変態王子と笑わない猫。 第6話 「 ようこそマイフレンド 」

総閲覧回数:1,154,062回 / 推薦評価:122個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,562
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 ベンチ
=>前の記事 フォトカノ vs 初恋限定

1.
2013/05/20 変態王子と笑わない猫。 > 変態王子と笑わない猫。 第6話 「 ようこそマイフレンド 」」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:10個


変態王子と笑わない猫。  第6話 「 ようこそマイフレンド 」


2013/05/20 墨汁一滴様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/05/20 S・N様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/05/20 634様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/05/20 春の夜月様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/05/20 けんぼー様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/05/21 竜巻回転様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/05/21 消しゴム様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/05/21 名もなき詩人様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2013/05/22 破掌バイオレット様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2013/05/22 霧の童話様より拍手を頂きました。ありがとうございます。






  今週はかなりお色気要素が横溢かつ充実しておりましたね 、「 変態王子と笑わない猫 」 の第6話。

・・・・・ この作品 、今期のアニメの中ではこれといった悪評も聞かないけど、かといって評判の高いアニメになっている訳でもなく 、
いまひとつの人気といったところだと思うのですが 、私的には 「 月子 」 をはじめとした登場キャラクターは可愛いし 、
謎解き要素などのストーリーも加わって案外面白いと思うのですよ 。

 何よりハイテンションでけたたましいヒロインや 、アクやクセの強すぎるヒロインではなく 、総じて地味な印象は受けますが 、
ヴィジョンからの 「 疲れ 」 を感じない 、これが良いと思いますね 。
みなさんはどうお感じでしょうか 。




 さて 、「 陽人 」 の部屋が筒隠家の土蔵にワープしてしまった謎解きは後回しにして ・・・・・  。





 「 月子 」 に見つかってしまったエッチDVD 、見事に盤面をシャカシャカにしてポイされてしまいましたね 。 
これはもうどんなことをしても再生不能でしょう 。( 笑 ) 


 


 「 陽人 」 の考えによると土蔵の笑わない猫が 部屋をワープさせた犯人ではないかと 。
で 、鋼鉄の王 「 つくし 」 に聞くと 、筒隠家は猫神筋で 、『 猫神は憑いた家に居座り願いを引き寄せて繁栄をもたらすが 、
短命の祟りをを与える 』 というものらしいですな 。

変態嫌いの副部長 「 舞牧麻衣 」 も登場してましたが 、『 ドロドロに白濁した遺伝子液 』 とは何て凄い表現なんでしょう 。(^_^;)
今後彼女がストーリーに絡んでくるような事はあるかな。
「 梓 」 からの電話はスルーしちゃいましたねぇ 。






 いまだに 「 月子 」 に近づく男を 「 陽人 」 の弟だと思い込んでいる鋼鉄の王ですが 、単純な人ですね ~ 。
「 月子 」 からその 「 弟 」 を引き離すべく 、誘惑して2人の仲を引き裂く作戦へと進展することになりましたが 。











 猫像が願いを引き寄せるというのは事実だったようで 。
「 陽人 」 が 「 梓 」 のビキニを見てみたいと思うと梓が沖縄から飛んできたり 、「 梓 」 が 「 陽人 」 に
お臍をコチョコチョして欲しいと願うと本当にそうなったり 、また取り消しが効くというのも判明しましたね 。
それにしてもこのコチョコチョシーン 、何ともエッチいのでした ・・・・・ 。







 



 さて 、問題の筒隠家の夕食 。
鋼鉄の王のお色気攻勢ハーレムやら 「 梓 」 との修羅場やら 。
ヴィジョン的には十分に楽しめたパートでしたけどね 。






・・・・・ 結局 「 陽人 」 の部屋が筒隠家の土蔵にワープしてしまった原因は 、「 月子 」 が「 陽人 」 と一緒に
食事がしたいという願いが変な形で聞き入れられてしまったからのようでして 。

「 月子 」 は 「 陽人 」 に明かせない何らかの寂しさを抱えているようですね 。






 再び鋼鉄の王の夜の誘惑と相成る展開 。
ところが会話の流れから 、
『 「 月子 」 を取り戻せるなら滅茶苦茶にされてもいい 、別れ未来の破局が避けられないならそんな世界は壊れてしまえばいい 。』
などという展開になってしまってそれが現実に ?
さて、本当に世界が壊れちゃうんでしょうか 、次回予告を見るとそうはなっていないようですが 、これはどうなりますかね 。

毎回の引きが実に巧妙な本作品だと思います 。





 今回はお臍コチョコチョとか 、「 陽人 」 を取られまいと鋼鉄の王のお色気攻勢に必死に抗う 「 梓 」 が可愛かったですね 。
また 、「 月子 」 と 「 つくし 」 の筒隠姉妹は過去に何らかの大きな悲しみを背負っているようです 。
それが何であるかも知りたいところです 。
次回も楽しみですね 。

 ・・・・・ ところで今回のレビューはキャプチャー画がいささか多すぎました 。 
画像が多すぎると逆に本文の方はお粗末になってしまって・・・・・ 。
反省しています 。 
次回からはもう少しキャプチャー画を厳選しないと ・・・・・ 。


トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/261/eff99e8c/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/261/trackback

コメントする10個


HARIKYU さんのコメント (2013/05/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

名もなき詩人さん、毎度丁寧なコメントと拍手を有り難うございます。

私の本作に対する「惹かれ」を概ねお汲み取り頂きまして、レビューを書いてる甲斐がありますよ。
まぁ、軽文学素材のアニメですから端折りや追加もあるようですが、日常系とはちょっと違うラブコメとしてわかりにくい所もなく、アニメ単体で楽しめております。
家がなくなる展開とか、世界が壊れる展開とかはラブコメには珍しくて面白いし、あまり細かいところに拘らなければこれで良いでしょう。

問題は「月子」・「つくし」の筒隠姉妹の過去の悲しみやトラウマが解明されるかって事なんですが、猫像絡みの翔んで楽しい決着になる事を期待しています。
HARIKYU さんのコメント (2013/05/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

レスが前後しますが、非論客様ご指摘ありがとうございます。
訂正しておきました。(^_^;)
非論客 プロバイダ: 3253 ホスト:3167 ブラウザ: 5232
>変態嫌いの副部長 「高倉有加」

それ中の人だから!w
アニメではまだ出てきてないけど、副部長の名前は「舞牧麻衣」(通称まいまい)でございます。
名もなき詩人 さんのコメント (2013/05/21) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
> みなさんはどうお感じでしょうか

この作品はいろいろ書きたくなる作品です。まず良い点に同意ですが、月子の無表情設定は中々良いです。これはカンピオーネでアテナと言う役を小倉唯さんはやってるのですが、その時の演技と良く似ています。素っ気無い言い方ですがこれはまり役です。さくら荘でテンションが高い役もやっていて、それを猫像に願う前の月子の本来の姿として演技しています。旨く使い分けています。

聞こえにくいという声もありますが、ボソボソと話す演技ってかなり難しいです。声優さん普通に話してるように見えて無茶苦茶力入れて声だしてると思います。だからボソボソ演技するってすげー難しいです。聞こえにくくなって当然だと思います。素人に近づいてしまうわけですから。これはどれぐらいってのを監督の指示だと思うので悪いと言うなら監督のせいでしょうね。私はそれほど聞き取れないって程じゃないです。

後今回は皆キャラが可愛く見えて良いですね。今回は力入ってると思います。この作品まず第一にキャラデザが素晴らしい。以前からカントクってラノベのキャラデザの人がすごいと聞いていたのですが、これかと分かりました。本当に魅力的なキャラデザです。後は月子のキャラが面白いのと、2大ヒロインの梓のキャラが上手く感情豊かで違いが出ていて良いです。あの夏脚本はどうもいまいちだと感じましたが、カンナは良かったです。かんなの石原さんが帰ってきました。やっぱり良いですね。先輩ヒロイン食ってましたよね。

問題は、ぶっ飛んだ設定ですね。前回はなんだって!って面白い展開だったのですが、今回の引きはもうむちゃくちゃ…。ここまで濃いファンタジー設定を展開されるとは思ってませんでした。日常的なラブコメと一線を画しますね。やりすぎじゃないか?とは思っています。

次にテーマ的な軸である本音とか建前、無表情、照れと内心みたいな心の話が複雑怪奇。主人公も敏感なのか鈍感なのか?が良く分からない。月子の事も分かりにくいと言ってますし、設定が終ってるはずなのに梓も内心の好意をまだ表に出せない。基本ラブコメといえば主人公が鈍感だとこれははがないでもテーマ的に使いましたよね。たまに魅せる鋭い指摘などで主人公鈍感に見えない、かつ2大ヒロイン内心が主人公に読みにくくなっていると複雑な心理劇を展開しています。

ここがコアなテーマ的なのですれ違い、勘違い、鈍感、敏感がぐちゃぐちゃに交差して進んできます。キャラはそれを分からない絡み合ったまま進んでいきます。でね、視聴者もそれに巻き込まれるわけです。イマイチ良く分からないってのがあります。月子も気持ちも梓の気持ちも分かります。それに対して主人公がどう受け取ってるのか?がすげー複雑なんです。それがテーマ的なものですからね。

もうすっきり作れなかったのか?と原作からか?アニメ製作のせいなのか?何かアニメ製作いろいろ台詞をはっしょってるらしいんですよ。それでもアニメにはくどくどむかないからカットとか分かります。原作からおそらくややこしい話なんだろうなとは思いますが、文字で見る場合はそういうの結構把握できるんですよ。アニメでざっと流れて知ってしまうといまいち分からない…。

その点は残念です。


[他の記事も読む]
<=次の記事 ベンチ
=>前の記事 フォトカノ vs 初恋限定


大分類が「変態王子と笑わない猫。」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ