「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第7話

総閲覧回数:1,120,841回 / 推薦評価:119個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,489
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 魔法使いサリー レビュー 第32話 「海辺のサリー」
=>前の記事 魔法使いサリー レビュー 第35話 「幽霊少女」

1.
2011/05/27 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない > 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第7話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第7話


2011/05/27 白うに様より拍手を頂きました。ありがとうございます。


 少しだけめんまの「願い」が見えてきたような気もする、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の第7話でしたが・・・・・。

    

 「めんま」の日記の中から、かつて仁太「母」の全快を祈って皆で「ロケット」を作り、それに手紙を付けて神様に届けよう、という事になっていたことを思い出し・・・・・。

 いやぁ、まさか吉田の「龍勢」がキーポイントになっていたとは。
「龍勢まつり」とは、今は秩父市に吸収された旧吉田町に伝わる農民ロケットなんですけどね。

  

 結局、この計画はうまくいかなかったようですが、そこに「めんま」の願いもあったのではないかと。
そこで、昔は本当に飛ばせると思っていたロケットを、もう一度皆で飛ばしてみようという事になりました。
しかし、花火師でないと作るのは無理だし、簡単なものでも製作には20万円もかかるということで、「仁太」、「あなる」、「ぽっぽ」の3人はバイトに奔走。
CDショップで働く「仁太」と「あなる」の間には、ほんのちょっとだけ「あの時」と変わらぬ時間も戻っていたようです。

 「めんま」が皆に集まろうと言った日、実は「仁太」には内緒で集まろうと言っていたことも判明。
「めんま」は「仁太」に何を隠しておきたかったんでしょうか。

 やっと用意できた頭金を持って、花火師のもとに向かうと、曰く、祭りの役員に高校生に手を貸すなんてと怒られたから、やっぱり手伝えないという答え。
・・・・・その祭りの役員というのが実は「めんま」の親だったという事実。謎の展開ですね。

  

 さて、衝撃のラスト。

 「お姉ちゃん、仁太君達があなたのためにいろいろと頑張ってくれてるみたいよ。」
 ・・・・・「フザケてるわね・・・・・。」

 うわー、何なんだ、このめんま「母」の言葉の裏には何がある!?
単純に考えると、「めんま」の死は「仁太」達に原因があると思って恨んでいるのか?
一気に先が読めなくなってきました。
次回は鬱展開突入かな?


 ・・・・・で、仁太達が作ろうとしている旧吉田町の農民ロケット「龍勢」なんですが、原理的には玩具のロケット花火と同じです。
火薬の入った筒を長い竹に結びつけ、黒色火薬が急激に燃焼する時の推進力でシュルルルルーン!と空に飛ばします。
私も何度か見に行きましたが、最近では煙に色を付けたり、上空でパラシュートが開いたりと、いろいろと技術合戦にもなっているようです。
ただ、成功率は天候にもよりますが2~3割程度でしょうか。
失敗すると発射台でジュボッ!!と暴発するだけで、空には飛びません。
かなり虚しいですよ。

 ロケット花火の加工も中学生の時によくやりましたねぇ。
当時は国産ロケット第1号のラムダ衛星「おおすみ」が飛んだ時期でもあったので、花火を分解して2段式にしたり、3段式にしたりといろいろ「学問的工夫」もしました。
先端の「爆薬」だけを集めてフィルムの缶に入れ、「爆弾」を作ったりもしましたけど、今考えると誤引火して指が吹き飛ばなかったのは幸いでした。(^_^;)



第7話 「ほんとのお願い」


秘密基地に家出してきた「あなる」に「じんたん」は、ずっと学校を休むことなんて出来ない、
家出なんてずっと続くわけがないと話す。それと聞いた「あなる」は「じんたん」は昔と変わらないと告げる。







トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/72/578cca78/trackback

トラックバック表示ページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/72/trackback

コメントする(論客のみコメント可能記事)1個


HARIKYU さんのコメント (2011/05/28) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
めたこ さん、いつもコメント有り難うございます。

そうですね、花火師のオジサンの喋っていた「~なんよ」は、ちょっと秩父弁には聞こえませんでしたねぇ。

・・・・・なんでも、バイト先の社長によると、祭り会館の裏でこれとおんなじ格好をしたコスプレーヤーがこれとおんなじポーズで写真を撮っていたそうです。
秩父も徐々に汚染されてきましたなぁ・・・・・。


めたこ さんのコメント (2011/05/27) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
地元民としては花火職人さんの断りの弁がちょっと気になりました。
秩父弁は間違ってないけど、あの言い方だと、タメの相手に軽くいうときの言い方に近い気がしました。

ラストのセリフは、あの一言にいろんな含みを持たせる脚本の妙ですね。第一話での本間家のやり取りがつながってくる感じもあります。


つるこの髪留めが出ると、そこはかとなく萌えるめたこでした。
HARIKYU さんのコメント (2011/05/27) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
白うに さん、いつも拍手とコメント有り難うございます。

最後のめんまママは怖かったですね~。^^;

めんママの「フザケてるわね・・・・・。」には、
「あなた達と遊んでいなかったら、ウチの子は死ななかったかも知れない。」とか、「ウチの子だけ死んで、どうしてあなた達は生きて大人になってるの。」とかいった逆恨みの気持ちが込められているような気がします。

仁太達はどうやってこの障害を取り払って、ロケットを飛ばそうというんでしょうね。
次回を楽しみに待ちましょう!

「あなる」と「仁太」のイチャイチャは楽しかったですね。
白うに さんのコメント (2011/05/27) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。白うにです。

今回もじんたんの回でしたね。

あの行動力を見たらつい何日か前まで引きこもっていた人間とは思えません。
だから超平和バスターズのリーダー的存在だったんでしょう…あなるがじんたにに憧れるのもわかる気がします。バイト中のイチャイチャは見ていてニヤニヤしながら和みました(m'□'m)

最後の方の不穏なものが全て持っていってしまいましたね。めんママの言葉にはちょっと鳥肌がたちました。
それにロケット花火が本当にめんまの願いなのかどうかもわかりませんし…

何にせよ来週も楽しみです。


[他の記事も読む]
<=次の記事 魔法使いサリー レビュー 第32話 「海辺のサリー」
=>前の記事 魔法使いサリー レビュー 第35話 「幽霊少女」


大分類が「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ