「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第5話

総閲覧回数:1,116,504回 / 推薦評価:118個(内 論客45人) / ブログ拍手:18,489
★★★★★★★★★★★★★★
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「星空へ架かる橋」 第6話
=>前の記事 魔法使いサリー レビュー 第37話 「東京マンガ通り」

1.
2011/05/13 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない > 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第5話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:2個


「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第5話


2011/05/15 白うに様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/05/18 非論客(プロバイダー: NK16295 ホスト:NK16442 ブラウザー: NK6336 携帯)様より拍手を頂きました。ありがとうございます。


 
 今回も非常に密度の充実した、見応えのある回でした。
30分間が早かったのなんの。
今回は、「めんま」も含めて、登場人物それぞれの「停止状態=もがき」を描いた回でもあったようです。

   

 皆の前で晒し者になった「ゆきあつ」。
自分が「あんなこと」を言ったせいで「めんま」を死なせてしまったと。
「めんま」が現れるなら俺の前の筈だ、という事で、自分の前に現れてほしいからこそ「めんま装」をしていたというのでしょうか。
どうも、「仁太」も「あなる」も「ゆきあつ」も、「めんま」の死は自分に原因があると刷り込んでしまっているフシがありますね。

幼い頃から「ゆきあつ」は「めんま」に恋心を抱いていたようですが、告白するも残念ながら二番手扱いされてしまったようです。
それでも今だに「めんま」のことが好きで忘れられないのでしょう。

   

 カラオケ合コンに誘われて、危うく「ヤラレ」そうになってしまった「あなる」を助けたのは、意外にも「ゆきあつ」でした。
「あなる」はもう少し自分を大事にしなくっちゃいけませんね。
特に友達関係は何とかしないと、悪い方向へ悪い方向へと進みそうです。

一方、「めんま」の成仏に向けて動き出した「ぽっぽ」。
「めんま」がここに居るのは良いことではない。
成仏させてやりたいから、自分やみんなの前にも現れて欲しいと「めんま」に呼びかけるのですが、自分でも成仏とかわからないし、どうにもできない「めんま」は辛そうですね。
・・・・・可哀想でした。

   

 なぜ「めんま」が仁太のもとにいて、仁太にしか見えないのか、そして「めんま」の願いは何なのか、というテーマは今だに手掛かりが掴めてきません。
ただ、ラストに何だかもの凄い感動が待っていそうで、今から楽しみです。


 今回は特にこれといった「秩父」の描写はありませんでしたが、「ゆきあつ」と「知利子」が乗り遅れた駅や、「あなる」が仲間達とカラオケにいった街は「飯能」ですね。
まさか、秩父を舞台とした作品で、筆者の隣の隣の町がアニメに映るとは思ってもいませんでしたが、地図上、山間部では隣接もしています。
これは嬉しいですねぇ。
一見地味な町ですが、実は埼玉県では7番目に市政をひいた古い街です。(1番目は川越市。)
子供の頃、自分の町にはない、丸広という「デパート」に友達と小遣い持って遊びに行くのは楽しみだったなぁ・・・・・。
なお、駅のベンチに「花ノ餅」とあったのは「四里餅」ですね。
飯能銘菓の大福餅です。
みなさんも飯能にご来訪の折りには是非ともご試食を。
美味しいですよ。(^_^)

 それともうひとつ。
「あなる」と「ゆきあつ」が乗った電車が特急待ちをしたトンネルは「正丸トンネル」ですが、ここは上下線の「交換」はするけれど、特急待ちはしなかったような気がしますねぇ。
記憶が確かならば・・・・・。



第5話 「トンネル」


「ゆきあつ」が見たという「めんま」は「ゆきあつ」自身が女装した姿だった。その事実に戸惑いを隠せない「じんたん」たち。「じんたん」は倒れたまま動かない「ゆきあつ」に声を掛けるが…。







トラックバック受信のためのセカンドページを作りましたので、トラックバックしても良いゾ、という方は下のページまでお願いします。
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/65/trackback
本ページにはトラックバック受信機能がありませんので悪しからずご了承下さい。
なお、セカンドページからはトラックバックが飛ばないブログ様もあり、その場合にはこちらから送信させて頂いております。

コメントする(論客のみコメント可能記事)2個


HARIKYU さんのコメント (2011/05/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
白うに さん、いつも拍手とコメント有り難うございます。

「ぽっぽ」も「めんま」の死に何か絡んでるような気がしますねー。
「知利子」も含めて何らかの因果がありそうですが、次回以降明らかにされるんでしょうか。

「あなる」にも大きな山場がありそうですね。
是非これを乗り越えて、「流されない」自分を掴んで欲しいです。
基本的には「良い子」なので、あんまり虐められる姿や涙は見たくないですけどね。
まぁ、あくまでアニメなので一緒に耐えましょうか。(笑)
HARIKYU さんのコメント (2011/05/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
めたこ さん、毎度コメント有り難うございます。

正丸トンネルは中間に行き違い設備があるので、上下線の交換はここで何度かしたことがありますが、各停がレッドアローに抜かれたってことは経験したことがないですねぇ。
そんなダイヤも1本くらいはあるのかしら。
白うに さんのコメント (2011/05/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。白うにです。

今回もゆきあつは出番が多かったですね。あなるを助けたところなんかはグッジョブでした。

次回はポッポとあなるのどちらかが中心になりそうですね。
何気にポッポがいいキャラクターなので、重い過去があるのでは、と勘ぐってみたりしています。今回の最後のシーンでは、今までの彼とは少し雰囲気が違いましたし。
あなるも友達関係で一波乱起きそうな予感がします。

来週も楽しみです。
めたこ さんのコメント (2011/05/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
あまり意識してませんが、トンネル内で特急同士がすれ違うことはあったような気がします。

ゆきあつもあなるも、中身は純情一直線な子ですね。このアニメのキャラは、基本的にみんなそうかな。


[他の記事も読む]
<=次の記事 「星空へ架かる橋」 第6話
=>前の記事 魔法使いサリー レビュー 第37話 「東京マンガ通り」


大分類が「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ