「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 」 第11話

総閲覧回数:1,163,103回 / 推薦評価:121個(内 論客46人) / ブログ拍手:18,571
★★★★★★★★★★★★★★
ひさしぶりにラムちゃんにご登場願いました。
アクセス記録[推移 / PV内訳(過去1日 / 過去1週間) / 外部アクセス元 (昨日 / 過去1週間) / ログイン論客足跡]
プロフィール私書
   /   /送済
評価(一覧   /)
投票   /共:   /
ファン登録
作品/情報
他己紹介
17/10/22
ブログ
[書く]
リンク集
My Play List
<=次の記事 柳沢きみお「翔んだカップル」
=>前の記事 「放浪息子」 第9話

1.
2011/03/20 お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! > 「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 」 第11話」
[この書込みのみ表示(記事URL紹介用) / 編集 / 削除 / トラバ送信 / 共有分類に追加(タグ付け)]拍手:4個


「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 」 第11話


2011/03/20 ぺき様より拍手を頂きました。ありがとうございます。 
2011/03/21 白うに様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/03/21 ctu19811201様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
2011/03/22 竜巻回転様より拍手を頂きました。ありがとうございます。
 


 さて本作も、ここ終盤にきてオリジナルストーリーになっていると聞きますが、これまでのような「変態」だけれど「アッケラカン」としたアウトドアー的な陽気さに比べると、やや湿性の強いインドア的な展開になってきているのは、作品の下地作りが、「漫画家」と「アニメ脚本家」による違いなんでしょうか。
どうも伝わってくる「空気」が違うんですよね。
一応は面白いと思うのだけれども、その質の違いに違和感を感じるのは私だけかな。
特に今回は、ラストがいかにもアニヲタ的なオチになってしまっていたのはちょっとガッカリでした。

 と、いうことで、「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 」の第11話は、「修輔」を「救世主」としてパートナーに選んだ「蘭」と、「奈緒」の唇に執拗に迫る「凛」のその後。

 まぁ、いろいろとありましたが、「奈緒」の唇は「彩葉」が代理犠牲に、「修輔」の「救世主」というのは実はコミックマーケットのコスプレ役だったというオチでした。
しかも「修輔」は会場を間違って教えられ、電車に乗ろうとして逮捕される羽目に、という二重オチ。

  ・・・・・う~ん、2話に亘ったクローン姉妹編は期待した割にはちょっと微妙な内容になってしまいましたねぇ。
特にオチが悪かった。
唯一気になるところは、「凛」の餌食になってしまった「彩葉」の行く末はどうなってしまうのか・・・・・というところですが、何か最近、「彩葉」は貧乏クジを引いてばっかりのようで可愛そうですわ。

 次回が最終回みたいです。
「修輔」と「奈緒」の関係をどうまとめて、「奈緒」の願いはどこまで具体的に叶うのか、何とか見守りたいですね。
私的には「奈緒」に微笑んで欲しいけど、「彩葉」にも一筋の光を当ててやって欲しいです。



第11話 「世界の中心で兄を叫ぶ」 


妄想癖の強い美人コスプレーヤーの「蘭」に見込まれた「修輔」は、2日後に迫った救世主デビューの日を目指して、言葉遣いや立ち居振る舞いの練習にいそしんでいた。
一方、「蘭」と双子である「凛」は、とある理由から「奈緒」の唇を気に入り。兄をストーキングしている事を知られたくなければ、昼食に付き合ってと誘い出す。そんな「凛」から逃れるべく、「奈緒」は「彩葉」に協力を求めるのだが・・・・・。



Onii-chan no Koto nanka Zenzen Suki Janain... 投稿者 pimjan66

トラックバック受信のためのミラーページを作りましたので、よろしければトラックバック送信はこちらまでお願いします。
http://blue.ap.teacup.com/applet/yumiyumi/30/trackback
本ページにはトラックバック受信機能がありませんので悪しからずご了承下さい。

コメントする4個


HARIKYU さんのコメント (2011/03/21) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
*
白うに さん、いつも拍手とコメント有り難うございます。

矢田貝姉妹編は2話もかけた割にはいまいちパッイしなかったかなぁ、というのが正直な感想なのですが、奈緒の出番が多かったから、まぁよしとしましょうか。(^_^;)

最終回が楽しみですね。
「蘭」と「凛」は今回でいちおう出番終了だと思うけど、まだ「奈緒」、「彩葉」、「繭佳」の決着は全然ついていないので、再び三つ巴戦になりますかね。
優柔不断な「修輔」ですから、多分決着はつけられないでしょうねぇ。
3人とも、いつものポジションで終わるのかな。
白うに さんのコメント (2011/03/21) [編集/削除(書込み者/所有者が可能)]
お邪魔します。白うにです。

前回よりはテンポが良かったと思いますが、わたしも問題はオチだったと思います。作品が変わってしまっていましたね。
ただ、今回は声優さんの演技という見所があったと思います。奈緒と彩葉が声を変えて喋ってる場面は爆笑してしまいました。特にいろは役の井上さんは声を変えて喋っている時に完全に笑ってしまっていましたから。あのシーンはちょっと和みました(m'□'m)

ただ作品的には最終回が全く予想できなくなってしまいました。どう攻めてくるのか、なんだかんだで今から楽しみです。


[他の記事も読む]
<=次の記事 柳沢きみお「翔んだカップル」
=>前の記事 「放浪息子」 第9話


大分類が「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」の記事
この論客の記事全て
RSS購読
RSS
表示開始年月
分類
















↑上へ