「ましろ色シンフォニー」 第6話

総閲覧回数:1,131,636回 / 推薦評価:121個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,491
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 小学生の絵もアニメ化?
=>前の記事 奥武蔵秋色

1.
2011/11/09 ましろ色シンフォニー > 「ましろ色シンフォニー」 第6話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個


「ましろ色シンフォニー」 第6話


2011/11/09 ハートレス中学生様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/11/11 ctu19811201様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 今回も楽しめました、「ましろ色シンフォニー」の第6話。この作品、2話くらいまでは取るに足らない美少女ゲームアニメだと思っていたんですが、4話で「愛理」が急速デレ化したあたりから俄然面白くなり、今では今期いちばん楽しみなアニメになってしまいましたね。
「来週さん、来週さん、はやく続きを見させてよ。」という感じです。(笑)
4話からレビューも始めています。

 このアニメ、キャラクターデザインそのものは美少女パンフレットから引き出してきたような量産型萌えキャラなんですが、みな内面の個性が豊かで可愛いし、その人間模様のシナリオも面白いんですよ。
まぁ、ツンデレの見本のような「愛理」の「新吾」をめぐる葛藤が可愛くて、個人的には貢献度No1です。
3話まではこんなにいじらしいキャラになるとは思わなかったんだがなぁ。(^_^)



 今回は「アンジェ」がメイドとして「新吾」邸に出たり入ったり、また、「ぬこ部」の危機を何とかしたいとみんなが奔走したりする、ダブル構成のような展開でした。
「アンジェ」編では、「桜乃」との料理対決とかお風呂合戦とかお約束の展開もありましたが、こちらの件はとりあえず一件落着。
問題は「ぬこ部」の存続問題ですね。

 「ぬこ部」の危機に一番躍起になっているのは「紗凪」のようで。
何たって大好きな「みう」先輩とも一緒にいられなくなってしまうし、その気持ちは必死で書いた手描きのポスターからも伺えます。
それに廃部決定の職員会議は明日、タイムリミットまで、もう時間がない。
剥がされて燃やされそうになったポスターを火傷しながらも素手で救出するという「新吾」の暴挙?に「紗凪」の心もちょっとは揺れましたかな。
呼び名もいずれ「クズ虫」ではなくなるのでしょう。

 6人部員が集まらないと「ぬこ部」は部活としては存続できないという崖っぷち。
「アンジェ」も「桜乃」も入部して5人まではメンバーが揃ったのだけれど、あとは「愛理」一人入部してくれれば・・・・・というところで、なぜ「愛理」は自分から言い出さなかったのかというと、「新吾」が誘ってくれるのを待っていたんですね。
これは女心の複雑さでしょう。
ところが、「新吾」は誘ってくれない。 ・・・・・なぜ?という訳で
ついには強制入浴の手段までも持ち出して「新吾」の真意を聞き出すと、「愛理」は動物が苦手だから誘う訳にはいかなかったんだと。

ここでも自分の事を考えていてくれたんだと改めて惚れ直し。♡
「私、ぬこ部に入部します ! 」
これで「ぬこ部」は6人体制になりましたね。良かった、良かった。


 ・・・・・このアニメ、この後しばらくは「愛理」が付かず離れず、ちょっとした波乱があったりもしながら「みう」先輩ルートや「紗凪」ルートをかじり、そして最後は「愛理エンド」となる展開を予想しますが、みなさんの予想は如何かな?
ハーレムエンド・・・・・?は出来ることならば避けて欲しいんだけれども、そうならないとは言えないこともなくはない。(汗)
それにしても1話で3人もの美少女と入浴するとは・・・・・。
「気配り」主人公の役得ですね。(笑)


第6話 「てさぐり色のバスタイム」





  

トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/132/cfd08178/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/132/trackback

コメントする2個


HARIKYU さんのコメント (2011/11/11) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

ctu19811201さん、毎度拍手とコメントありがとうございます。

私もできれば「ヨスガる」エンドは避けてほしいです。(笑)
今やっと「新吾」と「愛理」は苗字を呼び捨ての仲になったのですけど、やがては名前の呼び捨ての仲にまで発展して欲しいと願っていますが、他ヒロインの接近度が今のところあまり高くないので、このまま順当に進みますかね。
来週さん、来週さん、早く来て欲しいです。(^_^)
ctu19811201 さんのコメント (2011/11/11) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。

私もストーリー上の配分から、あるいは王道路線に見える「愛理エンド」を希望しています。共学化の基本線の話もあるので、こちらがおさまりが良さそうかと。
ただ、何かの作品で「妹エンド」というのもありましたが、まさかの「桜乃エンド」にはなって欲しくないと願うばかりです(汗)。出場頻度からすると全面否定もできないのですが…。


[他の記事も読む]
<=次の記事 小学生の絵もアニメ化?
=>前の記事 奥武蔵秋色


大分類が「ましろ色シンフォニー」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ