「あの夏で待ってる」 第7話

総閲覧回数:1,153,340回 / 推薦評価:122個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,561
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「Another アナザー」 第7話
=>前の記事 遭遇率0に近いシチュエーション その1

1.
2012/02/21 あの夏で待ってる > 「あの夏で待ってる」 第7話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個


「あの夏で待ってる」 第7話 


2012/02/21 カイネル・ドゥ・ラファティ様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2012/02/22 白うに様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2012/02/23 名もなき詩人様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2012/02/25 非論客(プロバイダー: NK6975 ホスト:NK6812 ブラウザー: NK34088)様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 前回は「海人」や「イチカ」達5人のじれったい恋愛模様の中に、さらに「木下香織」や「有沢千春」といった外部侵入者が割り込んできて一層関係をややこしくする・・・・・といった典型的な恋愛群像劇でしたが、「香織」は案の定、失恋傷心旅行の鬱憤晴らしと、小学校時代の自分の気持ちの確認に「海人」に近づいた・・・・・という訳で、結局この2人は「美桜」が「石垣」と、「イチカ」が「海人」と、それぞれ「イイ感じ」となるためのお膳立てをするにすぎない「噛ませ犬」でしたね。
この展開は読めた人も多かったのではないでしょうか。





 ・・・・・今回は比較的爽やかな展開で、良好な恋愛劇が面白く演じられていたと思います。
作者の黒田さんも肩の力を抜いて気楽に書いているような気がしますが、何というか良くあるパターンの展開で既視感は強かったですね。

2000年代前半に「ぷにぷにぽえみぃ」や「エクセルサーガ」等を書いていた頃の、氏独特の癖の強さや灰汁はここには微塵もありません。(笑)
まぁ、これはこれで良い事だとは思いますが、まるきり癖がないというのも、黒田脚本を期待している自分にとってはちょっと意外、という面もありますねぇ。

 さて今回の展開は「美桜」と「石垣」、この2人の進展がメインストーリーだったように思え、「海人」と「イチカ」の仲もそれらしくはなってきましたが、まだまだ抽象的というか観念的な言葉での説明が多く、お互い「ここにこう惹かれた!」という具体的でストレートな演出が弱いですね。

2人の仲はいよいよこれから燃え出す、という感じなんでしょうか。
次回がもう8話ですから、何ともスローモーションなスタートですね。
黒田氏が「肩の力を抜いて」と書きましたが、この先「肩に力の入った」展開や演出はあるのでしょうか。

「りのん」が宇宙に何か信号を送ったようではありますが・・・・・。
これが今後の展開にどう影響するのかな?



第7話 「先輩の気持ち。」 


撮影途中で抜けたメンバーを迎える檸檬と柑菜。適当な言い訳をする面々を怪訝に思いつつも再び撮影が始まる。
しかし海人はカメラを回しながら、なにかギクシャクした雰囲気を感じて物思いにふけっていた。
そこに現われた千春を見て驚いて走り去る哲朗。そして撮影後に檸檬に相談を持ちかける柑菜。
そして海人はホテルで佳織からの伝言を聞く…。 







トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/148/1020bba3/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/148/trackback

コメントする4個


HARIKYU さんのコメント (2012/02/24) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

名もなき詩人さん、毎度拍手とコメント有り難うございます。

私はこの後急展開が待っているような期待をかけたいですね。
「美桜」と「石垣」の件は一応片付いた雰囲気だし、「柑菜」はここにきて蚊帳の外に放り出されてしまったし、残るは「海人」と「イチカ」の問題だけですからね。

「イチカ」が宇宙人だということもまだわかっていないし、「りのん」と宇宙船が何やらあるようだし、「檸檬」先輩の正体も不明だし、終わり近くで急にバタバタするような予感もあります。
名もなき詩人 さんのコメント (2012/02/23) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
前回黒田さんでなくても出来ると書きましたが、まあそれは変わらないのですが、良い意味で無色化出来てると感じます。

仰るとおり肩の力の抜けたのが程よく感じます。

何かスローなテンプ心地良くなってきました。これに慣れてしまって急展開逆にこれからきついなと思う面あります。

多くの作品で、筋じゃなくて雰囲気とか空気感を大事にするところ私あります。そもそも何故アニメを見るかで筋より実際はSFとかファンタジーの世界観を楽しみにしているところがあります。

これは日常系独特のスローテンポを上手く取り入れていると思います。テンポの緩さが妙に心地良い。

滅茶苦茶面白いとか一切無いのですが、何かだらっと見てしまって。見終わった後の不快感が無い。今ってこういう作品求められているかもしれませんね。特に見たいとは思わないけど、見終わった後の軽い心地良さは悪くないです。私は見る前に早く見たいって気持ちと両方満足する作品が好きなのですが、片方だけでも良いです。
HARIKYU さんのコメント (2012/02/23) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

白うにさん、いつも拍手とコメント有り難うございます。

福岡なら沖縄が修学旅行でもおかしくないですよね。
東京の学校では・・・・・ちょっと無理かな。

> 次回からはイチカと海人のラブラブちゅっちゅっが描かれるのでしょうか…

Kissの直前で邪魔が入りましたんでね。
メインキャラクターらしく堂々とやってもらわないと困る。(笑)
白うに さんのコメント (2012/02/22) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
首里城でてきましたね。首里城。わたし修学旅行で行ったことあるんですよ。懐かしかったです。

それは置いといて、今回はテンポも良くて今までで一番面白かった回に感じました。

次回からはイチカと海人のラブラブちゅっちゅっが描かれるのでしょうか…

楽しみです。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「Another アナザー」 第7話
=>前の記事 遭遇率0に近いシチュエーション その1


大分類が「あの夏で待ってる」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ