全に盲点となってましたね。

それでは。


[他の記事も読む]
<=次の記事 土砂崩落
=>前の記事 道端花壇


大分類が「変態王子と笑わない猫。」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ