「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第2話

総閲覧回数:1,163,103回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,571
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 「Dororonえん魔くん メ~ラめら」 第3話
=>前の記事 「公団ひばりヶ丘団地」 ・ その後

1.
2011/04/22 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない > 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第2話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第2話


 前回の視聴で解読できたことは、主人公「仁太」の前に現れた「めんま」は、とある「願い」を叶えるために現れた「霊」であって他の者には見えないこと、逆に「仁太」にとっては少年時代の罪の意識が「めんま」を具現化したのではないかと考えていること、それに、かつての仲良し仲間「超平和バスターズ」は今では立場も心もバラバラで疎遠になっていること、などなどで、

多分この作品は、「めんま」の「願い」は何なのだろうかということを掴むこと、そしてバラバラになった仲間達がまたひとつに繋がってゆく過程を見守っていくこと、などが観賞のポイントになっているのでしょうね。


  

 今回の描写も、思春期特有の複雑な思惑の交錯、特に子供の頃の「大好きだけど、大嫌いだっためんま」に対する微妙な思い、加えて自分のせいで「めんま」を死なせてしまったのではないかという「あなる」の複雑な胸中が見事に描かれていたと思います。

「めんま」から貰ったシールを一度は剥がしかけながらも、またテープで貼ったところなど、本当は心優しい子なのでしょう。


  

 「めんま」の願いはゲームだったのではないかという「ぽっぽ」の説でしたが、ちょっと違っていたようですね。
題材が「ゲーム」だったので、ゲームをやらない世代にとってはちょっと辛い設定ではあったのですが、少なくとも「仁太」、「あなる」、「ぽっぽ」の心がまたひとつに繋がるきっかけとはなったようです。
途中で「めんま」の服の臭いを嗅ぐ「ゆきあつ」の描写がありましたが、これは何か次回への伏線になっているのでしょうか。

 まだ2話目ですが、詩情にもドラマ性にも満ちた良いアニメだと思います。
次回も非常に楽しみですね。







 さて、今回の秩父の風物は「羊山公園」らしきの菜の花と武甲山。
羊山公園に菜の花畑があったのは知りませんでしたが、これからの季節、「羊山公園」は「芝桜」が満開です。
一面に広がるピンクや白のジュータンは一見の価値はある(筈)と思いますので、是非一度ご来訪をお薦めします。
但し、電車・自動車ともに非常に混雑しますので、それなりの覚悟は必要です。
特に車でご来訪の場合、大渋滞と駐車場不足は目を覆いたくなるものがありますのでご注意を。

 菜の花ではありませんが、写真はごく最近の武甲山です。
7合目以上は石灰岩採掘のために削られて、頂上部はもうありません。




 こちらは昭和49年の2月に撮った武甲山。
頂上のあった頃の「武甲山」を知る自分にとっては、現在の「武甲山」の有様は誠に複雑な思いがありますが、今の「武甲山」を見て「美しい山だ。」と思う人は誰もいないでしょう。
秩父の人達は今の武甲山の山容について多くを語ろうとしない、というか積極的にその話題を避けますが、誰もがこんな山になって欲しいとは思わなかったはずで、経済活動のために身を削り、はらわたをえぐり取られた武甲山の姿を、「自然保護云々」とか言って語る資格は私にもありませんが、企業活動の前に一個人では為すすべもなかった秩父の人達にとってはきっと「心の黒歴史」となっているのでしょう。



第2話 「ゆうしゃめんま」


秘密基地で再会した「ぽっぽ」に「じんたん」は、「めんま」が願いごとを叶えてほしいと自分の前に現れたことを正直に打ち明ける。それを素直に信じた「ぽっぽ」は、「じんたん」にアドバイスするのだが…。







トラックバック受信のためのミラーページを作りましたので、よろしければトラックバック送信はこちらまでお願いします。
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/48/trackback
本ページにはトラックバック受信機能がありませんので悪しからずご了承下さい。

コメントする(論客のみコメント可能記事)1個


HARIKYU さんのコメント (2011/04/23) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
白うに さん、いつも拍手とコメントありがとうございます。

「仁太」と「あなる」、それに「ぽっぽ」が昔のように仲良くなっていく様子は、なんだか見ていてほのぼのとしていて、癒される気分でした。
以前のように戻れて良かったです。

残る秀才っぽい女の子はかなり堅物だし、「めんま」の服らしきものをクンクン嗅いでいたこれまた変態の秀才っぽい子は、なかなかハードルが高そうですね。
どうやって又心がひとつに繋がっていくのか、展開が楽しみです。
白うに さんのコメント (2011/04/23) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。白うにです。

めんまの願いももちろん気になりますが、今回はじんたんがポッポ、あなるの両人との交流を取り戻していく様子は観ていてどこか清々しい気持ちになりました。
一話を観た時点では
「欝系のアニメかな?」
というようなことをのんびり考えていましたが、二話では少し印象が変わってしまい、今後どういう風に話が展開していくのか、少しワクワクしています(m'□'m)

来週が楽しみです。

そういえば作中に「ポケットモンスター」らしきゲームがでてきたましたが、すごく懐かしかったです。小学生の時はバリバリやってました。

またちょっとやってみようかな…


[他の記事も読む]
<=次の記事 「Dororonえん魔くん メ~ラめら」 第3話
=>前の記事 「公団ひばりヶ丘団地」 ・ その後


大分類が「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ