「謎の彼女X」 第2話

総閲覧回数:1,133,444回 / 推薦評価:121個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,491
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 散るサクラ、咲くツツジ
=>前の記事 サクラナノハナ

1.
2012/04/15 謎の彼女X > 「謎の彼女X」 第2話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個


「謎の彼女X」 第2話


2012/04/15 名もなき詩人様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2012/04/15 須王様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2012/04/16 白うに様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2012/04/18 ctu19811201様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
 


 今回で2度目の視聴になりますが、何だか奇妙な可笑しさがありますね、この「謎の彼女X」、
1話目ではそのカテゴリー性もどうもはっきりとは見えなかったのですが、結局のところ本作は「ヨダレ」がとりもつ変なカップルの、「ヨダレ」絡みのラブコメディ・・・・・と考えて良いのでしょう。
まぁ、この先「美琴」と「明」の間にどんな「ヨダレエピソード」が登場するのか、「変なモノ見たさ」に不思議な期待感が高まります。(笑)

 で、人並みな恋人関係を欲する「明」とは裏腹に「美琴」はある意味異常にガードが固いですね。
手をつなぐのもダメ、抱きつくのもダメ、唯一許されるのは「ヨダレしゃぶり」というのも奇特すぎるカップルかと。
それにしても「美琴」の趣味 ? というのかパンティに挟んだハサミの紙切り芸はまさにプロ並みでした。
そもそもパンティにハサミが仕込んであること自体、奇天烈な事だと思いますが。(汗)
まだこの先、「美琴」には隠された謎があるんでしょうか。(*_*)





~ 晴れて卜部と付き合うことになった椿だが、1ヶ月を過ぎてもキスどころか手をつなぐことすら許されない。卜部に抱きつこうとすれば、パンツに仕込んだハサミで威嚇される始末。唯一、恋人らしい行為といえば、毎日卜部のよだれをなめさせてもらうことだけ。
不安が募った椿は、自分は本当に卜部の彼氏なのかと訴える。
すると卜部は、よだれが自分と椿の絆であることを証明すると言い……。 ~


 「美琴」が裸になってドキドキしている時のヨダレを「明」に舐めさせると、「明」も心臓がドキドキしてくるとか、「明」のヨダレを「美琴」が舐めると夢で見た内容がわかっちゃうとか、やっぱり2人の絆は「ヨダレ」による以心伝心、一種のテレパシーがあるというのが今回の「ヨダレエピソード」、やっぱり「美琴」は尋常な女の子ではないですね。


 慣れとは変なもので1話では妙な抵抗感があった「美琴」の声も、今回はあまり気にならなくなりました。
それと「美琴」のテーマソングというのか、浅草大道芸風のダル目の曲が、「美琴」の不思議なイメージに良く合っていますね。
まだ「美琴」の家庭の事とか一切明かされてはおらず、相変わらず正体は不明ですが、怖いモノ見たさにちょっとだけ知りたい気もします。



第2話 「謎の絆」 



Nazo no Kanojo X - 02 RAW 投稿者 Lisyanne

トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/163/f905a793/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/163/trackback

コメントする4個


HARIKYU さんのコメント (2012/04/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

須王さん、毎度拍手とコメントを有り難うございます。

まだまだどっちへどう転ぶか非常に不安なんですが、少なくとも今期の「大穴」なことに間違いはなさそうですね。
生理的に受け付けないと言って1話切りしちゃった人も多いようですが、何とも勿体ない。(*^_^*)
HARIKYU さんのコメント (2012/04/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

名もなき詩人さん、毎度拍手とコメント有り難うございます。

たしかにアニメ声ではないですね。
少なくとも声優としての訓練を受けた人の声ではないような気がします。
マイクに向かっての演技というより聴衆に向かっての演技というような気がしますので、舞台劇とか、放送劇団とかの関係の人でしょうか。
感情の付け方がアニメ的でないんですよ。
アフレコの時もあんまり周りに溶け込めていないんじゃないか、そんな感じも受けます。
相手役の入野自由さんもちょっと戸惑っているような感じが聞き取れますし。
ただこの「美琴」役、この人でなければというところもあります。

おっしゃるとおり、あんまり仕事は回ってきそうでないですね。
次の仕事はあるのかな。
須王 さんのコメント (2012/04/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
こんばんは\(^▽^)/!

やっぱり自分が睨んだ通りの良作でした。
名もなき詩人 さんのコメント (2012/04/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
声ですが、一番大きいのはやっぱり定番ですが、慣れだと思います。子役出身さんらしいので、演技はうまそうです。平野綾さん、花澤香菜さんとかそういう人ちょこちょこいます。

やはり声低いですね。これですが、単純にテンションの問題ですね。年齢ではないです。後低い声の人かもしれません。小林ゆうさん辺りだと昔から低かったので。何かこの落ち着いた声可愛くなってきました。むしろ声優さんが高すぎるんですよ。皆さん声作ってるのと、そもそも高い人ばかりですからね。

目立たない女の声ですね。基本声優さんって女児の声ですからね…。後は逆に男児の声か、後大原さやかさんとか、井上喜久子さんみたいなお母さん声。特徴が無いのが特徴ですね…。ただちょっと軽く癖があります。それも気になる事はなったんだとおもいます。慣れました。

今回そふてぃにが貼ってありますが、ピンクの髪の伊藤かなえさんなんて地声がすげー高いですからね。素っ頓狂な声しています。声優さんは作る声、地声がかなり変な人ばかりです…。

ちょっとかわいそうだなと思うのは、こういう声の人の仕事無いだろうなと思うことです。脇役でもいいから他にも出て欲しいなと思うのですが…。ジブリなら…。

昭和天皇が雑草と言う草は無いと言ったのを思い出します。何らかの個性はあると思うのですが、派手な個性が無いですね。地味ですね。

ただ男性声優ですが、細谷さんと言う声優さんがなんだかかんだで最近活躍してますが、地味な声の人だなと最初思いました。自分でも声優の中ではそうだと思ってるそうです。だからなにかしら役があるかもしれません。妙にこの役に合ってますね。

本当に微妙な所で感情が少し入っててこれが可愛いんですよ。


[他の記事も読む]
<=次の記事 散るサクラ、咲くツツジ
=>前の記事 サクラナノハナ


大分類が「謎の彼女X」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ