「魔乳秘剣帖」 第11話

総閲覧回数:1,256,701回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,619

アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「ゆるゆり」 第12話感想と総括
=>前の記事 「猫神やおよろず」 第11話

1.
2011/09/19 同日2番目 魔乳秘剣帖 > 「魔乳秘剣帖」 第11話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個


「魔乳秘剣帖」 第11話


2011/09/19 非論客(プロバイダー: NK4470 ホスト:NK4408 ブラウザー: NK17092)様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/09/20 椋様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/09/20 竜巻回転様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 「乳流れ」の奥義を究めるべく「胸杜の里」にたどり着いた「千房」と「楓」。
しかしそこは荒れ果てている、というよりは里自体が焼失してしまっておりまして。
「胸杜」は天下分け目の決戦で豊臣方に加勢したため、徳川から見せしめのための焼き討ちにあったというものでした。

 そこに「お婆」と「露葉」の登場。
「露葉」はどうも先だって桜花に斬られてしまった「桃葉」の姉のようですが。
二人から知らされる千房「母」の最期。
母は胸杜の血を絶やさぬため、間乳家に嫁入りし、そこで「千房」が生まれたが、乳流れの伝授を阻んで自害してしまった。
その母の願いは千房には刀を持つよりも一輪の花を愛でる子に育って欲しい・・・・・、というものでした。(;_;)
これにはホロリ。

 江戸では「桜花」と「影房」の新コンビ誕生。
「桜花」の顔キャラが何だか変ですね。
おまけに酒乱だし。
「千房」の居所を突き止め、最終血戦前夜の雰囲気。
決戦までに「千房」は「乳流れ」の極意を体得できるんでしょうか。


・・・・・と、以上があらすじになるんですが、本作は単なる「エロ乳アニメ」なんかではなくて、しっかりとした「物語」なんだ、ということを今回も納得させてくれる回でしたね。
特に千房「母」の回想シーンなどは思わず涙ぐんでしまいましたよ。




 私はこのアニメを見る度に、秩父霊場の四番札所にあるこの「慈母観音像」を思い出すんですよ。
この像を見ると、初老になった男でも亡き母を想い出し、むせび泣くことがあるという。
この作品は根底に「乳」というとても大きな具材が根付いているから、どんなネタであれ、ほのぼのと心が温まるものがあるんですね。
それは「乳」=母性の象徴であり、一種胎内に帰ったような安らぎを感じるからなんでしょう。
「乳」は生命をはぐくむことのできる命の泉であって、偉大なもの。
これはどう男は逆立ちしても敵いっこない。
世の女性は女に生まれたことに大きな誇りを持つべきでしょうね。





第11話 「胸杜の里」


M22hou - 11 投稿者 raid1322

トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/120/b2ac6765/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/120/trackback

コメントする
3個


HARIKYU さんのコメント (2011/09/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

竜巻回転 さん、毎度拍手とコメントありがとうございます。

影房が親しみやすいキャラになってきたってのは同感ですね。
桜花との妙なコンビができましたが、最後にどう動くのでしょうか。

動画のコメントやネットの記事を見ると、どうも最終回の予告に「楓」の死亡フラグが立っているようですが・・・・・。
何だか嫌ですねぇ。
「楓」は 不遇な身の上ながら本作を大いに楽しくしてくれた功労者で大好きなキャラなのに、最終回で死なせてしまっては可愛そう。
そうならないことを切に願うばかりです。(^^;)
竜巻回転 さんのコメント (2011/09/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、お邪魔します。

ようやく目的地の胸社の里に付いた千房達でしたけど……、
ただ里の方は既に滅ぼされて千房の故郷がこの様な形になってるのが残念でしたが、
でも今回は何と言っても千房の母が願った千房への思いは確かにホロリとさせられる物が有りましたね。
それにしても本作は外見だと如何にもいい加減で適当っぽいアニメに見られそうですが、
しかし今回みたいな千房・母とか前回の桜花のエピソードにしろ
本作はこうした背景がしっかりと描かれてるのでストーリー自体が普通に面白く観られますね。

それと今回で何気に面白かったのはやはり桜花と影房のコンビ結成でしたね。
しかし影房に付いては序盤の頃は千房への怨恨から単に怖いだけの印象しか無かったが、
6話で千房と和解して以降は良い感じに刺々しさが抜けて、
特に今回なんかは実にサッパリした性格が見られた所が個人的には一気に影房の事が好きになれました。
それと普段に見せる桜花の素顔も中々可愛げの有る一面が見られましたね。

それでは。
HARIKYU さんのコメント (2011/09/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]

椋 さん、いつも拍手とコメント有り難うございます。

いつの間にか最終回ですねぇ。
でも、シリーズ全体を通して見るとおっぱいネタは満載でしたけど、しっかりとした乳物語になっていましたね。
「レズレズぢゃのう」があまり浸透しなかったのは残念ですが。(^_^;)
そういえば胸華さまもいましたけど、まったくスタンス不明なまま終わってしまいそうですな。
さんのコメント (2011/09/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
ふおおおお次で最終回なんですねえええ、、、( p_q)
ただ、、中盤まで出ていた胸華さまなど、何か含みのありそうなキャラが出落ちとなってしまいそうで残念です


[他の記事も読む]
<=次の記事 「ゆるゆり」 第12話感想と総括
=>前の記事 「猫神やおよろず」 第11話


大分類が「魔乳秘剣帖」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ