「これはゾンビですか? OF THE DEAD」 第3話

総閲覧回数:1,116,504回 / 推薦評価:118個(内 論客45人) / ブログ拍手:18,489
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「謎の彼女X」 第3話
=>前の記事 マンスリー東武

1.
2012/04/19 これはゾンビですか? OF THE DEAD > 「これはゾンビですか? OF THE DEAD」 第3話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個

 
「これはゾンビですか? OF THE DEAD」 第3話


2012/04/21 quiet様より拍手を頂きました。ありがとうございます。


 今回は「ミストルティンの修理大失敗編」と「トモノリとハルナの呪いのダンス編」のギャグ2本仕立てでしたが、何だか急ごしらえのシナリオといった感じで話の練り混みが浅く、個人的にはあまり面白くない回だったかなぁ、と。

 まぁ、記憶の消去をする筈が、ハダカになってしまった挙げ句にミストルティンがバラバラ・・・・・あたりの展開は笑えたんですけど、後半のパートでは「トモノリ」と「ハルナ」の可愛さがひき立てられておらず、ギャグ展開とはいえ、まだまだシナリオや演出に一工夫、二工夫必要だったのではないかと思いますね。

 さて、サラスの造語なる「尻愛」。
その「尻愛」繋がりとして、「京子」が知り合いの「夜の王」について大先生に拷問尋問されていましたが、「夜の王」は1期でユーの「死んで」の言葉に反応して消滅した筈。
どうまた2期に絡んでくるのでしょうか。
2話連続の思わせぶりな伏線描写は評判の悪いシリアス展開突入への布石か、それとも意表を突いたギャグオチなのかな。





~ 歩を取り巻く環境は、一向に改善されない。
一方、トモノリは、サラスのライブでバックダンサーを務める事になった。
ダンスが上達しなければ、吸血忍者の里へ送り返すという、厳しいサラスの言葉に、連日猛特訓を繰り広げるトモノリ。
だが、上達への道のりは遠い。
そこで、ハルナが一肌脱ぐ事になった! ~



第3話 「Yo!それは You! 情!」  





トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/164/0210af99/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/164/trackback

コメントする(論客のみコメント可能記事)1個


[他の記事も読む]
<=次の記事 「謎の彼女X」 第3話
=>前の記事 マンスリー東武


大分類が「これはゾンビですか? OF THE DEAD」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ