「魔乳秘剣帖」 第7話

総閲覧回数:1,116,504回 / 推薦評価:118個(内 論客45人) / ブログ拍手:18,489
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「宝魔ハンターライム」&「妖精姫レーン」
=>前の記事 「猫神やおよろず」 第7話

1.
2011/08/22 魔乳秘剣帖 > 「魔乳秘剣帖」 第7話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個


「魔乳秘剣帖」  第7話 


2011/08/24 椋様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/08/24 竜巻回転様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/09/02 非論客(プロバイダー: NK5332 ホスト:NK5132 ブラウザー: NK28790)様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 今回は「ギャグ成分」も「おっぱい成分」も希薄でしたが、かなりシリアスな剣劇を見ることもできました。
遂には死人も出る始末で、これは意外な展開でしたね。
やはりこのアニメ、「チャンバラ」なんですな。
単なるおバカ作品ではありません。

 おっぱいが膨らみすぎて、「肩こり」の激しい千房は「もみ療治」へと。
第一の犠牲者は、その世を騒がせる「おっぱい小僧」の正体たる「もみ屋」の娘にして、お家再興のため、「千房」を母方の胸盛家へ連れ戻そうとする胸盛「桃葉」でした。

 「おっぱい小僧」に豊乳を狙われたとある奥方の用心棒として「千房」ともども雇われた「桜花」ですが、やはり魔乳の刺客でしたか。
剣術では「千房」よりはかなり上のようで、「千房」も一度は乳に太刀を浴びてしまう始末。
そんなピンチの「千房」を庇うべく、材木を倒して逃げるところを「桃葉」は背後から不覚。
この一太刀が致命傷になってしまいました。

 魔乳に乳を奪われたらしくも、魔乳に仕えている「桜花」のポジションが謎ですね。
さらに「千房」と「桜花」の再対決はあるのかな。
これは次回の展開が楽しみだ。





第7話 「おっぱい小僧」 



トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/111/b0a96564/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/111/trackback

コメントする3個


[他の記事も読む]
<=次の記事 「宝魔ハンターライム」&「妖精姫レーン」
=>前の記事 「猫神やおよろず」 第7話


大分類が「魔乳秘剣帖」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ