「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第6話

総閲覧回数:1,133,444回 / 推薦評価:121個(内 論客47人) / ブログ拍手:18,491
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「Dororonえん魔くん メ~ラめら 」 第7話
=>前の記事 閉店JA

1.
2011/05/20 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない > 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第6話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:3個


「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第6話


2011/05/20 椋様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/05/21 白うに様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/05/22 baburi様より拍手を頂きました。ありがとうございます。



 今週も面白かった、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の第6話。
思春期の複雑な人間模様が絡み合う、巧みな構成と展開は相変わらず見事ですね。
30分間、視聴者をブラウン管に釘付けにします。
「めんま」にとっての、願いとは、成仏とは何なのか・・・・・。


  

 予想された「あなる虐め」の場面はなくて一安心でしたが、前回サラリーマンとラブホテルの前にいたのがPTAに目撃されて・・・・・。

  

 学校内では噂に尾ひれ羽ひれがついて、遂には「援交」疑惑まで持ち上がっていましたが、ここは「仁太」がいい仕事をしましたねー。
精一杯の援護射撃は格好良かったです。
意を決して登校した甲斐があったろうというもの。
これには「あなる」も嬉しかったろうな。


      

 今回は途中の展開は省きますが、「めんま」の死んだ日は「仁太」が皆を集めたのではなく、実は「めんま」が相談したいことがあると、皆を電話で呼びだしたということが、「ゆきあつ」と「つるこ」の会話から明らかになりました。

 さらには「ぽっぽ」達の入手しためんまの「日記」。
この中に「めんま」の「願い」が一体何なのか、のヒントが隠されていそうですね。
徐々に謎の解明へと向かっているようです。
今後の展開が楽しみだな。


  

 今回もこれといった秩父の風物描写はなかったように思いますが、「ぽっぽ」のセリフの中にすばらしい秩父方言がありました。(笑)

・・・・・「でも、久しぶりに会って、みんな全然変わんねぇなーって思ってたからさ、やっぱ、そんな訳ねぇ、ちっとんべえずつ変わってんだよなー。」のやっぱちっとんべえがそうなんですが、「やっぱ」は「矢っ張り」、「ちっとんべえ」は「僅か」とか「少し」を意味する埼玉方言です。
これ、私たち入間郡あたりだけの方言かと思っていたんですけど、秩父地方でも使うんですねぇ。
初めて知りました。

 「仁太」と「あなる」が学校から逃げ込んだ公園は、ちょっとどこだか分からないですね。
おそらく架空の場所なのではないかと思います。
また、オープニングで超平和バスターズが遊んでいる鉄筋の建物もどこなのか特定できないです。
「あなる」の高校の中ではないかとも思うのですが、はっきりしません。
市役所の新館に似てますが、これも架空の建物でしょう。


  

 余談ですが、市役所の東脇に「秩父宮記念市民会館」という建物があり、ここは昭和42年の埼玉国体の際に建てられた古い鉄筋建築です。
私のように昭和30~40年代の「いにしへ公会堂」巡りをしている者にとっては大変興味深い建物なのですが、先頃の震災の影響で現在は「使用中止」。休館中です。
天井が落ちたのか、壁にヒビでも入ったのがよくわかりませんが、今後の動向が気になります。
このまま「廃館」のようなことにならなければ良いのですが。

  


おまけ  秩父高原牧場の「ポピー」。
写真は一昨年のもので、5月20日現在、五分咲き。
満開はあと3日程度でしょう。





第6話 「わすれてわすれないで」


「めんま」を成仏させるために、「じんたん」は学校へ行くことを再び決意する。
しかし「めんま」には無理して行くことはない、怖い顔をしていると心配されてしまう。







トラックバックURL
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/68/91d6da9d/trackback

ミラーページ
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/68/trackback

コメントする(論客のみコメント可能記事)3個


HARIKYU さんのコメント (2011/05/21) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
白うに さん、いつも拍手とコメント 有り難うございます。

今回は仁太が男気を見せましたねぇ。
たとえ底辺高校に行ってるヒキコモリでも、この辺がやはり超平和バスターズのリーダーたる所以なんでしょう。
何にでも流される「あなる」が、流されない「仁太」に惹かれてしまうのも無理のないことかと思います。
「ゆきあつ」も仁太のそんなところに嫉妬しているのでしょう。
・・・・・でも、彼にはリーダーは無理ですね、「変態」ですから。(笑)
HARIKYU さんのコメント (2011/05/21) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
めたこ さん、毎度コメント有り難うございます。

そうですか、取り壊してから建て替えになるんでしょうねぇ。
何年後になるかな。
埼玉国体の遺産のような建物でしたから残念です。
一度くらいは中でコンサート等を聞いてみたかったです。
白うに さんのコメント (2011/05/21) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。白うにです。

ぽっぽ回かな、と予想していたのですが、予想に反してじんたん回でしたね。
あなるを助けるためにクラス全員に対して啖呵をきった彼は本当に格好良かったですし、めんまに対しての向き合い方を少しずつ真剣に考え始めてましたし。

これも予想が外れたんですが、あなるがいじめられてなくて本当に良かったです。それでも、じんたんが立ち上がるまでのあなるは、見ていて心が痛みました。
だからこそ公園でじんたんと二人で話している様子は見ていて頬笑ましかったです。

それにしても30分があっという間でしたね!

来週も楽しみです。
めたこ さんのコメント (2011/05/20) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
市民会館はたぶんこのまま建て替えることになるかと思います。
(対震基準を満たしてないとか聞きました)

市民会館は高校時代に定期演奏会で汗と汗と汗と汗と唾と涙を流した思い出の場所で、なくなるとしたら残念ですが、せっかくならもっと響きの良いステージを作っていただけると嬉しかったりします。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「Dororonえん魔くん メ~ラめら 」 第7話
=>前の記事 閉店JA


大分類が「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ