「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第1話

[ガラケー版(QRコード)] 総閲覧回数:984,745回 / 推薦評価:113個(内 論客43人) / ブログ拍手:16,976
☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/04/26
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=新記事2011/04/16 「Dororonえん魔くん メ~ラめら」 第2話
=>古記事2011/04/14 「ヨザクラ」 3題

1.
2011/04/15 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない > 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第1話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:1個


「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 第1話


2011/04/16 竜巻回転様より拍手を頂きました。ありがとうございます。


 「秩父」が舞台のアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の第1話が始まりましたねぇ。

 

 プレ記事にも書いたのですが、私にとっての「秩父」は決して地元とは言えないものの、かなり以前から、秩父の廃校巡りに行ったり、山村取材に出掛けたり、秩父事件の調査や札所巡礼に行ったり、はたまた10年ほど前からは学習塾の非常勤講師の仕事で通っているなど、今では居住地以上に馴染みの土地となっています。
そんなわけでこの作品、注目せざるを得ず、また、地元の人以上に秩父には「ウルサイ」人間なので、いかにして舞台設定が作品に生かされているか、じ~~っくりと見ていきたいと考えています。

 さて、今回は、武甲山秩父橋、秩父牛乳、秩父ミューズパーク、17番札所定林寺、閉店してしまって、目下取り壊し中のキンカ堂秩父店・・・・・といった具合にとオープニングや本編中にどこかで見た秩父の景色がたくさん出てきました。
これらの素材が直接ストーリーに絡んでくるとは思いませんが、秩父好きの私にとっては実に嬉しい限りの演出ですね。
舞台が秩父市内とはいえ、どちらかというと「秩父駅」や「市立一中」を中心とした「秩父東エリア」がメインになっているようですが、このあたりの中学生に勉強を教えている身分としては何とも不思議な感触です。(^_^;)


  

 お話の方も正統派の青春ノベルといった感じでドラマ性もあり、非常に見応えがありました。

 「めんま」はこの夏突然「仁太」の許に現れた「取り憑き霊」のようですが、ある「願いを叶える」ために現れたとも言っています。
主人公の「仁太」は高校受験に失敗し、底辺校に籍を置いてはいるものの、今や登校拒否中の引き籠もりの身。
その「仁太」が小学生の頃、「超平和バスターズ」という仲良し仲間がいて、その中に「めんま」もいたが、どうやら水の事故で亡くなってしまったようです。
死の前日に「めんま」に向かって好意を持ちながらも、「ブス」と言ってしまったことがトラウマとなって「めんま」を作り出してしまったとも考えているようで。
その後、仲間達の気持ちも散り散りになって・・・・・。

 離れ離れになってしまった仲間達との「あの頃を取り戻す」のが本作の基本プロットになっているようで、プロローグとしての掴みは十分でした。
この作品、かなり人気が出るのではないでしょうか。
次回以降どう展開していくのか非常に楽しみです。「めんま」の「願い」とは一体何なのでしょう。

 なお、プレ記事のコメントにもありましたが、誇るべき秩父の自然や風土をよく理解しないアキバ的アニヲタ族に、聖地巡礼とか称してある種、別の形で秩父が「土壌汚染」されてしまうのは私も嫌ですね。
では、何がどうなれば良いのか、ということは今のところ判然としませんが、良い意味での秩父活性化にこのアニメが役立ってくれれば・・・・・、と願わずにはいられません。


【ストーリー】昔は仲の良かった幼馴染達だったが、高校進学を機に彼らの間には距離が生まれてしまった。
引きこもり気味の宿海仁太(じんたん)はある日、幼馴染の一人・本間芽衣子(めんま)に「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。困惑しつつもじんたんはめんまの願いを探っていく。
それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた幼馴染6人は再び集まり始める…。


第1話 「超平和バスターズ」


引き篭もり気味の主人公「じんたん」の前に、幼馴染みの少女「めんま」が突然現れる。
自分の願いを叶えて欲しいと頼む「めんま」に途惑う「じんたん」は…。





 

トラックバック受信のためのミラーページを作りましたので、よろしければトラックバック送信はこちらまでお願いします。
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/44/trackback
本ページにはトラックバック受信機能がありませんので悪しからずご了承下さい。

コメントする(論客のみコメント可能記事)1個


HARIKYU さんのコメント (2011/04/16) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
竜巻回転 さん、毎度拍手とコメント有り難うございます。

いやはや何と申しますか、本作の反響は当初の予想以上で、この分だと今期では1、2を争うくらいの人気アニメになっちゃうんじゃぁないでしょうか。
悪評もほとんどないし。
どうも人気が出過ぎると一歩引いちゃうのが私の癖なんですが、「秩父」について言及してあったブログ記事は全然なかったから、本作に関しては舞台設定を見極めるという使命感を持って(笑)、最後までレビューを続けていこうと思っております。

ストーリーに関しては、岡田磨里さんの書く群像劇とは、必ずしも相性は良くないのですが、本作に関しては期待してもよいかな~、と思っています。
HARIKYU さんのコメント (2011/04/16) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
めたこ さん、毎度コメント有り難うございます。

本作が秩父活性化への良い意味でK刺激剤になっくれれば良いんですがね。

秩父のホルモン焼きは最高です。
おそらく日本中どこを探しても、これだけ安くて旨いホルモンを食わせる土地は他にないんじゃあないでしょうか。
アニメの中でホルモン食べる場面があれば良いんですが。
高校生がモデルじゃちょっと無理か。(^^;)

個人的には悦楽苑という店の味噌ラーメンとチャーハンもお薦めですねぇ。
竜巻回転 さんのコメント (2011/04/16) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
HARIKYU様、お邪魔します。

本作の舞台はHARIKYU様の縁が深き場所という事ですが、
今までHARIKYU様のレビューは沢山読ませて貰いましたけど、
もう今回の意気込みは今までの中で一番入ってるんじゃないですか。
いやぁ今回の記事を読んでまだ1話ですけど秩父への思いと本作への期待感が
たっぷりと伝わって来ました(^^)。

それと本編の方ですが内容的にも掴みは上々で、
またスタッフの名前を見ても十分に期待が持てそうですが、
それにしても本作のレビューを幾つか見回ってみましたが
何処を見ても絶賛の声が多くて今期の中でも一気に注目度が上がって来た感じですね。

それでは。
めたこ さんのコメント (2011/04/15) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
そうですね。もし秩父に来られる際は、お金を落としてってください。
お昼ご飯にはお蕎麦が、夕飯にはホルモン焼きがおすすめです。
泊まりがけで来られるなら、温泉や鉱泉と言ったお風呂がありますし、おたくなみなさまご用達の漫画喫茶もありますので終電後も安心です。


あとは、地元民の好奇と猜疑の視線さえ耐えられればだいじょぶ。盆地という土地柄、けっこう閉鎖的です。秩父リスペクトで来てくれる人は厚くおもてなしします。



肝心のアニメですが、本編より背景が気になっちゃってダメでした。また見直します。


[他の記事も読む]
<=新記事2011/04/16 「Dororonえん魔くん メ~ラめら」 第2話
=>古記事2011/04/14 「ヨザクラ」 3題


大分類が「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
ブログ表示スタイル
リスト/携帯(QRコード)
画像/動画/リンク
表示開始年月
分類
















上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声