「ましろ色シンフォニー」 第7話

総閲覧回数:1,116,504回 / 推薦評価:118個(内 論客45人) / ブログ拍手:18,489
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 キンクロハジロ?
=>前の記事 侵略!?イカ娘 第6回

1.
2011/11/16 ましろ色シンフォニー > 「ましろ色シンフォニー」 第7話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個


「ましろ色シンフォニー」 第7話


2011/11/16 ハートレス中学生様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/11/17 ctu19811201様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/11/18 quiet様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 今回は「愛理」ルートはひと休みといった感じですね。
そのかわり、「紗凪」と「新吾」が名前で呼び合ったり、「みゆ」先輩が新吾の肩にもたれて寝てしまったりと、こちらの方の進展も描かれていました。

 私は原作を知りませんので深読みもできませんが、今回は「愛理」がメインでなかったこともあり、これといった見せ場はなかったように思えますが、ドラマの密度は高かったですね。

 何でも原作ゲームの「みう」先輩や「紗凪」ルートではこのあたりは名シーンの連続なのだそうですが、ちょっとその感動は伝わってこなかったかな。
ブランコの場面も「紗凪」が「新吾」に惹かれる場面らしいのですが、私にはちょっとその感情を掴み取ることができなかったです。
何しろ私は今「愛理」しか見えていませんので。(笑)

 今回は「愛理」のデレが見られなくてちょっと残念だったですけど、複雑な面持ちで、「紗凪」と「新吾」の仲を見つめる「愛理」の姿が印象的でした。
終盤にかけての大いなる伏線なんでしょうね。


 p.s.ココアの解釈・・・・・あれは「紗凪」が「新吾」のためにも買ってきた・・・・・という解釈もあるようですが、私は単純に「みう」先輩と一緒に飲みたかったんだ、と考えます。
「新吾」がいたんで、さすがに2人だけで飲むのは気が引けたんではないでしょうか。


第7話 「たそがれ色のブランコ」





トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/134/e1e69184/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/134/trackback

コメントする3個


[他の記事も読む]
<=次の記事 キンクロハジロ?
=>前の記事 侵略!?イカ娘 第6回


大分類が「ましろ色シンフォニー」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ